デザインハブ「日本のグラフィックデザイン2021」車椅子観覧情報

デザインハブ「日本のグラフィックデザイン2021」

毎年恒例の「日本のグラフィックデザイン2021」が、東京ミッドタウン内デザインハブで開催されています。

デザインハブ「日本のグラフィックデザイン2021」

公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会が毎年刊行する「グラフィックデザイン・  イン・ジャパン」に掲載された約600点の内、約300点が展示される企画展です。会期は2021年7月16日から9月5日まで。入場は無料です。

デザインハブ「日本のグラフィックデザイン2021」

デザインハブはバリアフリーな展示会場です。中央部にはポスターなど平面的な作品が吊るし展示されています。

デザインハブ「日本のグラフィックデザイン2021」

壁面には展示棚が設けられ、立体的な作品が陳列されます。上部の棚にある作品は、車椅子からは、見上げて鑑賞する位置になります。

デザインハブ「日本のグラフィックデザイン2021」

賞を受賞した作品は、特別な場所に展示されます。

デザインハブ「日本のグラフィックデザイン2021」

グラフィックデザインの現在を知る。商業デザインに興味のある方は、深く楽しめる企画展です。