車椅子で行く銀座~GINZA SIXバリアフリー情報

GINZA SIX

2017年に開業した「GINZA SIX」。新しい施設ですから、もちろんバリアフリー設計。しかし車椅子で利用すると、気になる点も。車椅子で行く銀座最新の商業施設。現地現場の実態を詳しく紹介します。GINZA SIX

○理論上の課題はない

デパートを超え、世界に挑む最新の商業施設です。さすがにバリアフリー。エレベーターとエスカレーターの配置と数、障害者トイレの数、通路の広さ、いずれも最新のバリアフリー設計です。吹き抜け空間を贅沢にとり、銀座にしてはスペースに余裕があります。車椅子利用に構造的な問題はありません。

GINZA SIX

バレーサービスを選べる地下駐車場があります。駐車料金は銀座価格ですが、車でのアクセスは良好です。

地下鉄銀座駅とは地下通路でB2に直結しました。緩やかなスロープ路で車椅子で快適に移動できます。「GINZA SIX」のB2入口にもスロープあり。雨の日でも濡れずに移動できます。

GINZA SIX○高級ショップは車椅子で余裕

「GINZA SIX」のフロアには、高級ショップが並びます。開店直後はともかく、現在では車椅子で利用しやすい状況。つまり空いています。車椅子利用者にとって、空いているのは良いことですが、ただ簡単に買い物ができる値段のお店ではありません。GINZA SIXGINZA SIX

○グルメ店は混雑

日にもよるのでしょうが、グルメ店の混雑は覚悟してください。特に比較的手ごろな価格の店は。ピーク時間帯はもちろん、アイドルタイムでも混んでいます。軽い気持ちで、GINZA SIXでランチを、と車椅子で出かけると大変。行列に並ぶ覚悟でお出かけください。

GINZA SIX

○B2食品フロアの通路はやや狭い

空いている状況なら問題はないのですが、名店街のB2フロアの通路はやや狭く、そして混雑することが多く、車椅子ではまま苦戦します。ただデパ地下名店街の常識的な通路幅、というのはあると思います。これ以上幅広い通路も不自然。一等地でのこの通路幅は、健常者の利用条件では普通。でも車椅子での利用には少し辛い狭さです。

GINZA SIX

○案外エレベーターが混む

フロアの上下階移動のメイン動線は、エスカレーターを想定した設計。目立つ場所に2系統あるので、健常者は理論上エスカレーターに流れそうに見えます。ところが、何故かエレベーターが混みます。大きな荷物をもった観光客が多いからでしょうか。エレベーターには障害者優先基がありますが、これもあまり快適ではありません。混雑時はフロアにスタッフがスタンバイして、車椅子の乗車を助けていただけることもあります。

GINZA SIX

○利用したいフロアが混む

以上のことをまとめると、手の届く価格の食事ができるお店や食品のフロアは混む。車椅子で上下階移動するエレベーターは混む。高級ショップは空いている。このような状況です。もちろん、日により、時間により、状況は変ります。そういうこともあり得る、というイメージで、車椅子で「GINZA SIX」を利用してください。

○屋上庭園は車椅子で利用可

「ガーデン」と呼ばれる屋上庭園は、約4,000㎡あり、100種類の木々が植栽されています。

GINZA SIXGINZA SIX

GINZA SIX

フェンスは全方向ガラス張りで、ぐるりと車椅子で一周できるバリアフリー庭園。銀座を上から眺めることができます。

GINZA SIX庭園内の通路も緑化されたバリアフリー空間です。

GINZA SIXGINZA SIXGINZA SIX2018年の夏は、夜間のライトアップ企画が開催されています。

GINZA SIXそして稲荷神社が鎮座。車椅子で参拝できます。

GINZA SIX

 

全体的にバリアフリー面の理論上の問題はありません。トイレが無いのは2Fだけです。混雑に気を付けて、新しい施設の最新の設備を、車椅子で楽しんで下さい。