東京都現代美術館「マーク・マンダース」展 バリアフリー情報

東京都江東区の東京都現代美術館で開催。マーク・マンダースの国内美術館初となる個展です。会期は2021年3月20日から6月20日まで。会場は企画展示室3Fです。

東京都現代美術館「マーク・マンダース」展

大型の作品が多く、車椅子で鑑賞しやすい展示です。バリアフリーに「凍結した瞬間」を楽しめます。

東京都現代美術館「マーク・マンダース」展

東京都現代美術館はバリアフリー施設です。また「マーク・マンダース」展は観覧料の障害者減免制度があり、本人と介助者2名までが無料に減免されます。

会場入口で障害者手帳を提示して減免措置を受けて入室します。一般利用者はエスカレーターで3Fへ上がりますが、車椅子ではエレベーターを利用します。スタッフの案内に従ってください。

3F 会場内は全く段差のない構造で、鑑賞スペースは余裕があり、また展示作品のほとんどは大型なので、車椅子で問題なく鑑賞できます。

東京都現代美術館「マーク・マンダース」展

会場の面積は約1,000㎡。作家はこの広さ全体を一つの作品として構想したそうです。一つひとつの作品を個別に鑑賞するのも勿論ですが、展示会場を一巡してから、会場全体を一つの家、または一人の人物としてとらえ直して、二巡目の鑑賞を楽しむことをお薦めします。鑑賞通路は一部ビニールシートが敷かれていますが、車椅子での移動に問題はありません。

東京都現代美術館「マーク・マンダース」展

超大型の作品は、どのようにして移動するのか。よほど上手に運ばないと、損傷しそうな作品群です。展示運営方法の解説が欲しいと思いました。

東京都現代美術館「マーク・マンダース」展

様々な解釈が可能な彫刻やインスタレーションが一つに空間に配置されます。東京都現代美術館「マーク・マンダース」展は、バリアフリーな企画展です。

東京都現代美術館「ライゾマティクス」展 バリアフリー情報

東京都江東区の東京都現代美術館の企画展「ライゾマティクス_マルティプレックス」。会期は2021年3月20日から6月20日。創立15周年を迎えるライゾマティクスの美術館における初の大規模個展で、テクノロジーを活用した斬新な表現を車椅子で楽しめます。ただし光と音の刺激に問題のある人は、注意して観覧してください。

東京都現代美術館「ライゾマティクス」展

東京都現代美術館はバリアフリー施設です。駐車料金の障害者減免措置があり、館内はバリアフリー仕様で、バリアフリートイレは複数箇所に配置されています。

東京都現代美術館「ライゾマティクス」展

「ライゾマティクス_マルティプレックス」の観覧料は、障害者減免制度があり、本人と介助者2名まで無料に減免されます。会場は企画展示室B2です。

受付で障害者手帳を提示して減免措置を受けて入室します。一般利用者はエスカレーターでB2へ下りますが、車椅子利用者はエレベーターを利用します。スタッフの案内に従ってください。展示会場内はフラットな構造で、観覧スペースは余裕があります。車椅子での観覧に大きな問題はありません。

エントランスの展示から、テクノロジーが駆使されています。そして次の展示スペースでは、ライゾマティクスの歴史が、映像インスタレーションで映し出されます。ここまでの作品は、光の点滅はありますが、激しいフラッシュ効果はありません。

東京都現代美術館「ライゾマティクス」展

この先からが展示の中核作品になります。「Rhizomatiks×ELEVENPLAY multiplex」は、ビジョンに映し出されるインスタレーションを鑑賞するコーナーと、同じテーマをリアル演出で干渉するコーナーがあります。特にリアル演出作品は、大音響と一部激しい光の点滅があります。刺激に弱い人は気をつけて鑑賞してください。

東京都現代美術館「ライゾマティクス」展

東京都現代美術館「ライゾマティクス」展

東京都現代美術館「ライゾマティクス」展

もう一つの目玉展示が「particles 2021」です。巨大なレールの上を多数のボールが転がりながら、幻影的な残像を生み出すアートです。この作品はフラッシュ効果を利用しています。光の点滅に弱い人は、鑑賞を避けることをお薦めします。また音響もある種の不協和音を用いているので、音に敏感な人も注意して鑑賞してください。作品そのものは、ライゾマティクスの世界観が見事に表現された秀作です。

東京都現代美術館「ライゾマティクス」展

「Rhizomatiks×ELEVENPLAY multiplex」と「particles 2021」以外のインスタレーション展示は、各種の刺激に弱い人でも問題なく鑑賞できます。

東京都現代美術館「ライゾマティクス」展

東京都現代美術館「ライゾマティクス」展は、車椅子で鑑賞できるバリアフリー展示です。ただしフラッシュ効果や大音響があります。展示会場にはその旨の案内や注意喚起の告知はありません。刺激に弱い人は十分に注意して鑑賞してください。

東京都現代美術館「石岡瑛子」展 車椅子観覧バリアフリー情報

「血が、汗が、涙がデザインできるのか」。木場の東京都現代美術館で2020年11月14日から2021年2月14日まで開催。「石岡瑛子」展は、秀でた展示企画が魅力の企画展です。

「石岡瑛子」展の観覧料は障害者減免制度があり、本人と介助者2名まで無料に減免されます。会場入口で障害者手帳を提示して入場します。

会場は企画展示室の1FとB2です。最初に1Fの展示を観覧してから、車椅子ではエレベーターでB2へ移動します。会場スタッフの誘導に従ってください。

概ね石岡瑛子氏の作品が年代順に展示されています。数えると19の展示コーナーがあります。すべてのコーナーが、車椅子で問題なく観覧できます。

資生堂やパルコの仕事のイメージが強い石岡瑛子氏ですが、こんなに様々な仕事を、数多く手がけていたのかと、驚かされました。

石岡瑛子氏の仕事を紹介する展示が、よくできています。「石岡瑛子」展は、企画者の企画力が光る企画展です。

展示室内は撮影禁止のため、写真での紹介はできません。ぜひ会場でご覧ください。