車椅子で行く恵比寿~東京都写真美術館バリアフリー情報

東京都写真美術館

恵比寿ガーデンプレースの一角に建つ「東京都写真美術館」は、2年に及ぶ大改修を経て、2016年9月にリニューアルオープンしました。車椅子目線でのバリアフリー状況を詳しく紹介します。

車椅子で行く恵比寿~東京都写真美術館バリアフリー

 

○先端のバリアフリー美術館

大改修によって、東京都写真美術館は素晴らしいバリアフリー美術館に生まれ変わりました。B1から4Fの5フロア構造で、展示室はB1・2F・3F。1Fはホールとカフェ、そしてスタジオ。4Fには図書室があります。

障害者用トイレは各階に配置。エレベーターは2基に増設。各フロア内はフラットで展示室内はフローリング化。車椅子で快適に利用できます。

東京都写真美術館

○障害者減免有り

企画展により観覧料は変りますが、有料企画展は障害者手帳の提示で、本人と介助者2名まで無料に減免されます。企画展示室入口で手帳を提示してください。

ただし1Fのスタジオで有料上映される作品の鑑賞は、無料にはなりません。障害者手帳の提示で、料金が減免にはなります。企画により設定が変わるので、個別に確認して下さい。

東京都写真美術館

○障害者用駐車スペースあり

身体障害者手帳を持つ人だけが利用出来る、障害者用駐車スペースが1台分あります。事前予約制で、原則2時間まで。料金は無料です。

場所は2Fの南口エントランスから階段で降りてすぐ右側の道沿い。予約した来館時間に障害者用駐車スペースに車を停めて乗降していると、警備のスタッフがきて駐車許可書を渡していただけます。この許可書をダッシュボードの上など、外から見える場所に置くのがルールです。

駐車場に屋根はありません。駐車場から車椅子での段差回避ルートは、「恵比寿ガーデンプレースタワー」の車寄せから東京都写真美術館へと向かいます。この間雨天は濡れます。

恵比寿ガーデンプレースの有料地下駐車場を利用すると、濡れずに東京都写真美術館に行くことができます。

東京都写真美術館

○雨の日の恵比寿駅からのルート

車椅子で恵比寿駅からのアクセスは、スカイウォーク経由が便利です。雨の日に濡れずにアクセスするには、スカイウォークの終点にあるエレベーターでB1へおり、「恵比寿ガーデンプレースタワー」側でエレベーターに乗り1Fへ。そして屋根の下を通り東京都写真美術館へ向かいます。上下階移動があり、距離的には長くなりますが、雨天でも濡れずに車椅子で行くことができます。

東京都写真美術館

 

○展示手法のバリアフリー状況

展示のバリアフリー状況はそれぞれの企画展次第なので、一概にはいえませんが、おおよその傾向はあります。

写真が展示される企画展なので、壁面に写真を飾るシンプルな展示手法が多く、車椅子から決定的に見えない展示は滅多にありません。ただし小さな写真や資料などを、ケースに収容して展示する場合、車椅子から見やすいように斜めに展示できるショーケースがありません。車椅子からでは見にくい、展示物を真上から除きこむタイプのショーケースが使用されることが、時々あります。

東京都写真美術館

○次々に開催される企画展

一般展示室が3フロア。上映スタジオは1フロア。ここで次々に企画展が開催されます。もちろん展示替え期間はそれぞれありますが、印象としては常時4本の企画展が開催しているよう。ほぼ途切れなく、企画展が開催されています。

東京都写真美術館

 

「東京都写真美術館」の新しい愛称は「トップミュージアム」。トップとは、Tokyo Phot・・・のTOPです。TOPは、車椅子で安心して利用出来る、バリアフリーレベルが高い美術館です。

恵比寿ガーデンプレイス全体のバリアフリー状況は、別項「車椅子で行く恵比寿ガーデンプレイス バリアフリー情報」をご参照ください。リンクして別タブが開きます。