東京都写真美術館「あしたのひかり」展 車椅子バリアフリー情報

東京都写真美術館「あしたのひかり」展 

東京都写真美術館(TOP)で毎年開催される「日本の新進作家」展です。「あしたのひかり Twilight daylight」は、2020年7月28日から9月22日の開催。会場は2F展示室です。

東京都写真美術館「あしたのひかり」展 

東京都写真美術館はバリアフリー施設で、車椅子でのアクセスや観覧に大きな問題はありません。

「あしたのひかり Twilight daylight」の観覧料は障害者減免制度があり、本人と介助者2名まで無料に減免されます。1Fの受付で障害者手帳を提示して、無料鑑賞券を発券していただきます。

本展では6名5組の作家が紹介されています。必ずしも年齢的に若手ばかりではありません。最年長の原久路氏は1964年生まれです。最年少は赤鹿麻耶氏で1985年生まれ。大阪を拠点に活動されています。

東京都写真美術館「あしたのひかり」展 

展示は作家別のコーナー展示で、ほとんどの作品はオーソドックスな壁掛け展示が主体で、車椅子からの鑑賞は可能です。

大型の作品が吊り下げ展示されるコーナーなどがありますが、動線に余裕があるので、車椅子での移動に困ることはありません。

東京都写真美術館「あしたのひかり」展 

東京都写真美術館「あしたのひかり」展 

「あしたのひかり Twilight daylight」は、新しい表現の力を車椅子で楽しめるバリアフリーな企画展です。