軽井沢 千住博美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

軽井沢千住博美術館は、車椅子で利用できる施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

軽井沢 千住博美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇駐車場の状況

アクセスは車が便利です。広い無料駐車場があり、美術館入口の近くに障害者用駐車区画が2台分用意されています。

駐車場はフラットな舗装路面で、車椅子で問題なく移動できます。

軽井沢 千住博美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇アプローチを通りエントランスへ

美術館の周囲は「カラーリーフガーデン」で、美しく植栽で飾られています。駐車場からガーデンの中の舗装されたアプローチを通り、美術館エントランスに向かいます。多少傾斜のある通路ですが、車椅子での移動は可能です。

軽井沢 千住博美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

軽井沢 千住博美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

駐車場側のガーデン内を散策する未舗装通路がありますが、この路はかなりデコボコがあるので車椅子での通行は無理のない範囲までになります。

軽井沢 千住博美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇観覧料の障害者減免制度

エントランス入口の自動販売機で観覧券を購入するシステムです。

軽井沢 千住博美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

軽井沢 千住博美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

観覧料は障害者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。減免制度を受ける場合は、自動販売機では何もせずに、自動ドアを開けてそのまま館内に入り、右手の受付に障害者手帳を提示して減免措置を受けてください。

 

〇館内のバリアフリー状況

独創的な建築デザインの素敵な美術館です。館内には車椅子での移動に困るような段差はありません。

元々の自然の傾斜地を生かした床面で、館内は傾斜していますが、車椅子での移動に困るほどの傾斜ではありません。ただしフラット路面に比べれば、多少は移動に力が必要です。

館内に障害者用トイレがあります。トイレは別棟のショップ&カフェにも用意されています。

軽井沢 千住博美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

軽井沢 千住博美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇美術館の魅力

館内には4カ所の中庭のような空間があり、ガラス面で仕切られています。中庭には白樺などが植栽され、館内から見ることができます。展示される作品、自然光でみる植物、それらが館内の傾斜により高低差をつけて眼に入ります。

「ザ・ファール・ルーム」という展示室は窓のない空間で、カラーライトによる演出が出来ます。

 

〇ショップ&ベーカリーカフェのバリアフリー状況

別棟のショップ&カフェへのエントランスには段差回避スロープがあります。

軽井沢 千住博美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

軽井沢 千住博美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

軽井沢 千住博美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

ショップもカフェも、それほどスペースに余裕があるお店ではありません。混雑していると車椅子での利用は苦戦します。空いている状態なら、車椅子で店内移動は可能です。

カフェにはイートインスペースがありますが、このスペースは狭く、ほかにお客さんがいる状況では、車椅子で場所を確保するのは大変です。

 

〇ギャラリーのバリアフリー状況

もう一つ別棟で「ギャラリー」があり、様々なアーティストによる無料の企画展が随時開催されます。

軽井沢 千住博美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

軽井沢 千住博美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

ギャラリーへのアプローチはフラットな舗装路、出入口は自動ドア、館内はフラット構造です。

軽井沢 千住博美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

軽井沢 千住博美術館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇冬季休館あり

軽井沢千住博美術館は、例年年末から2月末まで、冬季休館になります。

 (本稿は2020年3月の取材に基づいています)

軽井沢 車椅子で使えるトイレがあるお店 焼肉ランタン

中軽井沢の焼肉迎賓館ランタンさんは、車椅子で利用できる大きなサイズのトイレが用意されているお店です。車椅子からみたお店の詳細をお伝えします。

軽井沢 車椅子で使えるトイレがあるお店 焼肉ランタン

アクセスは車が便利です。お店の前に駐車場がありますが、未舗装の砂利路面です。ただし、ゆっくり移動すれば車椅子で通過可能です。

軽井沢 車椅子で使えるトイレがあるお店 焼肉ランタン

軽井沢 車椅子で使えるトイレがあるお店 焼肉ランタン

お店の入口は車椅子用のスロープがあります。中央部が段差構造で、車椅子のタイヤが乗る両サイドがスロープになっています。一般的な車椅子ならタイヤサイズに合う幅です。距離は短いながら傾斜角度はそれなりにあります。介助者がいると安心なスロープです。

