車椅子で行くお台場~ダイバーシティ東京バリアフリー情報

ダイバーシティ東京

お台場でもっとも新しい大型商業施設「ダイバーシティ東京」。新しいだけにバリアフリーレベルは、お台場で最高水準の施設です。具体的にどこが優れているのか。ダイバーシティ東京のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2017年の取材に基づいています。

○アクセスがバリアフリー

電車でも車でも、車椅子でのアクセスが良好。お台場駅方面からは、プロムナードからの陸橋通路からそのまま3F「台場駅ゲート」で入館可能。もう少し進んでフェスティバル広場からも、2F「フェスティバルゲート」でバリアフリーに入館できます。東京テレポート駅方面からは、車椅子ではやや面倒なコースになりますが、1F「東京テレポート駅ゲート」から入館。また首都高を渡る横断歩道には、エレベーター付きの陸橋があります。

ダイバーシティ東京

○駐車場がバリアフリー

車移動派の車椅子利用者もとても便利。お台場のなかでは、もっとも大きく満車になり難い専用駐車場があります。満車の場合でも回転が早い駐車場です。

車椅子専用駐車スペースが1Fにあります。そこを利用しなくても、各駐車場フロアからそのまま横移動で商業ゾーンに移動できる設計なので、どのフロアに駐車しても、車椅子で利用しやすい駐車場です。5F以上のフロアは中階フロアがあり、その場合はエレベーター利用になりますが、不便ではありません。

三井系の施設なのでカードによる駐車料金の減免サービスがあります。買い物金額に応じたサービスもあるので、駐車料金としても、お台場では割安感のある施設です。

ダイバーシティ東京

○上下階移動がスムース

商業施設としては2Fから7Fの構造。混雑時の車椅子での上下階移動が懸念されますが、ダイバーシティ東京は、エレベーターが3系統あり、エスカレーターも3系統。大多数の健常な方はエスカレーターに流れてくれます。上下移動のエレベーター待ちが少ない設計です。

ダイバーシティ東京

○障害者用トイレが2か所配置

障害者用トイレが全階にあり、一般商業ゾーンの2階から6階までのフロアには、障害者用トイレが2か所設置されています。多目的シート(大型の介助シート)を備えた身体障害者用トイレもあります。

しかも赤ちゃん用のルームや、子供用のトイレも別にある設計。お台場は子供連れファミリーに人気ですが、これだけトイレがあれば、ベビーカーが多くても混雑がかなり回避できます。

ダイバーシティ東京

○飲食店は混みます

バリアフリー設計なダイバーシティ東京ですが、やはり混雑は車椅子の敵。週末のランチタイムは飲食店が混みます。レストランはバリアフリー設計のお店が多いのですが、人気店は行列ができます。広いフードコートも大変な混雑で、車椅子での通路通行は苦戦し、席をとるのも大変です。車椅子利用者には、混み日、混み時間の飲食利用は、なるべく避けることお薦めします。

ダイバーシティ東京

お台場エリアもすべてが新しいような気がしますが、初期の施設は誕生から20年を超えています。新しい施設との差は歴然。ダイバーシティ東京は、新しい施設こそ最善のバリアフリーであることを証明しています。名称からしてダイバーシティ。多種多様なカスタマーの利便性を追求している施設です。