国立新美術館 「開館10周年記念ウィーク」 バリアフリー情報

国立新美術館 「開館10周年記念ウィーク」 バリアフリー情報

「国立新美術館」は2017年1月21日で開館10周年です。1月20日から1月30日までが「開館10周年記念ウィーク」。このイベントに車椅子で参加しました。

○インスタレーション「数字の森」

エマニュエル・ムホー氏のデザインによるインスタレーション「数字の森」が展示されました。

インスタレーション設営作業を手伝う、ボランティアスタッフが公募されていました。1月8日から1月14日の間で、各日30人募集。高校生以上。一日参加も可という条件。募集してすぐに定員数のスタッフが集まりました。

無数の数字が織りなす、豊かな色彩のグラデーションの世界。車椅子での鑑賞は可能です。

インスタレーション「数字の森」

○プレゼントは「チケットフォルダー」

21日と22日の二日間だけ、来館者全員に配られたプレゼントは「チケットフォルダー」。10年を象徴する「10のグラデーション」でデザインされた素敵な記念品です。この「10のグラデーション」は、2017年通年使われるデザインです。

プレゼントは「チケットフォルダー」

○各種イベントが開催

この他に「開館10周年記念ウィーク」には、複数のシンポジュウムや公演、コンサート、美術館案内ツアーなどのイベントが開催されました。事前申し込みが必要なイベントはありますが、すべて無料の企画です。

各種イベントが開催

「国立新美術館」は車椅子で利用しやすいバリアフリー美術館です。