渋川市北橘歴史資料館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

渋川市北橘歴史資料館

群馬県渋川市の北橘町にある歴史資料館です。旧石器時代から現代までの地域の歴史を紹介する施設で、展示の中核は縄文時代です。道訓前遺跡から出土した「焼町土器」は重要文化財に指定されています。

北橘歴史資料館の周囲は「たちばなの郷公園」として整備され、縄文時代の竪穴式住居「小室敷石住居跡」が実物大に復元されています。

渋川市北橘歴史資料館

15台程度を収容する無料駐車場があります。身障者用駐車スペースの設定はありません。駐車場から舗装路面のアプローチを通り資料館へ向かいます。

渋川市北橘歴史資料館

資料館のエントランス周辺に段差はありませんが、入口のドアは手動ドアです。

渋川市北橘歴史資料館

北橘歴史資料館は大きな施設ではありませんが常設展示室と企画展示室があります。入館料の障がい者減免制度があり、本人と必要な人数の介助者が無料に減免されます。

展示室内はフラットな構造で、車椅子での観覧に大きな問題はありません。土器の他に祭祀の道具、古民具などの展示が充実しています。

新しい施設ではないので館内のトイレにはバリアフリートイレがありません。駐車場の横の公衆トイレ内にバリアフリートイレがあります。

渋川市北橘歴史資料館

渋川市北橘歴史資料館は、屋外の「小室敷石住居跡」と併せて、北橘地区の歴史と民俗が紹介されている正統派の歴史資料館です。

(本稿は2022年5月に執筆しました)