赤坂サカス・Bizタワー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

東京都港区にあるTBS「赤坂サカス」は、傾斜地にありますが車椅子で利用出来る施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

TBS「赤坂サカス」

○施設の全体概要

メインの商業施設は「赤坂Bizタワー」のB1から2Fの3フロアです。

その並びにはTBSストアなどが入る別棟があります。

TBS放送センター前に広がる広場は「Sakasu広場」。その横には入場無料の「TBSギャラリー」があります。

文化施設としては2つのホール「TBS赤坂ACTシアター」と「マイナビBLITZ赤坂」があり、エンターテイメントや音楽イベントが開催されます。

TBS「赤坂サカス」

○車椅子でのアクセス

千代田線赤坂駅と直結しています。改札から出ると右側にエレベーターがあり、B1と1Fで赤坂Bizタワーに連絡します。

千代田線赤坂駅

千代田線赤坂駅

赤坂Bizタワーに有料の地下駐車場があります。障害者用駐車区画はB3に1台分を用意。駐車料金の障害者減免制度はありません。施設の利用による駐車料金サービスはあります。

赤坂Bizタワーに有料の地下駐車場

赤坂Bizタワーに有料の地下駐車場

○赤坂Bizタワーのバリアフリー状況

2008年に開業した施設です。基本的なバリアフリー要件は満たしています。

赤坂Bizタワーのバリアフリー状況

フロア内はフラット構造で、上下階移動はエレベーターで可能。障害者用トイレはB1から2Fまで各階にあります。

赤坂Bizタワーのバリアフリー状況

別棟との間の空間は「仲通り」で、フラットな舗装路面です。

赤坂Bizタワーのバリアフリー状況

飲食店や物販店、サービス店が45店舗入ります。B1の飲食店の中には、店内が狭く車椅子での利用が不向きな店舗もあります。全体としては、車椅子で利用出来るお店が多数です。

赤坂Bizタワーのバリアフリー状況

○Sakasu広場とTBSギャラリーのバリアフリー状況

Sakasu広場とその周辺はフラットで、車椅子で移動できます。

Sakasu広場とその周辺

TBSギャラリーの出入口は小さな段差がある構造ですが、気をつけて移動すれば、車椅子での通行は可能です。

TBSギャラリー

TBSギャラリー

TBSギャラリー内はフラットな構造です。障害者用トイレもあります。

TBSギャラリー

○Sakasu坂の回避方法

赤坂サカス内にある急坂道は「Sakasu坂」。Sakasu広場の横から「TBS赤坂ACTシアター」横までの傾斜路です。坂の横は階段路があります。

Sakasu坂

TBS赤坂ACTシアター

坂の上は赤坂Bizタワーの2Fから横移動で進めます。エレベーターで2Fへ上り、2F出入口から移動するのが便利です。「赤坂アプローズスクエア迎賓館」は、この高さにあります。

赤坂アプローズスクエア迎賓館

周辺はアップダウンが多い地形ですが、赤坂サカスは車椅子で利用しやすいバリアフリー施設です。

赤坂 高橋是清翁記念公園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

東京都港区赤坂の「高橋是清翁記念公園」は、ほとんどの通路が未舗装路面ですが、車椅子で散策できる日本庭園風の公園です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

高橋是清翁記念公園

○公園の概要

青山通りに面した高橋是清翁邸宅跡地です。1941年に公園として一般開放された歴史ある公園で、出入口付近は児童公園として再整備されていますが、奥は邸宅の日本庭園がそのまま生かされています。春夏秋冬、季節の移ろいを感じる大人向けの公園です。

