車椅子で行くお台場~日本科学未来館バリアフリー情報

お台場「日本科学未来館」は大人気施設。2001年の開館と、今や新しくもありませんがバリアフリー設計。車椅子で利用できます。問題は混雑対策と風雨対策。人気施設、日本科学未来館を車椅子で利用するポイントを、詳しく紹介します。

 

○年々混み方が凄くなっている施設

お台場「日本科学未来館」は人気です。年々混み方が凄くなっています。混み合うのは休日。平日はよほどのことが無い限り大丈夫です。特にGW、3連休、夏休みの週末、年末年始などの混み方は凄い。車椅子でのお出かけは避けることをお薦めします。通常の週末での、並みの混み方への対策をご紹介します。

 

○ドームシアターは事前予約をする

ドームシアターは事前予約可能です。一般利用者は料金をクレジット決済してネット予約。障害者と介助者1名は無料に減免されるので電話予約です。HPに電話番号が掲載されています。希望の上映会を電話で予約してください。

日本科学未来館

○地下駐車場利用なら朝一来館

車移動派の車椅子利用者で、「日本科学未来館」の地下駐車場を利用したい方はぜひ朝一狙いで。開館は10時。週末は11時には満車になることが多く、いったん満車になると回転は悪い駐車場です。駐車料金に障害者減免はありません。

運悪く満車になった場合、少し離れますが「潮風公園南」の駐車場が徒歩圏内で、障害者手帳の提示で駐車料金が無料に減免されます。

 

○行列があってもチケット売り場へ

常設展は障害者手帳の提示で、本人と介助者1名の入館料が無料に減免。企画展もほとんどの場合同様です。チケット売り場は外。混雑時は行列ができます。

チケット売り場で障害者手帳を提示して無料券をいただきます。行列に並ぶのが面倒な場合、「日本科学未来館」の常設展は構造上、チケットのチェックを受けずに入館できます。ただし一部の展示を体験するには、そこでチケットを受付マシンに通す仕掛けがあります。したがって行列があっても、頑張って入館券をいただくことをお薦めします。

このチケット行列は、朝一番が最も長い。駐車場利用お薦め時間と矛盾します。長時間は見学しない前提なら、空き始めた夕方の来場も、狙い目ではあります。

 

○車椅子での風雨対策

車椅子は雨が苦手。「日本科学未来館」は全館バリアフリーで車椅子利用に大きな問題はありませんが、荒天時は2点ほどご注意ください。

地下駐車場から1Fにエレベーターで上がると建物の外にでます。そこから庇の下を通り館内へ。ただの庇なので強風で荒天の時は濡れる、寒い日は寒い、と思ってください。

もう一点。前出の外のチケット売り場までは庇がありません。行列は屋根無しのスペースで発生します。

したがって、荒天の日は健常者と一緒に来館する。あまりにひどい天気の日は、来館を延期することをお薦めします。

 

○企画展示室もバリアフリー

1Fは企画展が開催されるフロア。基本構造はフラットなので、車椅子で利用できない企画展はありません。問題は混雑だけです。

ミュージアムショップ、カフェ、レストラン、休憩室、バルコニーなど、館内の他の施設も、一般的な車椅子利用者なら、大きな問題なく利用できます。

日本科学未来館

○オーパルブリッジを車椅子巡る

常設展内の3Fから5Fの吹き抜けを巡る回廊「オーパルブリッジ」。傾斜スロープですが、車椅子で通行可能なレベルの傾斜です。ジオコスモスを見ながら、車椅子での空中走行が楽しめます。

 

○常設展示のほとんどは車椅子で利用可

2001年の開館なので、もう何度も展示企画の入れ替えが行われています。初期の頃は、車椅子では利用しにくい段差のある展示物がありましたが、今ではほとんどありません。パッと見るとバリアでも、車椅子で利用出来る工夫や裏ワザがある展示もあります。迷ったら展示近くのスタッフに相談してください。

日本科学未来館

混み日の混むかたは半端ではありません。また地下駐車場があっても荒天日は注意です。この2点に気をつけて、車椅子で利用してください。