都心最高峰 新宿箱根山への車椅子での近づき方と楽しみ方

東京都新宿区の「都立戸山公園」内にある「箱根山」は、江戸時代に築かれた山手線内最高峰の人造の山です。

車椅子で登山は出来ませんが、中腹の森から山頂を仰ぎ見ることはできます。無理をすれば車椅子でも近づけるルートを紹介します。

なお本稿は2019年9月に執筆しました。

都心最高峰 新宿箱根山

○箱根山の歴史

箱根山とは、この地が江戸の御三家、尾張徳川家の江戸下屋敷であったとき、庭園の池を掘った残土で造られたスケールの大きい築山です。

江戸時代の富士山信仰により、各地にこの種の人造山がありますが、現存する最大スケールの築山がこの箱根山です。標高は44.6mです。

尾張徳川家の江戸下屋敷

その後、ここは旧日本陸軍の戸山学校になり、近年、地中から大量の人骨が出土しましした。

現在でも、旧陸軍が建設した建物の基礎部などがそのまま放置されている場所もあります。

日中でも人気のないエリアで、夜は幽霊やお化けの目撃証言が多々ある心霊スポットでもあります。

旧日本陸軍の戸山学校

○現在の箱根山周辺

箱根山の周辺は、都営住宅や福祉系、研究系などの公的な施設が並ぶエリアです。

他に戸山教会や幼稚園があります。

箱根山の近くには、CVSなど商業店舗は全くありません。

駅からは距離があり、箱根山の近くに一般利用出来る駐車場はありません。

現在の箱根山周辺

○車椅子でも近づけるルート

早稲田駅方面からアクセスすると、箱根山通りが厳しい坂道なので、車椅子では辛いルートになります。

車椅子でも近づけるルート

戸山公園大久保地区方面の明治通り側から真っすぐにアクセスすると、箱根山の麓にでます。そこから中腹までが急な坂道です。このルートも車椅子利用者にはお薦めしません。

車椅子でも近づけるルート

比較的楽なのは、大久保通り方面からいったん都立戸山団地の中に入り、団地側からアクセスするルートです。それでも戸山公園に入ると未舗装でデコボコもありますが、頑張れば車椅子で箱根山の中腹ラインに行くことが出来ます。中腹ラインまで行けば、そこは緑豊かな山の中です。

車椅子でも近づけるルート

車椅子でも近づけるルート

車椅子でも近づけるルート

車椅子でも近づけるルート

○箱根山の楽しみ方

箱根山の見どころは紅葉です。とても新宿区にいるとは思えない深山幽谷の紅葉景色を楽しめます。

箱根山の楽しみ方

前出のルートで、箱根山の中腹ラインまで行けば、車椅子で本格的な山の紅葉が楽しめます。

箱根山の楽しみ方

紅葉情報は都立公園のHPでアップされています。見ごろ情報を確認して、出かけることが出来ます。

箱根山の楽しみ方

○登山証明書の発行

最後が階段ルートのため車椅子では山頂登頂はできません。

参考までの情報ですが、登頂した人には、都立公園の事務所から証明書が発行されます。

申告は自己申告。証拠は不要です。

事務所は箱根山から離れた戸山公園大久保地区にあります。

車椅子では山頂登頂はできません

箱根山は都心とは思えない自然が楽しめる場所です。ただしアクセスはバリアフリーではありません。

新宿クリエイターズ・フェスタ2018 バリアフリー情報

○新宿クリエイターズ・フェスタの概要紹介

「新宿クリエイターズ・フェスタ」は、東京の新宿駅周辺で毎年開催されるアートイベントです。場所、期間、アーツのタイプなどがバラバラなのが面白い。全体の期間は2018年8月1日から10月8日ですが、会場及び作品によって展示期間はそれぞれです。本稿は2018年8月の取材に基づいています。

