軽井沢ハルニレテラス 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

軽井沢~ハルニレテラス バリアフリー情報

湯川の清流と100本の春楡の木が美しい人気観光施設「ハルニレテラス」は、車椅子で利用できるバリアフリー施設です。より快適に車椅子で利用するために、現地のバリアフリー状況を紹介します。

アクセスは車が便利です。「ハルニレテラス」の利用に絞った場合、車椅子でのベストの駐車場はP2です。身障者用駐車区画は2台分あります。駐車場はオフシーズンの平日を除き有料で、30分まで無料、以後有料で障がい者減免制度はありません。

夏休みや週末は満車確率が高い駐車場です。観察する限り、夕方になるとやや空いてきます。車椅子で混雑日にお出かけの際は、16時以後の利用をお薦めします。

軽井沢~ハルニレテラス バリアフリー情報

「ハルニレテラス」内はウッドデッキ仕様で、段差箇所はスロープがあります。各ショップの動線もひどい段差はないので、施設内全般、車椅子での利用に大きな問題はありません。バリアフリートイレは一か所。F棟にあります。現在のところ、貸し出し用の車椅子の用意はありません。

軽井沢~ハルニレテラス バリアフリー情報

車椅子で利用できないのは、川沿いに段差を下りるデッキと、階段のみの2Fにあるマッサージ店です。

軽井沢~ハルニレテラス バリアフリー情報

「ハルニレテラス」から「トンボの湯」方面への遊歩道は、ウッドチップが固めに敷き詰められたバリアフリー歩道です。軽井沢らしい川沿いの散策路で、一般的な車椅子なら散策可能です。

軽井沢~ハルニレテラス バリアフリー情報

「ハルニレテラス」は「星野エリア」の一部です。現地案内図やガイドブックなどには他の施設の案内も載ります。

「野鳥の森」のガイド拠点「ピッキオ」がある「ケラ池」。冬はスケートリンクになる素敵な池ですが、通常ルートでは階段の上になります。車椅子で行くとすると、急な坂を上り「ピッキオ」の建物側から「ケラ池」へ向かいますが、これも無理があるルートです。「野鳥の森」は本当に森です。車椅子向きではありません。

軽井沢~ハルニレテラス バリアフリー情報

「星野エリア」として「軽井沢高原教会」と「石の教会」が案内されています。地図では歩けるように見えますが、凄い急坂を上るルートなので、車椅子では無理です。この2つの教会ゾーンには無料駐車場があるので、車で行き直すことをお薦めします。

軽井沢~ハルニレテラス バリアフリー情報

「ハルニレテラス」は混みます。夏休みシーズンは遠くの臨時駐車場に誘導されることもあるので、車椅子利用者はくれぐれもピークズラシを意識してください。

軽井沢~ハルニレテラス バリアフリー情報

「ハルニレテラス」は、軽井沢で一番人気のバリアフリー観光スポットです。夏休みなどトップシーズンは大混雑するので、車椅子での利用は注意が必要です。

「石の教会・内村鑑三記念堂」のバリアフリー情報を別稿で紹介しています。ご参照ください。

(本稿は2017年8月の取材に基づいています)