東京都写真美術館「イメージを読む 場所をめぐる4つの物語」バリアフリー情報

東京都目黒区の東京都写真美術館(TOP)のコレクション展です。2019年の年間テーマは「イメージを読む」。第一期の企画展は4人のアーティストによる「場所をめぐる4つの物語」。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

○所蔵作品は35,000点超

「イメージを読む 場所をめぐる4つの物語」の会期は2019年5月14日から8月4日。会場はTOPの3階展示室です。

TOPのコレクション総数は35,000点以上。その中から選ばれた4つのシリーズの展示会です。

所蔵作品は35,000点超

○会場のバリアフリー状況

TOPは恵比寿ガーデンプレイス内の施設。大規模な改修工事を経てバリアフリーになりました。車椅子での利用に大きな問題はありません。

また「イメージを読む 場所をめぐる4つの物語」の観覧料は、障害者手帳の提示で本人と介助者2名までが無料に減免されます。

TOPの3階展示室の出入口に幅の狭い小さな傾斜箇所があります。車椅子ではゆっくり進むようにしてください。

会場のバリアフリー状況

○カントリードクターの責任を写す

最初の展示はW.ユージン・スミスの「カントリードクター」。1948年の作品。町でただ一人のドクターが、住民全員のあらゆる医療を一人で背負っています。このドクターは30代後半ということ。責任とプライド、そして疲労が映し出されます。

車椅子での作品観覧に大きな問題はありません。

カントリードクターの責任を写す

○軍艦島の生を写す

次の展示は奈良原一高の「人間の土地 緑なき島 軍艦島」。1954年から1957年にかけて製作されたシリーズです。

2015年、世界文化遺産に登録された海底炭鉱の島での、人々の限界に挑む生を写しだします。労働者のみならず、その家族、子供達のギリギリの日常が今に伝わります。

小型の作品が多いので、車椅子で作品に近づいて観覧します。

軍艦島の生を写す

○出羽三山の修験道

3つの目の展示は内藤正敏の「出羽三山」。1980年から1982年にかけて、内藤氏が自ら修行者となったドキュメンタリーです。宗教学および民俗学からの解析が面白い。インパクトのあるカラー写真が中心で、車椅子からとてもみやすい展示です。

 

○調布の空を長時間露光

最後の展示は山崎博の「Ten Points Heliography」。1982年に製作された長時間露光写真シリーズです。調布の空にカメラをむけて3時間に一度シャッターを切る心情が紹介されています。

大型作品と中央部にケース展示物があります。車椅子からの観覧に問題はありません。

調布の空を長時間露光

東京都写真美術館「イメージを読む 場所をめぐる4つの物語」は、車椅子で観覧できるコレクション展です。

東京都写真美術館「宮本隆司 いまだ見えざるところ」バリアフリー情報

東京都目黒区の東京都写真美術館(TOP)で「宮本隆司 いまだ見えざるところ」展が開催。会期は2019年5月14日から7月15日まで。車椅子からみた会場のバリアフリー状況を紹介します。

○総合受付で観覧手続き

東京都写真美術館(TOP)の有料企画展の多くは、観覧料の障害者減免があります。「宮本隆司 いまだ見えざるところ」展は、障害者手帳の提示で本人と介助者2名までが無料に減免。1Fの総合受付で手帳を提示すると、無料観覧券を発行していただけます。

総合受付で観覧手続き

○展示会場のバリアフリー状況

本展はTOPの2階展示室が会場です。

受付を正面からみて右側が入口、左側が出口の設定になります。入口と出口の箇所がそれぞれ、段差ではありませんが、小さな傾斜があります。慎重に移動すれば車椅子が引っかかることはありません。

会場内はフラットな構造です。

 

○都市の作品は小型中心

展示は作品のテーマ単位に構成されます。それがほぼ創作年代順でもあります。

展示の最初は主に1980年代に撮られた都市や建築物に関する作品です。車椅子からの観覧に大きな問題はありませんが、サイズが小さい作品が多く近づいて観覧する必要があります。

都市の作品は小型中心

○シマの作品は大型

最後の大きな展示空間は、徳之島を舞台にしたシマがテーマの作品群の展示。2014年からのプロジェクトです。

このコーナーは贅沢に空間を使った大きな作品の展示。さとうきびの動画、巨大なピンホール作品、シマの人々のポートレートなどで構成されます。企画展のテーマ「いまだ見えざるところ」をシマの日常で表現します。

 

○図書室で関連図書コーナー

TOPの4F図書室では、宮本隆司氏の関連図書コーナーを開設。24点の図書が閲覧できます。

図書室で関連図書コーナー

東京都写真美術館「宮本隆司 いまだ見えざるところ」は、すべての作品を車椅子で観覧できる企画展です。

東京都写真美術館「世界報道写真展2019」バリアフリー情報

東京都目黒区、恵比寿ガーデンプレイス内の東京都写真美術館で、2019年6月8日から8月4日の開催。「世界報道写真展2019」を車椅子で観覧しました。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○第62回目の開催

世界報道写真展は第一回開催が1956年。2019年で62回目の開催です。

今回は世界129の国と地域から4,738人のフォトグラファーが参加。計78,801点の応募がありました。この中から受賞した25か国43人の作品が展示されます。

「世界報道写真展2019」は世界中の約100カ所で開催されます。日本では東京都写真美術館から、大阪、滋賀、京都、大分に巡回します。

世界報道写真展2019

○東京都写真美術館のバリアフリー状況

東京都写真美術館は車椅子で利用出来る施設です。

恵比寿駅からは15分ほどの距離ですが、雨に濡れない移動ルートがあります。

恵比寿ガーデンプレイスは地下駐車場あり。東京都写真美術館の建物前には、事前予約制の身体障害者専用駐車スペースが1台分あります。

企画展の観覧料は障害者手帳の提示で、本人と介助者2名まで無料に減免されます。

館内はバリアフリーで車椅子での利用に大きな問題はありません。

東京都写真美術館のバリアフリー状況

○展示会場のバリアフリー状況

「世界報道写真展2019」はB1展示室が会場です。1Fフロアから2基あるエレベーターでB1へ移動します。

会場内はフラット構造でスペースに余裕があります。いずれの作品も車椅子からみやすい展示です。

展示会場のバリアフリー状況

○ポスターの作品は移民の子ども

ポスターの写真は、2018年6月12日に米国テキサス州で撮られた一枚。ホンジュラスからの移民の母親が取り調べを受けている足元で、子どものヤネラちゃんが泣き叫んでいます。単写真で第一位の大賞作品です。

展示会場のバリアフリー状況

○8部門からの作品群

大賞作品は「スポットニュースの部」の作品です。この他に「一般ニュースの部」「環境の部」「現代社会の問題の部」「スポーツの部」「自然の部」「ポートレートの部」「長期取材の部」の計8部門から構成されます。

凄惨な現場、悲しい現実を写した作品から、自然の美、ユーモラスな現場を写した作品まで、報道のテーマは様々です。

 

2018年に世界で何が起こっていたのかを改めて知る企画展です。「世界報道写真展2019」は車椅子で観覧できます。