車椅子で行く新宿~東京オペラシティ バリアフリー情報

東京オペラシティ 

コンサートホール、NTTインターコミュニケーションセンターなどの文化施設と、グルメ店やショップがある「東京オペラシティ」。車椅子で利用出来るのか。現地現場の実際を詳しく紹介します。

東京オペラシティ 

○段差解消は完成

東京オペラシティは20世紀の設計。まだバリアフリー設計が本格化する前の施設ですが、開業後に数々のバリアフリー改修が行われ、現在では車椅子で利用できない決定的なバリア箇所はありません。一般来館者が利用する全ての出入口は、なんらかの段差解消措置が施されています。駅直結地下通路へ向かう車椅子用エレベーターが設置され、障害者用トイレは増設されています。

東京オペラシティ 

○初台駅直結で地下駐車場あり

初台交差点に建つ東京オペラシティ。最寄駅は初台でエレベーターで直結。駅はB2で、B1と1Fから利用できます。新宿駅からは直線で1km超の位置になります。

障害者駐車スペースがある地下駐車場があります。注意点は駐車料金の減免サービスのハードルがとても高いこと。飲食店で駐車サービスを行っているのは高層階レストランだけです。

東京オペラシティ 

 

○施設全体構成の概要

高層ビルはオフィス棟で、最上階53Fと54Fが展望レストラン街です。一般商業フロアはB1から2Fで、レストラン&ショップのフロア。高層階へのエレベーターは2Fが起点です。3Fはコンサートホールやアートギャラリーのフロア。4Fと5FはNTTインターコミュニケーションセンター(ICC)です。

東京オペラシティ 

隣接する「新国立劇場」は別の施設ですが、初台駅から車椅子で行く場合は、東京オペラシティの駅直結エレベーターを利用します。

障害者用トイレはB1、1Fと53F、54Fに配置されています。

東京オペラシティ 

○B1はお手頃グルメのフロア

B1は利用しやすいグルメのフロア。CVS、ドラッグなども入店しています。特別なバリアフリーへの配慮があるわけではありませんが、ほとんどのお店はフラット構造で車椅子での入店は可能です。馴染み深いチェーン店も含めて、全14店舗の飲食店があるフロアです。

東京オペラシティ 

○1Fと2F、エレベーターの構造

1Fはイタトマとイートイン付きパン屋とカフェ。いずれも車椅子での入店は可能な構造です。以前ファミレスがあった場所が、ベルギー系のパン屋になっています。ファミレスよりも、むしろ車椅子で利用しやすくなった印象。パン好きの人にお薦めです。

東京オペラシティ 

2Fはうどん屋、ビヤホール、焼き鳥屋。焼き鳥屋は、週末は夜のみ営業でランチはお休みです。

東京オペラシティ 

B1から3Fまでをつなぐ低層階エレベーターが3系統。4Fまでが2系統。2Fが高層階行きエレベーターの起点で、高層レストランへの直行エレベーターがあります。

東京オペラシティ 

 

○高層レストランは高級フロア

53Fには7店舗が入店。価格帯は低層階の店舗より上です。いずれの店舗も土日フル営業。車椅子不可のお店はありませんが、一部のお店の窓際席は、眺望を楽しむように固定的なシートになっています。お店のスタッフと相談して、席を選んでください。

54Fは中華レストラン一店。それ以外のスペースは、結婚式などのイベントスペースです。

東京オペラシティ 

○車椅子で行くICC

NTTインターコミュニケーションセンター(ICC)は、科学技術と芸術文化の融合ミュージアムです。4Fが受付、5Fがメインの展示フロアで、ICC内専用のエレベーターで上下移動できます。障害者用トイレは5F ICC内に設置。全館ほぼ段差のないバリアフリー構造。展示作品の一部には、段差があったり靴を脱いで入るなど、車椅子での鑑賞が出来ないものもありますが、それは例外的で過去の例ではほとんどの展示作品は車椅子で鑑賞できます。

東京オペラシティ オペラシティの構造的な問題で、ICCに向かうエレベーターは2系統のみ。フロアマップなどをみて、確認して利用してください。

 

その時々の企画次第ですが、有料企画の場合でも、これまでの実績では、障害者手帳の提示で本人と介助者1名は無料になります。また企画がない時期は閉館なので、スケジュールをチェックして利用してください。

東京オペラシティ 

○文化施設の概要

他の文化施設は、B1に「リサイタルホール」。3Fに「コンサートホール」「近江楽堂」「アートギャラリー」。いずれも基本的には車椅子で利用可能です。運用は各イベント次第なので、個別に照会してください。

東京オペラシティ 電車でも車でも、車椅子でアクセス可能。バリアフリー対策により、東京オペラシティは車椅子で十分に利用出来る施設になっています。