車椅子で行く赤坂~東京ガーデンテラス紀尾井町バリアフリー情報

東京ガーデンテラス紀尾井町

2016年に開業した「東京ガーデンテラス紀尾井町」は、商業施設、オフィス、ホテル、住宅などで構成される複合施設です。一般商業ゾーン及び公開エリアを中心に、バリアフリー状況を詳しく紹介します。

東京ガーデンテラス紀尾井町

○車椅子でのアクセス

車で利用しやすい施設です。車寄せがあるのでタクシー利用も便利。屋内駐車場は車椅子でも利用出来る機械式で、1Fに直結します。施設の利用に応じた、駐車料金の減免サービスがあります。

東京ガーデンテラス紀尾井町

地下鉄利用の場合、永田町駅と2Fで直結していますが、このルートは途中でエスカレーターを利用します。永田町駅、赤坂見附駅とも、車椅子では地上行きのエレベーターを利用してください。したがって雨の日は濡れます。

東京ガーデンテラス紀尾井町

○一般利用エリアの概要

東京ガーデンテラス紀尾井町の一般商業ゾーンは、1Fから4Fの4フロア構造です。商業施設の総称は「紀尾井テラス」で、飲食店、物販店、サービス店が入店します。

1Fエントランス前に広がる広場は「花の広場」。4Fの広場は「水の広場」。その先に独立棟の「赤坂プリンスクラシックハウス」。緩い下り坂を進むとビオトープがあるエコロジカルゾーン「芽生えの庭」から「光の森」へ抜けます。敷地内全域の緑地は「都市のオアシス」認定を受けています。

東京ガーデンテラス紀尾井町

○紀尾井テラスのバリアフリー状況

4フロア構造の紀尾井テラス内は、フラット構造のバリアフリー設計です。障害者用トイレは1F・2F・3Fに用意されています。エレベーターは1Fからは1基、2Fからは2基。上下階移動はスムースです。

飲食店は現時点で18店舗が営業。大半の店は車椅子で利用できますが、中には車椅子で利用しにくい、スペースが狭いお店、背の高い椅子とテーブルのお店があります。店舗のバリアフリー状況は、個別に確認することをお薦めします。

他にスーパー、コンビニ、ドラッグなどが営業しています。

東京ガーデンテラス紀尾井町

○公開エリアのバリアフリー状況

1F花の広場は、全面フラット構造。車椅子での利用に問題はありません。イベント会場にもなります。

巨大な白鹿のアートがある4F水の広場周辺もバリアフリーです。光の森方面に進んだ先に、4Fと1Fしか停まらない独立したエレベーターが1基設置されています。このエレベーターで、1F花の広場の横に下りることが出来ます。18mの高低差があるパブリックゾーンを繋ぐバリアフリー施設です

これらの広場には、他にもパブリックアートが点在。自然とアート、そして弁慶濠と赤坂プリンスクラシックハウスの歴史を楽しめる散策空間です。

東京ガーデンテラス紀尾井町

○段差のある散策路

紀尾井テラスの2F部から4F部にかけて、弁慶濠沿いに造られたウッドデッキの散策路があります。石垣を眺めながらの散策が楽しめるですが、残念ながら途中に段差があり、車椅子では利用できません。

東京ガーデンテラス紀尾井町

○歴史と施設名称

紀尾井町の語源は「紀伊徳川家」「尾張徳川家」彦根の「井伊家」の屋敷があったことに由来します。

紀尾井テラスの各フロアには名称がついています。1F「弁慶濠テラス」、2F「小左衛門テラス」、3F「達磨坂テラス」、4F「御門テラス」。江戸時代からの歴史に、最新の環境とアートを取り入れた施設です。

東京ガーデンテラス紀尾井町

車椅子利用者は車でのアクセスをお薦めします。東京ガーデンテラス紀尾井町は、車椅子で利用出来るバリアフリー施設です。