車椅子で行く 東京大学健康と医学の博物館 バリアフリー情報

東大本郷キャンパスにある「健康と医学の博物館」は、車椅子で利用できる施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年6月の取材に基づいています。

 

○東大病院・南研究棟の1F

アクセスルートを紹介します。

本郷キャンパス内の「東大病院外来診療棟」の隣に建つ「南研究棟」の1Fにあります。

東大病院・南研究棟の1F

外来病院棟側から建物内の小さなトンネルをくぐり「南研究棟」の中庭へ入ります。中庭の反対側に博物館のエントランスがあります。この区間に段差はなく、博物館エントランスへは緩やかなスロープ路です。

東大病院・南研究棟の1F

東大病院・南研究棟の1F

東大病院・南研究棟の1F

○2019年4月リニューアルオープン

「健康と医学の博物館」は2011年にオープン。そして2019年4月に現在の場所にリニューアルオープンしました。

2019年4月リニューアルオープン

博物館は新しくて綺麗です。そして中庭やカフェ&レストランも、車椅子で利用できる素敵な空間です。

2019年4月リニューアルオープン

○館内のバリアフリー概況

博物館入口から車椅子で館内へ。すぐに受付があります。

「健康と医学の博物館」は入館無料。そのまま館内へ進みます。

博物館はワンフロアでフラットな構造。常設展示室が3部屋。企画展示室が5部屋。そして特別展示室が1部屋あります。

館内奥に、とても綺麗な障害者用トイレが1つ用意されています。

館内のバリアフリー概況

○常設展で医学の歴史を知る

各展示室は連続して横につながる構造で、車椅子での移動に問題はありません。

常設展では東大医学部に関わる歴史の展示。すなわち日本の近代医学の歴史を学びます。

種痘所、ベルツ博士、世界初の胃カメラ、そして昔の医療器具など、貴重な資料の展示が続きます。

常設展で医学の歴史を知る

常設展で医学の歴史を知る

○企画展で現代の医学を知る

今回取材の企画展のテーマは「医療の今を知る」。人工関節、ウィルス、糖尿病、心臓疾患、脳卒中、高血圧、癌など、現代医学を展示解説します。

企画展全ての展示室は車椅子での見学が可能です。

企画展で現代の医学を知る

企画展で現代の医学を知る

○特別展で精神病を知る

今回取材時に開催されている特別展のテーマは「私たちのこころの医学」。うつ病、統合失調症など、精神の病気を解説します。また患者への支援活動の状況など、医学の域を超えた社会活動を紹介します。

特別展で精神病を知る

○土日も開館

「健康と医学の博物館」は水曜日と年末年始が休館。土日祝日は開館します。

 

東京大学健康と医学の博物館は、車椅子で利用出来るバリアフリー施設です。また「南研究棟」の中庭は、素敵な開放空間です。

車椅子で行く東京大学総合研究博物館本郷本館バリアフリー情報

東京大学の博物館「総合研究博物館本郷本館」は、車椅子で利用できる施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年3月の取材に基づいています。

 

○本郷キャンパス内へ

東大の総合研究博物館の本館は本郷キャンパス内にあります。場所は本郷三丁目よりで「懐徳門」から入るのが最短ルートです。わかり難い場合は「赤門」からキャンパスに入ってください。

東京大学総合研究博物館本郷本館

キャンパスは受験日などを除けばオープンです。総合研究博物館本郷本館の開館日はその時次第ですので、HPなどで確認してください。土日は閉館することがあります。

東京大学総合研究博物館本郷本館

○入口はスロープで手動ドア

東大はキャンパス内のバリアフリー化に力を入れています。すでに本郷キャンパス内は、すべての棟でスロープなどによる段差解消を実現し、障害者用トイレの配置が完了しています。

総合研究博物館本郷本館は、アプローチはスロープで段差回避。入口は手動ドアです。

東京大学総合研究博物館本郷本館

博物館への通路の脇には「さざれ石」と「アインシュタインのエレベーター」が屋外展示されています。

東京大学総合研究博物館本郷本館

東京大学総合研究博物館本郷本館

○1Fはバリアフリー

総合研究博物館はとても古い建物。それを何とかバリアフリーにしています。

建物内に入ると、左手にボランティアスタッフのコーナーがあります。車椅子での利用上の注意点などを教えていただけるので立ち寄ってください。

一部狭い箇所はありますが、1Fの鑑賞は車椅子でほぼ可能。2Fの展示室へは健常者は階段ルートですが、一般開放していない裏側にエレベーターがあるので誘導を受けてください。また障害者用トイレも1Fの裏側にあります。

東京大学総合研究博物館本郷本館

○UMUTオープンラボとは

東京大学総合研究博物館は「The University Museum、The University of Tokyo」。略称が「UMUT」。その公開スペースが「オープンラボ」です。

「真理の探究を目指して、標本資料を蓄積し、記載し、解析し、新しい理論を築く、人間の営みを集めたもの」が「UMUTオープンラボ」と定義されています。

東京大学総合研究博物館本郷本館

○正面は「コレクションボックス」

展示の解説が見えるアプリをダウンロードできます。また解説用タブレットの無料貸し出しがあります。

1F常設展示の最初は「コレクションボックス」。見ごたえのある希少な標本が並びます。オープンラボの展示物には解説がないので、アプリやタブレットの利用をお薦めします。

