東京都現代美術館「マーク・マンダース」展 バリアフリー情報

東京都現代美術館「マーク・マンダース」展

東京都江東区の東京都現代美術館で開催。マーク・マンダースの国内美術館初となる個展です。会期は2021年3月20日から6月20日まで。会場は企画展示室3Fです。

東京都現代美術館「マーク・マンダース」展

大型の作品が多く、車椅子で鑑賞しやすい展示です。バリアフリーに「凍結した瞬間」を楽しめます。

東京都現代美術館「マーク・マンダース」展

東京都現代美術館はバリアフリー施設です。また「マーク・マンダース」展は観覧料の障害者減免制度があり、本人と介助者2名までが無料に減免されます。

会場入口で障害者手帳を提示して減免措置を受けて入室します。一般利用者はエスカレーターで3Fへ上がりますが、車椅子ではエレベーターを利用します。スタッフの案内に従ってください。

3F 会場内は全く段差のない構造で、鑑賞スペースは余裕があり、また展示作品のほとんどは大型なので、車椅子で問題なく鑑賞できます。

東京都現代美術館「マーク・マンダース」展

会場の面積は約1,000㎡。作家はこの広さ全体を一つの作品として構想したそうです。一つひとつの作品を個別に鑑賞するのも勿論ですが、展示会場を一巡してから、会場全体を一つの家、または一人の人物としてとらえ直して、二巡目の鑑賞を楽しむことをお薦めします。鑑賞通路は一部ビニールシートが敷かれていますが、車椅子での移動に問題はありません。

東京都現代美術館「マーク・マンダース」展

超大型の作品は、どのようにして移動するのか。よほど上手に運ばないと、損傷しそうな作品群です。展示運営方法の解説が欲しいと思いました。

東京都現代美術館「マーク・マンダース」展

様々な解釈が可能な彫刻やインスタレーションが一つに空間に配置されます。東京都現代美術館「マーク・マンダース」展は、バリアフリーな企画展です。