車椅子で行く銀座~東急プラザ銀座バリアフリー情報

東急プラザ銀座

2016年に開業した「東急プラザ銀座」。メインエントランスはエスカレーターを利用する設計。そして三菱電機の「METoA Ginza」を併設。直感では分かりにくい車椅子で館内を移動するルートと、バリアフリー状況を詳しく紹介します。

東急プラザ銀座

○1F路面からの入口は2か所

表参道の東急プラザと同様、1F路面からエスカレーターで3Fに上がるのがメインルートです。1F路面からの車椅子での入口は、晴海通り側にはなく、西銀座通り側と、反対の数寄屋橋公園側にあります。

東急プラザ銀座

西銀座通り側1Fは、街路向きの店舗が並んでいます。数寄屋橋公園側の1Fは、街路向きに屋台のようなお店があり、飲食等を販売しています。

2018年現在、数寄屋橋公園側の1F出入口は、段差があるので車椅子利用者は西銀座通り側1F出入口の利用が推奨されています。5cmほどの段差がありますが、段差解消スロープが置かれているので、それがクリアできる方であれば、数寄屋橋公園側の車椅子での出入りは可能です。

東急プラザ銀座

○エレベーターは2系統

1F路面から建物内に入ります。

中央部のやや晴海通り寄りにある系統のエレベーターは、B2から11Fまでの各階を結びます。ただし、屋上の「キリコ テラス」まで行くのは、その内1基だけです。

東急プラザ銀座

建物の中央インドア内にあるエレベーターは、1F・3F・6F・8F・9F・10F・11Fの運行。他の階には構造的に停止しません。さらに3基あるエレベーターの内1基は、1Fと8F・9Fの免税店フロア専用となっています。

東急プラザ銀座

○障害者用トイレは4フロアに設置

障害者用トイレは各階にはありません。配置されているフロアは、B2・6F・10F・11F。以上の4フロアです。

 

○1Fには2フロア構成店舗あり

西銀座通り側の1Fは街路向きの店舗が並んでいます。これらの店舗に行くなら、外の歩道からそのまま各店舗へ。基本はバリアフリー設計ですが、一部の1F店舗は店舗内が2フロア構成で階段のみ。店舗内の2F売り場へ、車椅子では行けない店舗があります。

東急プラザ銀座

○7Fは変則的な構造

6Fには「キリコ ラウンジ」。2フロアの高さを有している広々した空間です。7Fはこのラウンジの上部が無い構造です。

東急プラザ銀座

○フロア内はバリアフリー

各フロア内は基本構造がバリアフリー。屋上「キリコ テラス」も、段差箇所にはスロープがあるので車椅子で利用できる空間です。

グルメ店のバリアフリーレベルはそれぞれです。10Fと11Fには、車椅子利用を意識した設計ではないグルメ店があります。B2のイートイン店舗は、ほとんどが車椅子では苦戦する狭いお店です。

物販ショップはバリアフリーなお店がほとんどですが、店舗内に段差のあるショップ、店内通路が狭いショップが、数店舗あります。

 

○METoA Ginzaのバリアフリー状況

三菱電機がプロデュースする入場無料の施設で、東急プラザ銀座内新橋寄りの1Fから3Fにあります。1Fには外から入場できる専用入口があり、2Fと3Fは「東急プラザ銀座」からそのまま出入りが出来ます。いずれも車椅子での利用は可能です。

東急プラザ銀座

METoA Ginza 内に、1Fと3Fをつなぐ専用エレベーターが1基あります。このエレベーターは三菱電機の音響技術を用いたサラウンドシステム付きです。

東急プラザ銀座

○地下通路は一癖あり

有楽町から銀座にかけて、地下鉄駅と連絡した地下通路があります。東急プラザ銀座はB2で地下通路に直結していますが、この地下ルートは現時点では完全バリアフリーではありません。丸の内線に向かうルートなど、場所によっては段差があります。バリアフリー改修がこれから進むはず。最新の情報を確認して地下通路を利用してください。

 

新しい施設なので館内はバリアフリーです。変則的な構造を把握すれば、東急プラザ銀座は車椅子で快適に利用できます。