車椅子で行く国立科学博物館~地球館バリアフリー情報

国立科学博物館~日本館

国立科学博物館~地球館2007年「日本館」オープン。2015年7月に「地球館」の北側がリニューアル。上野科博の常設展は「地球館」と「日本館」二つの施設から構成されます。大人気です。本稿では「地球館」のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○上野公園内からアクセス

科博には、障害者用も含めて専用駐車場はありません。入口は上野公園内。常設展入口は地階ですが、地上からエレベーターがあります。科博常設展は障害者手帳の提示で、本人と介助者1名の入館料が無料に減免。地階入口で障害者手帳を提示してください。

国立科学博物館~地球館

○地球館のフロア構造

地球館はB3から3Fそして屋上がある構造です。エレベーターは2系統で各2基設置。ベビーカー族が多数来館する科博。車椅子利用者にとって、地球館はエレベーターが鬼門。日本館側の系統が特に混み合います。反対のレストラン側エレベーターはそれほど混みませんが、B3、B1、RFは不停止です。

屋上へは日本館側系統の1基だけが行きます。屋上はハーブガーデンと休憩スペース。バリアフリーなので、車椅子で利用できます。

国立科学博物館~地球館

○空いている障害者用トイレはどこか

障害者用トイレは日本館に一つ。地球館は各階にあります。空いているフロアのトイレが狙い目。地球館で空いているフロアは、2FとB3です。B3は混み合う系統のエレベーターでしか行くことが出来ない。2Fには障害者用トイレが2か所設置。という理由で混雑時もっともお薦めする障害者用トイレは、地球館2Fです。

国立科学博物館~地球館

最近このフロアで「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」が持ち帰った微粒子の常設展示が始まりました。車椅子で顕微鏡を覗くことができます。

 

○地球館1Fの展示

地球館の1F展示の入口を飾るのは「地球史ナビゲーター」。360℃に広がる映像展示によって、宇宙の誕生、生命の誕生、人類の誕生から現在までの歴史の科学ガイダンスになっています。視覚的にとても新しい感覚。最新の展示技術が導入されています。

国立科学博物館~地球館

子どもでも取っ付き易いビジュアルな表現で、地球館全体の展示内容をガイダンスする展示。ただ、語られている話は、ビッグバン、インフレーション理論から始まる本格的な最新の地球科学。子どもに「これなに」と聞かれて、スラスラ解説出来る大人はほとんどいないでしょう。

同フロアに以前からある「系統広場」は段差のある展示で、車椅子での出入りルートが一か所だけに限定された部分バリアフリーですが、2015年にできた「地球史ナビゲーター」は、そもそも段差のない完全バリアフリーです。

国立科学博物館~地球館

○2Fは「科学技術で地球を探る」

2Fはハイテク満載の展示です。床面に地球の姿が映像で流れたり、マイクロ波が飛び出したり、地球の中が出てきたり。演出の派手さでは一番の企画。最新の科学で、宇宙をどうやって観測しているのか、地表の解析がどうなっているのか、そして地球内部の探索は、ということを紹介する展示です。

そもそも江戸時代からの科学技術の歴史を展示しているフロアで、2015年に最新の技術の展示も加わりました。江戸時代の測量機などは見てすぐ理解できますが、最新の「マイクロ波放射計」などは、簡単には理解できません。予習復習が必須のフロアです。

 

○3Fの企画はこども向け

3Fの目玉企画はこども向けの「親と子のたんけんひろばコンパス」。屋内ジャングルジムのような遊ぶ遊具で、そのなかに恐竜がいたり、パンダがいたり、と科博的な要素が入れられています。これはただの遊具です。1Fで整理券をもらう当日予約制。時間制限で、親子同伴で楽しむ企画。主な対象は4歳から6歳の子ども。そういう親子はご利用ください。

国立科学博物館~地球館

○B2は「恐竜の謎を探る」

B2は恐竜の骨の迫力展示。この展示は最新の科学知識がなくても素直に楽しめます。恐竜好きは地球館B2に行きましょう。

国立科学博物館~地球館

○B3は「日本の科学者」

B3は、理系のノーベル賞受賞者の顔写真と研究内容の紹介が展示されています。まだ「日本の科学者」の展示箇所は取っ付き易いのですが、このフロアは最新の地球科学、宇宙理論の紹介フロア。素粒子理論、量子力学など、先端の物理・数学分野の科学の紹介です。

このフロアの展示内容は難しい。子どもには無理。並の大人でもほとんど無理でしょう。普通の人は、頑張って予習をしてから来ましょう。そうでないと、解った気分にもなれません。

国立科学博物館~地球館

エレベーターでの上下階移動がスムースにできるかが、車椅子で地球館を利用するポイントです。内容的にレベルの高い展示が導入されました。科学好きの大人にお薦めしたい地球館です。