高橋是清翁は、この地にあった邸宅で青年将校に暗殺されました。2.26事件です。公園の奥に是清翁の坐像が鎮座しています。

高橋是清翁邸宅跡地

○アクセス方法

来園者用の駐車場はありません。青山一丁目駅から徒歩5分ほどの距離です。

青山通りの歩道から2か所の出入口があります。また歩道に面して障害者用トイレがある公衆トイレが設置されています。

高橋是清翁記念公園は港区の施設で入園無料です。

高橋是清翁記念公園

高橋是清翁記念公園

高橋是清翁記念公園

○園内のバリアフリー状況

広さは約1,600坪。公園内をほぼ一周する散策路があります。

高橋是清翁記念公園

散策路は未舗装ですが、固く極端なデコボコは少ない路面なので、乾いている状態なら車椅子で移動可能です。

高橋是清翁記念公園

ただし車椅子で通行できない段差がある箇所もあり、ルートを選びながらの散策になります。

高橋是清翁記念公園

高橋是清翁記念公園

高橋是清翁記念公園

是清翁の坐像がある場所は階段路の上です。車椅子では段の手前から像を見上げます。

高橋是清翁記念公園

○日本庭園の様子

公園の中央には池泉があり、その周囲には石橋、石人像、石燈籠などが配置されます。

東京都港区赤坂の「高橋是清翁記念公園」

東京都港区赤坂の「高橋是清翁記念公園」

東京都港区赤坂の「高橋是清翁記念公園」

緑豊かな空間で、桜、紫陽花、紅葉などが四季を彩ります。

暗殺された住居の建物は、小金井公園の「江戸東京たてもの園」に移築されています。

高橋是清翁記念公園は路面の状態が良ければ、段差箇所を避けて車椅子で散策ができます。

赤坂 豊川稲荷東京別院 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

東京都港区元赤坂の豊川稲荷は、路面に小さなデコボコがありますが、車椅子でお参りが出来る寺院です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

赤坂豊川稲荷東京別院

○お稲荷様の歴史と概要

神社ではなくお寺のお稲荷様です。正式名称は曹洞宗「豊川閣妙厳寺」。作法は二礼二拍手ではありません。

起源は大岡越前が私邸内に建てたお社です。当時の江戸では、庶民の間に稲荷信仰が盛んで、大岡越前も月に二日間は一般庶民に私邸を開放し、参拝を許していたそうです。

その後、大岡越前邸の一部を正式に豊川稲荷東京別院とし、常時一般開放されるようになりました。

明治維新後の廃仏毀釈政策により、お寺になりました。現在の地に拡大移転したのが、明治20年と伝えられます。最初の創建からは約200年。この地に移ってから約130年の歴史があります。

本山は愛知県の豊川市にあります。ここは東京別院です。単に豊川稲荷というと、一般には愛知県のお寺を指します。

赤坂豊川稲荷東京別院

○車椅子でのアクセス

赤坂見附駅または永田町駅から徒歩5分の案内です。

周辺は坂道が多いエリアで、青山通りの坂の途中です。どの方面から向かっても、坂道を避けることは出来ません。

収用台数は10台程度ですが、境内に業務用兼参拝者用の無料駐車場があります。障害者用駐車区画の設定はありません。

赤坂豊川稲荷東京別院

○境内へのバリアフリールート

車椅子で通行できない決定的な段差箇所は、境内への入口である「山門」です。

元赤坂の豊川稲荷

車椅子では、青山通りを神宮方面へ進み、車両用の出入口から境内へ入ります。

元赤坂の豊川稲荷

駐車場の横に「文化会館」があり、1Fにはお茶屋さんが数軒営業しています。名物は「稲荷寿司」で、他に甘味やお土産などを販売しています。いずれのお店も歴史あるお茶屋さんです。狭い店舗ですが決定的な段差はなく、車椅子で立ち寄ることができます。

 

○境内のバリアフリー状況

駐車場から「山門」までの通路は、車椅子で問題なく通行出来るフラットな路面です。

「三所殿」でのお札やお守りの授与は車椅子で可能です。「山門」の横の「子宝観音」は車椅子でお参りができます。

赤坂豊川稲荷東京別院

段差がある「本殿」の参拝所へは、両側からスロープがあり、車椅子でお参りが出来ます。ただし「本殿」内へは階段で上ります。

赤坂豊川稲荷東京別院

赤坂豊川稲荷東京別院

「奥の院」の中へも階段を上がります。

赤坂豊川稲荷東京別院

「三神殿」や大岡越前のお墓「大岡廟」、「霊狐塚」は、デコボコがある路面ですが、頑張れば車椅子で移動可能です。キツネ象は、供養されて地下のスペースに納付されます。

赤坂豊川稲荷東京別院

赤坂豊川稲荷東京別院

本殿横には七福神の「弁財天」が祀られています。小川が流れていて、ザルが用意され、銭を洗うことが出来ます。この銭洗いは、車椅子では手が届かずに苦戦します。

赤坂豊川稲荷東京別院

豊川稲荷東京別院は、フラットな構造ではありませんが、多少のデコボコ路面を通行できれば車椅子でお参りが出来ます。