国立新美術館 「ジャコメッティ展」 バリアフリー情報

国立新美術館 「ジャコメッティ展」 バリアフリー情報

国立新美術館で2017年6月14日から9月4日の開催。細長い彫像のポスターが印象的な「ジャコメッティ展」に車椅子で行きました。ゆったりスペースに立体的な展示、混雑もなく車椅子でとても観やすい企画展です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

「ジャコメッティ展」の観覧料は障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。会場はフラット構造でスペースに余裕あり。その上、とても車椅子で観やすい展示手法です。

国立新美術館「ジャコメッティ展」

○オーソドックスな年代順展示、その変化に驚く

展示構成はオーソドックスな年代順展示が基本です。

会場内は初期の作品、キュビスム・シュルレアリスムに影響を受けていた時代の作品展示からスタートします。

それに飽きたらず独自の道を進むジャコメッティ。リアリズムを追求すると、どんどん彫像作品が小さくなった、という時代の展示に移ります。

そして小さい作品からの脱却を図ったら細長くなったジャコメッティ作品へ。

ここまでの彫像を中心にした展示で、十分に観るものを引き付けます。

国立新美術館「ジャコメッティ展」

○普通の人による異常な創作

中盤は作品を通じてジャコメッティを知る展示。ルックスはごく平凡。パリの小さなアトリエで40年間制作をつづけた地味な生活。

その一方、モデルには微動もしない姿勢を強要。それを数百日間連続して要求。作品を創ってはすぐに破壊し、アトリエが戦場に。多数のデッサンの展示などを通じ、普通の人による異常な創作の様子が伝わります。

モデルをつとめてもらえたのは、親族友人など、ごく限られた人だけだったそうです。

国立新美術館「ジャコメッティ展」

○見たものを見えたように表現する理想を追求

展示場壁面を利用して、本人や関係者のコメントが書かれています。

ジャコメッティは「見たものを見えたように表現」することだけを追い求めた芸術家。コメントも普通の人ではありません。

国立新美術館「ジャコメッティ展」

○車椅子で「歩く男」と記念撮影できる

展示会終盤のコーナーは写真撮影可。大型の彫像作品3体と記念撮影ができます。スペースに余裕があるので、車椅子での鑑賞も快適です。

○お土産コーナーは要チェック

今回取材時は、展示会最後にあるお土産コーナーも空いていて、車椅子でも快適に回遊できました。

ネット上に多数の情報があがっているので詳述は避けますが、ダジャレ、ゴロ合わせ系の珍品が複数あります。これも見て楽しんでください。

会期末になると混むかもしれませんが、今回取材時は車椅子で快適に鑑賞でき、ジャコメッティの世界を堪能できる展示会でした。