とらや赤坂店 車椅子買物ガイド バリアフリー情報

車椅子で行く とらや赤坂店 バリアフリー状況

2018年10月にリニューアルオープンした「とらや赤坂店」のバリアフリー状況を紹介します。

とらや赤坂店

○青山通りの坂道沿い

場所は青山通り沿い。この一帯は坂道で、車椅子での移動は体力を使います。

収容台数は9台しかありませんが、1Fに駐車場があります。館内への入口に近い駐車区画に車椅子マークがついています。

とらや赤坂店

とらや赤坂店

とらや赤坂店

○素晴らしくバリアフリー

店舗はバリアフリー設計です。各フロアは完全なフラット構造。エレベーターは1基。バリアフリートイレは複数階に用意されています。店舗内の車椅子での利用に大きな問題はありません。

とらや赤坂店

○バリアフリートイレの状況

B1と2Fにバリアフリートイレがあります。写真は2Fのトイレです。ユニバーサルベッドが用意されています。

とらや赤坂店

とらや赤坂店

○B1はギャラリー

下のフロアから紹介します。

B1はギャラリー。定期的に展示内容が変わります。1Fからエレベーターで地階へ。そのままバリアフリーにギャラリーを見学できます。

オープン最初の展示は、「とらやの羊羹デザイン展」。羊羹のデザインの変遷や、羊羹を製造する道具が展示されています。入場無料、撮影可で、道具の一部は操作もOK。2018年12月末までの企画です。

とらや赤坂店

とらや赤坂店

とらや赤坂店

次の企画は「とことわの書-自然のことば-」で、2019年2月24日までの開催です。

とらや赤坂店

とらや赤坂店

とらや赤坂店

とらや赤坂店

定期的に企画展が開催されています。

○1Fは予約カウンター

1Fは来客用フリースペースのようなフロア。店舗の案内や予約商品の引き渡しなどを行います。スペースの使い方にゆとりがあります。

とらや赤坂店

○2Fはショップ

2Fが商品販売のフロア。このフロアもスペースにゆとりのある設定で、車椅子で品選びが出来ます。定番商品だけではなく、特別なお菓子の提案もあります。

とらや赤坂店

○3Fは喫茶

3Fは「菓寮」。半個室、カウンター、テラス席などがある喫茶コーナーです。席数は50席超ですが、人気でよくウエイティングがかかっています。

また3Fには菓子の製造場があり、ガラス越しに菓子作りの様子を見ることが出来ます。

とらや赤坂店

○休業日は月1回

現在のところ休業日は毎月6日です。ただし12月は無休で営業します。

とらや赤坂店

○行灯ビルからの大変身

旧店舗は通称「行灯ビル」。9F建てでした。それが3F建てへ。外見のデザインも印象的な店舗です。設計は内藤廣氏。「おだやかな気持ちで和菓子に触れる空間」がコンセプトです。

とらや赤坂店は車椅子で利用出来るバリアフリー店舗です。

(本稿は2020年12月に加筆修正しました。)