表参道エスパス ルイ・ヴィトン「ボルタンスキー」展バリアフリー情報

東京都港区表参道のエスパス ルイ・ヴィトンで、2019年6月13日から11月17日までの開催。クリスチャン・ボルタンスキーの作品「アニミタス」2点が公開されます。入場は無料です。

エスパス ルイ・ヴィトンは車椅子で利用できます。現地のバリアフリー状況を紹介します。

 

○表参道から館内へ

エスパス ルイ・ヴィトンは表参道のルイ・ヴィトン7Fにあります。入口はルイ・ヴィトンの店舗1Fエントランスです。車椅子で段差なく館内に入ることが出来ます。店舗出入口のドアは、スタッフが開閉します。

表参道から館内へ

○右奥のエレベーターで7Fへ

エレベーターは店舗の右側の奥に1基あります。エントランスからエレベーターまではフラットで車椅子での通行に問題はありません。

右奥のエレベーターで7Fへ

○展示方法

展示作品はビデオです。会場は草花が敷き詰められ、その上に巨大なモニターが2基設置されます。中央部を抜ける鑑賞ルートを通りながら、両モニターに映る2作品を鑑賞します。

展示会場内もフラットな構造で鑑賞ルートの幅は余裕があります。車椅子からの鑑賞に大きな問題はありません。

右奥のエレベーターで7Fへ

右奥のエレベーターで7Fへ

右奥のエレベーターで7Fへ

○展示作品の概要

ボルタンスキーの「アニミタス(ささやきの森)」と「アニミタス(死せる母たち)」が展示されます。

(ささやきの森)の舞台は日本。12時間52分の作品です。

(死せる母たち)はイスラエルの死海が舞台。10時間33分の作品です。

展示作品の概要

○天気、時間で印象が変わる

エスパス ルイ・ヴィトンはガラス壁の開放的な空間です。外光が入り、表参道の景観が作品とともに目に映ります。その日の天候や鑑賞する時間で、作品の印象が変わる空間です。

天気、時間で印象が変わる

○トイレは一般用のみ

ルイ・ヴィトン7Fには男女別トイレはありますが、障害者用はありません。トイレ入口のドアは手動で、男女とも個室トイレが3つ並ぶ構造です。

トイレは一般用のみ

表参道のエスパス ルイ・ヴィトン「ボルタンスキー」展は、車椅子で鑑賞できる展示会です。

表参道スパイラルガーデン「石本藤雄展」バリアフリー情報

東京都港区、表参道のスパイラルガーデンで2019年6月19日から30日までの開催。「マリメッコの花から陶の実へ 石本藤雄展」は、一部を除き車椅子で鑑賞できる企画展です。入場は無料。現地のバリアフリー状況を紹介します。

表参道のスパイラルガーデン

○スパイラルガーデンの出入口

表参道青山通りに面した出入口は段差がありますが、車椅子用の段差解消箇所が用意されています。

エントランスは自動ドア。車椅子での出入りに大きな問題はありません。

スパイラルガーデンの出入口

○館内のスロープ動線

スパイラル1F展示会場への通常ルートは階段です。

車椅子では入口からみてカフェの左側へ進み、バーカウンターの横からスロープルートを上ります。

展示を最初からみるなら、スロープから右手に進み、階段ルートの上にまわります。そこに受付があり、展示作品リストを配布しています。

館内のスロープ動線

○螺旋スロープで2Fへ

1Fの展示はすべて車椅子から鑑賞可能です。

1Fの展示はすべて車椅子から鑑賞可能です

1Fの展示はすべて車椅子から鑑賞可能です

1Fの展示はすべて車椅子から鑑賞可能です

1Fの展示はすべて車椅子から鑑賞可能です

1Fの展示はすべて車椅子から鑑賞可能です

2Fへは奥の螺旋スロープで上ります。スロープの傾斜は緩やかなので、車椅子で上ることに大きな問題はありません。

2Fへは奥の螺旋スロープで上ります

2Fへは奥の螺旋スロープで上ります

2Fに上がると展示会とは別のショップに入ります。1Fへ下りるエレベーターはショップの奥の右側にあります。

 

○車椅子では利用できない展示

「石本藤雄展」の通常鑑賞ルートは、2Fのショップを突き抜けて、青山通り側のイベント会場へと続きます。

ここから1Fへ階段で下りる途中に展示があります。この階段エリアの展示は車椅子では近づけません。2Fまたは1Fの無理のない場所から眺めることになります。

車椅子では利用できない展示

車椅子では利用できない展示

○販売コーナーと関連展示

1Fには関連商品が販売されるショップがあります。車椅子で利用出来る通路幅です。また石本氏の創作現場を再現した展示もあります。

販売コーナーと関連展示

表参道スパイラルガーデンの「石本藤雄展」は、展示空間に余裕があるので、車椅子で利用しやすい企画展です。

表参道ヒルズ 「キース・ヘリング」展 バリアフリー情報

東京都渋谷区。表参道ヒルズのB3スペースオーで2018年8月9日から19日までの開催。入場無料。キース・ヘリング生誕60年記念特別展「キース・ヘリングが愛した街 表参道」展は、会場内の通路幅に余裕があり、作品の展示が高い位置あるので、車椅子で見やすい企画展です。

表参道ヒルズ「キース・ヘリング」展

○作品は今見ても新しい

キース・ヘリングは1958年生まれ。1990年にエイズにより31歳で亡くなりました。サブウェイドローイングで脚光を浴びたのが1980年のこと。アーティストとして活動したのは1980年代ですが、その作品は今でも新鮮です。

表参道ヒルズ「キース・ヘリング」展

○壁面が展示スペース、中央はショップ

会場のレイアウトは、周囲の壁面が作品展示スペース。中央部が関連商品の販売ショップ。したがってショップが混雑していても、車椅子では周回路から作品を鑑賞することが出来ます。混みあうショップを必ず通る動線にしていないのが、車椅子利用者には嬉しい設定です。今回訪問時はそれほどの混雑ではなかったので、車椅子で「POP SHOP」風の売り場をゆっくり見ることができました。

表参道ヒルズ「キース・ヘリング」展

○表参道のパフォーマンスをビデオ放映

ポスターやレコードジャケットなどの作品展示ほとんどですが、キース・ヘリングが表参道でドローイングした時の写真の展示もあります。出口の手前では、表参道での活動の動画録画を放映。放映しているテレビがチャンネル式の年代物。面白い演出です。

歩行者天国の表参道で、チョークでドローイングをしているキースの雄姿がそこにあります。

表参道ヒルズ「キース・ヘリング」展

○スペースオーはバリアフリー

表参道ヒルズのB3スペースオーは、車椅子で利用しやすいイベントスペースです。B3にはスロープは来ていないので、車椅子利用者はエレベーターを利用してください。障害者用トイレは、スペースオーの隣にあります。

表参道ヒルズ「キース・ヘリング」展

誰からも愛される作品、そしてキースの人柄も皆に愛されました。80年代を知らない世代も楽しめる、バリアフリー企画展です。