軽井沢 車椅子で使えるトイレがあるお店 焼肉ランタン

軽井沢 車椅子で使えるトイレがあるお店 焼肉ランタン

お店の出入口は手動ドアです。ここも介助者がいると助かる構造です。

店内はフラットな構造です。固定式のテーブル椅子席と可動式のテーブル席があります。可動式なら車椅子で利用できます。

店内は天井が高くログハウス風で、軽井沢らしい雰囲気のお店です。

軽井沢 車椅子で使えるトイレがあるお店 焼肉ランタン

(本稿は2020年3月に取材に基づいています)

車椅子で行く軽井沢~旧三笠ホテル バリアフリー情報

軽井沢の観光スポット「旧三笠ホテル」は、館内に入るには階段を上り下足を脱ぐ仕様、2階建て構造でエレベーターはありません。車椅子のままでのホテル内覧は不可。車椅子からは外観だけの見学になります

しかしながら障害者手帳の提示で入館料は無料に減免されます。現地の状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2017年8月の取材に基づいています。

○アクセスは車

旧三笠ホテルは旧軽銀座から2km離れた場所に建ちます。自転車でのアクセスが人気ですが、車椅子利用者は車の利用が便利です。

敷地内には障害者用も含めて駐車スペースはありません。旧軽銀座方面から行くと、旧三笠ホテルを通り過ぎて200mほどの場所に、専用無料駐車場があります。

軽井沢~旧三笠ホテル バリアフリー情報

○駐車場は砂利路面で傾斜あり

この駐車場は未舗装で砂利面、近道の出入口は階段、車出入口は傾斜あり。車椅子には辛い駐車場です。健常な同行者が運転できるなら、車椅子利用者は旧三笠ホテル正面で乗降することをお薦めします。

軽井沢~旧三笠ホテル バリアフリー情報

○手帳で入館無料、障害者用トイレ有り

敷地入口に受付があり、ここで障害者手帳を提示すると本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。

敷地内はフラット路面なので、車椅子で外観を見学することは出来ます。

トイレは敷地内に一戸建ての公衆トイレがあり、障害者用トイレが併設されています。

車椅子で訪れ、無料で入館し、ホテル外観を鑑賞し、トイレを借りて帰る。このような車椅子観光は可能です。

軽井沢~旧三笠ホテル バリアフリー情報

○外観は心配になるほど

遠目でみると解りませんが、近づいて観ると心配になるほどボロボロです。建物の内部も手が入っているとは言い難い管理状況です。

保存修理工事は、1Fが1982年、2Fが1984年、外部塗装が1989年、屋根葺替は2003年に実施。屋根はまだともかく、内部と外壁はメンテナンスされてから、それなりの年月が経過しています。また現在の建築基準に適合する耐震工事は、実施されていません。

旧三笠ホテルは、軽井沢町が管理する国の重要文化財です。

軽井沢~旧三笠ホテル バリアフリー情報

○ホテルの歴史

三笠ホテルは明治39年開業のホテルです。歴史の概略を紹介します。

設立者は音楽家山本直純氏の祖父。開業して5年で山津波に襲われ日本館が流出。赤字続きで大正期に明治屋が買収。戦時中は外務省軽井沢出張所に。敗戦でGHQが接収。その2年後には米軍の失火により別館が焼失。1952年ホテル業再開。赤字続きで1970年廃業。長銀に差し押され、1980年に軽井沢町に寄贈される。1983年に一般公開開始。ホテルの歴史は波乱万丈です。

 

 

旧三笠ホテルは車椅子での内覧は出来ませんが、外観の見学は可能です。