障がいのある人にもお薦め「オラファー・エリアソン展」東京都現代美術館

東京都現代美術館

東京都江東区にある東京都現代美術館の展覧会「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」は、車椅子でも参加できる体験型の作品が多く、身体障がいのある人、そして知的あるいはコミュニケーション面での障がいのある人にもお薦めできる展覧会です。

会期は2020年6月9日から9月27日まで。観覧料は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者2名までが無料に減免されます。

車椅子で観覧した展覧会の様子を紹介します。

「オラファー・エリアソン展」東京都現代美術館

〇会場は地下展示室

東京都現代美術館はバリアフリー施設です。車椅子での利用に大きな問題はありません。

「オラファー・エリアソン展」の会場はB2展示室です。企画展示室の総合受付で障害者手帳を提示して入館します。地階への一般ルートは階段ですが、車椅子利用者用のエレベーターが受付右手の奥にあります。

「オラファー・エリアソン展」東京都現代美術館

〇光の立体作品

重度重複障がいの人にもお薦めできる作品を抜粋して紹介します。

「太陽の中心への探索」は、ソーラーエネルギーで光と動きを生み出しています。

「オラファー・エリアソン展」東京都現代美術館

〇観覧者が作品になる光

展示室には床にライトが置かれているだけです。その前を観覧者が横切ると、動いているときだけ見える作品が展開されます。会場の皆さん、壁の前で動いて踊って、作品を楽しんでいます。

作品名は「あなたに今起きていること、起きたこと、これから起きること」です。

「オラファー・エリアソン展」東京都現代美術館

〇回転するガラス板

作品のタイトルは「おそれてる?」。3枚のガラス板はそれぞれ特定の波長を反射または透過させる加工がなされています。色が合わさる瞬間だけ見える世界が展開します。

「オラファー・エリアソン展」東京都現代美術館

〇ときに川は橋となる

展覧会のタイトルになっている作品です。暗幕に囲まれた巨大な空間の中に、水が張られたシャーレが置かれ、12のスポットライトで照らされます。水面が揺れると、さざ波のような光が空間に広がります。

東京都現代美術館の空間を生かした、本展のための新作です。

「オラファー・エリアソン展」東京都現代美術館

〇車椅子で虹の中に入る

暗い空間の中に、ミストシャワーがあり、そこに虹がかかります。作品名は「ビューティー」。車椅子で虹の向こうに渡ることができます。

本物のミストシャワーなので、その下にいると本気で濡れます。

「オラファー・エリアソン展」東京都現代美術館

主な作品を紹介しました。ほかにも面白い作品が多々あります。幅広い層の方にお薦めできる展覧会です。