車椅子で行く表参道~エスパス ルイ・ヴィトン東京バリアフリー情報

エスパス ルイ・ヴィトン東京

「エスパス ルイ・ヴィトン東京」は、表参道に2011年に誕生したアートスペース。年間に2本程度のアートイベントが開催されます。車椅子で利用出来るのか。現地現場のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○ルイ・ヴィトン表参道ビルへ

「エスパス ルイ・ヴィトン東京」はルイ・ヴィトン表参道ビルの7Fにあります。表参道ビルが誕生したのが2002年。パリのルイ・ヴィトンにアートスペース「ESPACE」が誕生したのが2006年。「エスパス ルイ・ヴィトン東京」が誕生したのが2011年。パリに5年遅れて表参道に誕生した東京の「ESPACE」。ルイ・ヴィトンが提供する“表現の場”です。

 

○入場無料の企画展

開催される企画展は入場無料。開催期間中は無休で、開場は12時から20時までが一般的な利用案内です。その時々によって変わることがあるかもしれませんので、確認してお出かけしてください。

 

○1Fからエレベーターで7Fへ

表参道ルイ・ヴィトンのエントランスから1Fへ入店します。出入口はバリアフリー。車椅子での通行に大きな問題はありません。店舗のドアの開閉はスタッフが担当。いらっしゃいませ、と言われたら「エスパスへ」と答えると、エレベーターに案内をしていただけます。エレベーターは入店して右側奥に。そして7Fへ上がります。

エスパス ルイ・ヴィトン東京

○2方面はほぼ全面ガラス張り空間

「エスパス ルイ・ヴィトン東京」の展示室内は全面フラット。基本構造としては、車椅子での利用に問題はありません。

素敵なアートスペースです。ルイ・ヴィトン表参道ビル7Fのほぼすべてを使用。広さは193㎡。天井高は8.45m。四角い空間の2方面はほぼ全面ガラス張り。表参道を一望する天空のアートスペースです。この空間だけでも見る価値があります。

 

○障害者用トイレはなし

7Fに男女別トイレがあります。このトイレの意匠はルイ・ヴィトン仕様。トイレに行きたくなくても寄ることをお薦めしますが、残念ながら障害者用トイレはありません。いつの日か、障害者用トイレが新設されることを願います。

 

○作品の所蔵は「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」

これまでの企画展を見る限り、展示されている作品は「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」の所蔵。20世紀のアーティストの作品を所蔵し、展示会を企画する団体です。つまり、作品の所蔵、展示会の企画、展示場所の提供と、すべてがルイ・ヴィトン。ルイ・ヴィトンだけで完結しているアートイベントです。

 

「エスパス ルイ・ヴィトン東京」はバリアフリーです。企画展のスケジュールをチェックして、車椅子で利用してください。