車椅子で行く筑波研究学園都市~筑波宇宙センター バリアフリー情報

筑波宇宙センター バリアフリー情報

「筑波宇宙センター」の自由見学施設は、車椅子で利用できます。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○3カ所に障害者用駐車スペース

筑波宇宙センターへのアクセスは車が便利です。「東大通り」から正門を通り、そのまま施設内へ入ります。特別な入場手続きはありません。

無料駐車場があります。「総合案内所」前、「ロケット広場」前、「スペースドーム」前の3カ所に障害者用駐車スペースの用意があります。

 

○広場のロケットは本物

1972年創設。敷地面積53万㎡。日本の宇宙開発の中枢センターです。一部例外はありますが、基本的にはバリアフリー。車椅子で宇宙の魅力を楽しめます。

「ロケット広場」に展示されているのは、全長50mの本物ロケット「H-Ⅱロケット」。燃料を注入すれば、本当に飛ぶそうです。

筑波宇宙センター バリアフリー情報

○「スペースドーム」は2015年リニューアル

屋内展示施設の名称は「スペースドーム」。入場無料の施設です。2015年にリニューアルされ、バリアフリーが進みました。綺麗な障害者用トイレが用意されています。

国際宇宙ステーション「きぼう」の実験棟のモデルがあり、一般の人は階段で船内へ。車椅子利用者向けに昇降機が用意されています。

 

○展示内容の概要

「スペースドーム」内の展示は、車椅子で見学できます。

「ドリームポート」と呼ばれる100万分の1スケールの地球の展示から始まり、ロケットや人工衛星のモデル、エンジンや通信機器のモデルなどの展示が並びます。そして「はやぶさ」の2分の1モデルがあります。

一般向けの音声ガイドの貸し出しがあります。また原則1日5回、JAXAスタッフによる展示間ガイドが行われます。途中参加、途中退出は自由。専門的な詳しい解説です。

筑波宇宙センター バリアフリー情報

○売店には宇宙食

「プラネットキューブ」と呼ばれる別棟があり、奥には障害者用トイレ、そして企画展のスペースと「ミュージアムショップ」と呼ばれる売店があります。売店には宇宙食をはじめ、ここでしか買えないものが並びます。売店はあまりスペースに余裕がありません。混雑していると車椅子では苦戦します。

 

○イベント開催あり

筑波宇宙センターでは、プラネットキューブでの企画展の開催、夏休み特別企画など、車椅子で参加できる様々なイベントが開催されます。

その情報はJAXAの情報発信ページ「ファン ファン JAXA」で確認できます。

 

 

売店は混雑するとスペースがなく苦労しますが、「ロケット広場」と「スペースドーム」は車椅子で利用できます。「筑波宇宙センター」の自由見学施設はバリアフリーです。