会場の数は30箇所以上。ビルのアトリウムや屋外の広場、貸しギャラリーやデパート内など、会場のタイプは様々です。

参加するアーティストはプロが40名ほど。他に学生や子どもが加わります。

新宿クリエイターズ・フェスタ2018

○大物作品が好きな人へ

大きな作品が好きな人は、先ずは新宿NSビルへ。毎年参加している河口洋一郎氏の大型作品がアトリウムに展示されています。期間は8月10日から10月8日まで。

新宿クリエイターズ・フェスタ2018

9月7日からは、椿昇氏の大物作品が住友不動産新宿グランドタワー1Fに展示される予定です。こちらは10月8日まで。

新宿クリエイターズ・フェスタ2018

○いつでも何かがあるヒルトピア

ヒルトンのB1ヒルトピアの「アートスクエア」は、フェスタ期間中、ほとんど途切れることなくプロアーティストの展示会が開催されます。展示室は3つあるので、最大で3つのイベントを同時開催。車椅子で鑑賞できる会場です。ヒルトピアへは、ヒルトンホテルのエレベーターを利用してください。

新宿クリエイターズ・フェスタ2018

○南口がムホーになる

2018期待の展示の一つは、フランス人アーティスト「エマニエル・ムホー」氏によるカラースケープの展示。毎年参加しているムホー氏ですが、2018は新宿駅新南口に60mのカラースケープを展示します。展示期間は9月15日から10月8日の予定です。

新宿クリエイターズ・フェスタ2018

○ガード下での壁画製作

2018も大久保ガード下での壁画制作が行われます。8月上旬から下書きを開始。完成がいつになるのかは不明ですが、9月中にはおそらく完成します。展示は当面続くとのこと。製作している現場を見学できる壁画です。場所は職安通りの線路下です。

新宿クリエイターズ・フェスタ2018は、他にも様々なアート展示が予定されています。

ICC 「オープンスペース2018」  バリアフリー情報

東京オペラシティ内のNTTインターコミュニケーションセンター(ICC)で開催される、毎年度恒例の展覧会「オープンスペース」。「2018」は6月2日から2019年3月10日までの開催です。

入場無料。会場はバリアフリーで、車椅子で利用できます。

「オープンスペース」は2006年から始まりました。2018で13回目の開催です。

○楽しくて難解

「オープンスペース」展は、様々な表現によるメディア・アート作品の展覧会。先端の技術を用いて、最新の研究に基づき、現代社会の問題を表現することが主なテーマです。展示作品の解説は難解ですが、見て、動いて、楽しく参加できる作品が展示されています。作品の楽しみ方は、人それぞれです。

ICC「オープンスペース2018

○バリアフリー状況

東京オペラシティは初台駅直結で、地下駐車場あり。館内はバリアフリーで車椅子での利用に大きな問題はありません。

ICCは4F。館内2系統のエレベーターでアクセスできます。ICCの受付は4F。「オープンスペース」の展示場は5Fで、ICC内に専用エレベーターがあります。またICC内5Fに障害者用トイレが用意されています。

ICC「オープンスペース2018○段差がある展示はひとつ

車椅子でICCに行くと、4Fの受付でバリアフリー面の説明をしていただけます。今回の展示で段差があるのは、反響の無い部屋で音を聞く展示。入口から数段上り無反響の部屋に入ります。

もう一つ、靴を脱いでソファーに寝そべり映像を見る展示があります。ヘッドフォンで迫力ある音声を聞き、ソファーが振動する仕掛け。これは車椅子から降りてソファーまで行ける人なら鑑賞できます。

ICC「オープンスペース2018○音、光、暗さに弱い方は要注意

車椅子のまま鑑賞できる「オープンスペース」の展示の中には、狭く暗い空間、突然の音響、突然の発光、などの要素がある展示があります。障がいのある方は、苦手な作品は避けて展覧会を楽しんでください。

ICC「オープンスペース2018

難しい科学、理論を学ばなくても、展示作品を楽しめます。先端のメディア・アート作品の展覧会、ICC「オープンスペース2018」は車椅子で参加できます。