赤城山の小尾瀬 覚満淵 バリアフリー木道 車椅子散策ガイド

赤城山覚満淵

群馬県前橋市、赤城山の標高1,360mに位置する覚満淵は、周囲1kmほどの小さな湿原で湿生植物と高山植物の宝庫です。覚満淵を一周する木道がありますが、経年劣化が進みました。2021年より木道の再整備事業が始まり、車椅子で覚満淵に行くことが出来るバリアフリー木道の整備が進められています。2022年夏の覚満淵バリアフリー木道の状況を紹介します。

覚満淵

赤城山覚満淵へのアクセスは車が便利です。車椅子散策の起点は「県立赤城公園ビジターセンター」。無料駐車場が用意されています。身障者用駐車スペースの設定はないので、車椅子で乗降しやすい場所に駐車してください。

赤城山ビジターセンター

県立赤城公園ビジターセンター内にバリアフリートイレがあります。一般的なサイズの個室で、シンプルな設備のトイレです。

赤城山ビジターセンター

ビジターセンター前から道路を横断した先に、覚満淵へのバリアフリールートの起点があります。道路から舗装路面を通り移動できます。

赤城山覚満淵

バリアフリールートを進むとほどなく、鹿侵入防止ネットが設置されています。手動の横開きネットで、力を入れることなく簡単に開閉できます。車椅子でネットを通過して覚満淵へ進みます。

赤城山覚満淵

ネットの先で舗装路面からバリアフリー木道に変わります。新しく整備された木道はフラットで、車椅子で問題なく移動できます。ただし車椅子のすれ違いは難しい幅なので、前方の状況を確認しながら譲り合ってバリアフリー木道を散策する必要があります。

覚満淵

森の中をバリアフリー木道が続きます。すぐに覚満淵が見えてきます。

赤城山覚満淵

覚満淵に近づきました。一部舗装路面の箇所から覚満淵に沿ってバリアフリー木道が続きます。

赤城山覚満淵

高山植物の群生の中をカーブしながらバリアフリー木道が続きます。

赤城山覚満淵

バリアフリー木道は覚満淵へ向かい直角に曲がります。

赤城山覚満淵

覚満淵へまっすぐに伸びる木道が、現時点でのバリアフリー木道の終点です。

覚満淵

そこから先の覚満淵を一周する木道は、車椅子では通行できない老朽化した荒れた路面です。ただし通行禁止ではありません。一般ハイカーはこの先も木道を散策できます。

覚満淵

バリアフリー木道の起点側につながる反対側の老朽化した木道は、一般ハイカーも通行禁止です。

赤城山覚満淵

バリアフリー木道の終点から、美しい覚満淵の景観が楽しめます。水面を眺めると、多数のオタマジャクシが泳いでいるのが見えました。

赤城山覚満淵

車椅子では覚満淵一周は出来ません。景観を楽しんだ後はバリアフリー木道を引き返します。

県立赤城公園ビジターセンターには、お洒落なカフェが営業しています。席を選べば車椅子で利用できます。

赤城山ビジターセンター

バリアフリー木道の整備は、今後も続けられると思われます。赤城山の覚満淵は、車椅子で散策が楽しめる湿原です。なお赤城山山頂周辺全体のバリアフリー状況については、別稿「赤城山 山頂周辺の車椅子観光ガイド バリアフリー情報」を参照してください。

(本稿は2022年8月に執筆しました)