赤城山 山頂周辺の車椅子観光 バリアフリー情報

赤城山 山頂周辺の車椅子観光 バリアフリー情報

群馬県の4市1村にまたがる赤城山は、12の山で構成される連山の総称です。代表的な観光コースは、南面の県道を上がり、大沼付近を散策するコースです。大沼周辺には複数の観光スポットがあります。車椅子で利用できる施設や散策できるルートはどこか。現地のバリアフリー状況を紹介します。

ただし冬季は大沼が全面氷結する寒冷地なので、多くの施設は休館します。開館状況は年によって変わるので、利用前に各施設に確認してください。

 

「赤城山総合案内所」

山頂へ向かう県道沿い、大沼の手前にある観光施設です。この案内所は車椅子で利用出来ます。

駐車場に障害者用駐車区画はありません。施設前の駐車場はほぼフラットなので、乗降しやすい場所を探して利用して下さい。

施設は「案内所」と「トイレ」そして「展望デッキ」で構成されます。

案内所の出入口は段差回避されています。

赤城山総合案内所

館内はフラットで、赤城の自然、由来の人々などの紹介があり、ソフトクリームなどが楽しめる軽食コーナーがあります。

赤城山総合案内所

赤城山総合案内所

赤城山総合案内所

トイレは半屋外型でウォシュレット付きの障害者用トイレが1つ用意されています。

案内所の隣接地は「赤城白樺牧場」です。展望デッキは、牧場方面を展望します。放牧されている家畜が、近くで草を食んでいることがよくあります。展望デッキはフラット構造で、案内所の手前から段差なくアクセスすることが出来ます。

赤城山総合案内所

赤城山総合案内所

赤城山総合案内所

赤城山総合案内所

「大沼周辺」

カルデラ湖大沼周辺には、複数の無料駐車場があり、自由に湖畔にアクセスできます。ただし湖畔は未舗装路面で、場所によってはかなり激しいデコボコ面や、石、砂利面です。車椅子では無理のない範囲での散策になります。

大沼周辺

冬季は湖畔も湖面も、全面的に氷結します。寒さに強く、かつ凍結路面を車椅子で移動出来る人なら、車椅子で湖面に立つことが出来ます。もちろんハードな観光になるので、無理はしないでください。

 

「赤城神社」

現時点では赤城神社の「神橋」は、経年劣化が激しく危険なため通行禁止です。そのため、神橋を通らない場所にある駐車場を利用します。

赤城神社

この駐車場は未舗装で、路面は荒れています。境内の近くに「思いやり駐車場」の看板が置かれている場所があります。駐車区画はありませんが、2~3台は駐車できるスペースがあります。

赤城神社

神社の周辺は未舗装路面です。固くて砂利が薄いルートを選べば、車椅子で移動来出ないことはありません。

赤城神社

手水舎は段差があり車椅子では利用しにくい構造です。

赤城神社

境内へは階段路ですが、段差回避する迂回スロープがあります。

赤城神社

赤城神社

ただしスロープから社務所へは行けますが、本殿前には段差を乗り越えないと行けません。

赤城神社

そして拝殿は、更に段差の上でスロープはありません。

赤城神社

したがって赤城神社は、「思いやり駐車場」から「社務所」まで、車椅子で移動できます。

赤城神社

「赤城山ビジターセンター」

覚満淵入口近くにある案内所です。駐車場には障害者用駐車区画はありませんが、フラットな舗装路面なので、車椅子で利用出来ます。

ビジターセンターの出入口はやや狭い構造ですが、決定的な段差はなく、車椅子で入館可能です。ガイドスタッフが駐在しています。館内には赤城山を紹介する展示室があります。

そして障害者用トイレが1つ用意されています。

 

「覚満淵」

木製歩道が用意される覚満淵ですが、その歩道まで車椅子でアクセスできるルートがありません。いずれのルートも、段差やひどいデコボコがあります。車椅子で覚満淵に近づくことは困難です。

赤城山ビジターセンターのガイドスタッフさんの情報では、覚満淵へのバリアフリールートの整備が計画されているそうです。

 

「小沼」

小沼見学者用の駐車場があり、そこには障害者用駐車区画が用意されています。

赤城神社

駐車場から道を渡った先が小沼へのハイキングコースの入口です。ただし入口すぐから未舗装の悪路です。車椅子で小沼へ進むことは出来ません。

赤城神社

以上、赤城山山頂周辺の主な観光施設、観光スポットの、車椅子から見たバリアフリー状況です。

(本稿は2020年6月に執筆しました)