東京大学総合研究博物館本郷本館

○「標本回廊」から「無限の遺体」へ

その先は、壁面に標本が並ぶ「標本回廊」が続き、その横に3つの展示室が並びます。展示コーナー名は「学問の継承」「環境と生物」「モノの文化史」「無限の遺体」。

いずれのコーナーも東大が蓄積した標本資料が展示されます。

東京大学総合研究博物館本郷本館

○特別展示を開催中

その先は「特別展示室」。2019年3月2日から6月30日の間は「特別展 家畜」を開催。牛、馬、鶏などの家畜の標本が展示されます。

東京大学総合研究博物館本郷本館

東京大学総合研究博物館本郷本館

○先端科学の公開展示室

1F展示コーナーの最後は「時を刻む先端科学」。ガラス越しですが東大の研究施設が見学できます。

ガラスの向こうは「放射性炭素年代測定室」。「ペレトロン加速器」など先端技術の機械が並びます。

東京大学総合研究博物館本郷本館

○2Fは「西アジアとアンデス」

2Fの展示室は1つだけ。「エクスペディション 西アジアとアンデス」コーナーで、ネアンデルタール人の生活画像などが見学できます。

東京大学総合研究博物館本郷本館UMUTオープンラボのキャッチコピーは「太陽系から人類へ」。真理の探究を目指した東大の標本資料の一端を、車椅子で見学が出来る施設です。

車椅子で行く本郷給水所公苑バラ園と水道歴史館バリアフリー情報

東京のバラの名所「本郷給水所公苑」は給水所の屋上にあります。隣接する「東京都水道歴史館」と併せて、現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年5月の取材に基づいています。

 

「本郷給水所公苑」

○バラ園は無料開放

所在地は東京都文京区本郷。御茶ノ水駅と水道橋駅の中間にある、東京都水道局が管理する「本郷給水所」の上部を人工地盤にして造られた公苑です。

公苑は和風庭園と洋風庭園に分かれ、バラ園は洋風庭園にあります。53品種、300株のバラが植えられていると公表されています。

バラ園は無料開放

○車椅子用のスロープで入園

屋上庭園なので車椅子で行くとスロープを上ります。

スロープは2箇所あります。車椅子利用者に推奨されているスロープは、公苑の南側、順天堂大学側のスロープです。

順天堂大学側のスロープ

順天堂大学側のスロープ

公苑の西側のスロープは傾斜角度が強く、入口には自転車の通行を妨げる棒が3本立てられています。

公苑の西側のスロープ

○和風庭園は段差路

車椅子用の南側スロープを上ると和風庭園側に入ります。和風庭園内は段差路が多く、車椅子での庭園内散策には不向きな路面です。公苑の外周路がフラットなので、車椅子では公苑の縁に沿うようにして洋風庭園に進みます。

和風庭園は段差路

和風庭園は段差路

和風庭園は段差路

○バラ園は車椅子での散策可

洋風庭園内はほぼ全域車椅子で通行可能なフラット路面です。バラ園は車椅子で移動できます。開花シーズンは春と秋です。

バラ園は車椅子での散策可

バラ園は車椅子での散策可

バラ園は車椅子での散策可

バラ園は車椅子での散策可

バラ園は車椅子での散策可

「東京都水道歴史館」

○3F構造の無料施設

「本郷給水所」の一角に建てられた無料の歴史博物館です。来館者用の専用駐車場はありません。

1995年に開設された歴史館ですが、改装されて車椅子で見学ができます。3F構造でエレベーター有り。障害者用トイレは1Fに用意。多言語対応の音声ガイダンス端末の無料貸出サービスがあります。

見学コースは2Fから。2Fが江戸時代の水道の歴史の紹介、1Fが明治以後の歴史の紹介です。3Fはライブラリー。水道に関わる図書や資料があり、閲覧が出来るフロアです。

東京都水道歴史館

○2Fの展示

2Fには江戸時代に使われた水道管などの実物展示や、長屋の再現などがあります。

「玉川上水ものがたり」のコーナーは、玉川兄弟の上水開発の物語を、アニメと人形劇で紹介しています。

玉川上水は1654年に開設。江戸幕府が開かれて約50年後に完成した上水路。玉川上水が出来る前の江戸市民の、水に関わる苦労話も紹介。江戸市民の生活をかけた上水開発の歴史を学べます。

2Fの展示

○1Fの展示

エレベーターで降りると、1F展示順路の途中にでます。ここの展示構成は、コース順に従って見たほうが楽しめます。

「癒しの水風景」から、村山貯水池の取水塔の実物大のレプリカの中を通ります。

その先には、牛馬用・犬猫用・人間用と3つの水飲み場が設けられた水道栓「馬水槽」のレプリカ。日本最大級の水道管の展示があり、明治以後の近現代水道が学べます。

村山貯水池は1927年、山口貯水池は1934年、そして小河内ダムが1957年の完成です。

現在の東京都内の区市の水道供給ライン編成の解説があります。この区は「金町浄水場」ライン、あの区は「朝霞浄水場」ライン、というエリア別の分布が可視化された模型で学べます。複雑にラインが入り組んだエリアや飛び地などがあり、とても勉強になります。

1Fの展示

 

「本郷給水所公苑」は車椅子でスロープを上りバラ園を楽しめます。

「東京都水道歴史館」は車椅子で問題なく見学が出来るバリアフリー施設です。