弥生美術館・竹久夢二美術館 足が悪い人のためのバリアフリー観覧情報

弥生美術館・竹久夢二美術館

東京都文京区にある、2つの美術館が連結した構造の私立美術館です。素敵な美術館ですが、館内は階段構造でエレベーターはなく、車椅子での観覧は出来ません。また足が悪いレベルの人でも、階段が多いので苦戦する可能性があります。ご自身やご家族の利用の可否が判断できるように、現地の状況を紹介します。

 

○アクセス情報

東京大学本郷キャンパスの弥生門の前に建つ美術館です。来館者用の駐車場はありません。車寄せもありません。

地下鉄の根津駅または東大前駅から徒歩7分の案内です。

根津駅からは言問通りのきつい上り坂を通り、暗闇坂を下ります。

東大前駅からは、言問通りの緩い下り坂を通り、暗闇坂を下ります。

坂道のレベルで比較すると、東大前駅からのアクセスのほうが、少し楽です。

 

○エントランス周辺の状況

石畳のアプローチを通り、手動ドアを開けて館内に入ります。

弥生美術館・竹久夢二美術館

すぐ左に受付があり、両館共通の観覧券を購入します。会計は現金のみ、観覧料の障害者減免制度はありません。現在コロナ対策で、入館は予約制です。1時間単位の入館時間をWebで予約します。

カフェは石畳アプローチに面しています。館内からではなく、アプローチから出入りします。

館内の受付の先にミュージアムショップがあります。その先が弥生美術館の1F展示室です。

弥生美術館・竹久夢二美術館

○観覧ルートと階段の状況

各展示室内の床に段差はありません。観覧ルートは弥生美術館の1Fから2F、そして3Fへ階段で上がります。そして2Fに階段で戻ります。弥生美術館の2F展示室奥と竹久夢二美術館の2Fが通路で直結しています。

竹久夢二美術館は2フロア構造です。2F展示室を観覧してから、階段で1Fに下りて1F展示室を観覧します。

弥生美術館の1Fから3Fまでの階段は、一般的な幅と間隔の階段です。移動に負荷がある急階段は、竹久夢二美術館の2F から1Fです。この区間には手摺があります。平地は普通に歩行している高齢の方でも、手すりにつかまって慎重に下りる必要がある階段です。膝が悪い人には、かなり辛い階段かもしれません。

 

○トイレの状況

トイレは洋式ですが、基本的な構造は狭いトイレです。

弥生美術館の2Fに男女別トイレ。竹久夢二美術館の2Fのトイレは、男性用は故障していて、女性用のみ使用可。そして竹久夢二美術館を出た先にある、弥生美術館の1Fに男女兼用の個室が1つあります。

 

○館内の休憩場所

休憩室はとくにありません。各展示室内に椅子があり、座って休憩することができます。ただし展示室内の通路に、スツールが置かれている状態なので、あまり落ち着いて座っていられる雰囲気ではありません。足腰が万全ではない人は、こまめに座って休憩をとり、疲れをためないように気を付けてください。

 

○記念撮影コーナー

竹久夢二美術館の1F出口の先が、屋内記念撮影コーナー。ガラス面から綺麗な中庭を眺めることができます。ただし空間的な余裕はあまりありません。出口の開閉に気を配りながら、さっと写真を撮り、次の人に場所を譲るイメージです。

 

弥生美術館と竹久夢二美術館は素敵な施設ですが、5つの展示室をすべて階段で上り下りして観覧する美術館です。足腰が万全ではない人は、利用の可否を慎重に判断してください。

(本稿は2020年11月に執筆しました)