車椅子で行くお台場~フジテレビ「はちたま」バリアフリー情報

お台場フジテレビの25F球体展望台「はちたま」。障害者手帳での入場料の減免があり、本人と介助者1名が無料で入場できます。車椅子で行く「はちたま」。バリアフリーの実際を詳しく紹介します。

フジテレビ「はちたま」

○1Fからエレベーターで7Fへ

お台場のランドマーク、フジテレビ。銀色に輝く25Fの球体展望台が「はちたま」です。

長いエスカレーターで7Fへ上り入場チケットを購入。そこから直行エレベーターで25Fへ。これが健常者の利用ルートです。

車椅子利用者の場合、1F室内からエレベーターで7Fへ。7Fの直行エレベーター入口で障害者手帳を提示すると、本人と介助者1名が無料で入場できます。25Fにもチケットチェックがあるので再び障害者手帳を提示。これで「はちたま」に入場できます。

フジテレビ「はちたま」

○フロア内は全面フラット構造

「はちたま」は2フロア構造。25Fが球体展望台で、270度の眺望が楽しめます。25Fとその下24Fの両フロアに障害者用トイレあり。両フロア内は全面フラット構造。車椅子で快適に利用できます。

フジテレビ「はちたま」

25Fは小さなお土産ショップがありますが、他には特に何もないシンプルな展望台。ひたすら景観を楽しむフロア。車椅子でのスカイビューに大きな問題はありません。お台場の眺望を楽しめます。

フジテレビ「はちたま」

○エレベーターで24Fへ

25Fを楽しんだ後は24Fへ移動。健常者は階段ルートですが、車椅子利用者は特別にエレベーターが利用できます。近くのスタッフに声をかけてください。24Fまで案内をしていただけます。

24Fの目玉施設は「めざまスカイ」。番組を放送するスタジオがあり、セットが公開されています。他には「コリドール」と称される展望通路があり、25Fでは見えない千葉方面の眺望などを楽しみながら、四角く24Fを車椅子で一周できます。

24Fの見学が終了したら、健常者と同じく直行エレベーターで7Fへ。こちらの系統のエレベーターはシースルー構造なので、下がりながらの眺望が楽しめます。

フジテレビ「はちたま」

○ガラガラの日もある

週末ともなると、ひどい混雑。車椅子での利用が嫌になるフジテレビ。長年そういうイメージでした。今回週末に訪問したところガラガラ。スタッフが一生懸命呼び込みをしていす。1F、5F、7Fの無料エリアにはそれなりにお客さんがいますが、「はちたま」はガラガラ。混むときは混むのでしょうが、週末でもガラガラの日もある。やや空いてきたのかもしれません。車椅子利用者にとって混まないことは、朗報です。

フジテレビ「はちたま」

○新しい魅力を

ネガティブな見方をすれば、やや飽きられたか。確かにもう一工夫、テレビ局らしい企画が欲しいところ。折角のバリアフリー施設。これからも魅力があせないように、新ネタの投入が続くことを期待します。

フジテレビ「はちたま」

お台場フジテレビ「はちたま」は、極端な混雑がないかぎり、車椅子で快適に利用できます。幅広い層にお薦めできる、バリアフリー施設です。