地図と測量の科学館 車椅子見学ガイド バリアフリー情報

地図と測量の科学館

茨城県つくば市、筑波研究学園都市の国土交通省国土地理院にあり、屋内外の常設展示と特別展示室、そして多彩なオリジナル商品があるミュージアムショップがある無料公開施設です。筑波研究学園都市には数多くの公開施設がありますが、その中でも地図と測量の科学館は、大人から子供まで楽しめる科学館として、幅広い層にお薦めします。車椅子からみた現地のバリアフリー状況と、展示やショップの概要を紹介します。

地図と測量の科学館

アクセスは車が便利。国土地理院の敷地に入ります。地図と測量の科学館には、広い来館者用の無料駐車場があります。身障者用駐車スペースは駐車場の入口付近、科学館に近い場所に数台分屋根なしで用意されています。

地図と測量の科学館

ここから科学館エントランスまで、約50ⅿ舗装路面を移動します。キャラクターは「マッピー君」です。

地図と測量の科学館

地図と測量の科学館は段差のないバリアフリー施設です。出入口は自動ドアでフラットな床面、車椅子で問題なく通行できます。

地図と測量の科学館

2021年8月時点では、事前予約制ではありません。入館時に検温を実施し、手指消毒をして、簡単な記帳を行い入館します。今回取材時は、滞在時間は60分以下にしてください、と案内されました。

科学館の1Fは開放的な空間です。エントランスの反対側は大きな窓ガラスが広がります。屋外展示コーナーを背景にした、記念撮影スポットになっています。

地図と測量の科学館

その横には伊能忠敬の顔出しパネルが用意されていました。ファミリーが楽しめる演出です。

地図と測量の科学館

2フロア構造でエレベーターが1基あります。かごのサイズは大型で、どんな車椅子でも問題なく収容します。

地図と測量の科学館

バリアフリートイレは、1Fと2Fにそれぞれ用意されています。2Fのトイレは折り畳み式のベビーベッドがあります。

地図と測量の科学館

1Fのトイレには、跳ね上げ式の長さが短いユニバーサルベッドがあります。全長130㎝程度のベッドです。

地図と測量の科学館

1Fのラウンジホールの床には、専用の赤青メガネで見ると、日本列島が立体的に見える「日本列島空中散歩マップ」が広がっています。置かれているメガネは消毒済みです。

地図と測量の科学館

1ⅿの高さから見ると、地球の上空100kmを空中散歩している目線になるそうです。もちろん床面はフラットなので、車椅子で空中散歩を楽しめます。

地図と測量の科学館

エレベーターで2Fへ上がります。常設展示室の出入口は通常はここです。現在はコロナ対策で、入口と出口が別々に設定されています。

地図と測量の科学館

地図と測量の科学館

常設展は下の写真のようなコーナーに分かれています。

地図と測量の科学館

展示室内はスペースに余裕があり、フラットな構造です。ほとんどの展示物は、車椅子で鑑賞できます。

地図と測量の科学館

地図と測量の科学館

「くにかぜ」の展示は、段の上にある構造です。

地図と測量の科学館

「くにかぜ」も一部そうですが、現在はコロナ対策で、手を触れられない展示物があります。

地図と測量の科学館

2Fの特別展示室もフラットな構造で、車椅子で問題なく観覧できます。年間に2本から3本の企画展示が開催されています。

地図と測量の科学館

売店と休憩室のバリアフリー状況です。1Fにある休憩室は飲食可です。開放的なガラス張りの部屋で、可動式のテーブル席が置かれています。車椅子で利用できるバリアフリーな休憩室です。

地図と測量の科学館

ミュージアムショップはオリジナル商品が並ぶ、中規模な売店です。通路は車椅子が通行できる幅が確保されています。「地図記号クッキー」「地図扇子」などが人気商品。人気の第一は「マップメモ」。店内にランキングが掲示されています。国土地理院発行の各種の地図も販売しています。

地図と測量の科学館

屋外展示の状況です。屋外展示場の名称は「地球ひろば」。大物展示物は、引退した測量用航空機「くにかぜ」と、日本列島球体模型です。日本列島球体模型は地球1/20万のサイズにした球体で、この上に登ると高度300㎞から日本列島を眺めていることになります。車椅子で球体登りに挑戦しかけましたが、かなり角度があるので断念しました。かなり無理をすれば、登れないこともありません。

地図と測量の科学館

今回取材時はアンケートに答えると、地図記号シールがいだけました。

地図と測量の科学館

官営の無料施設ですが、来館者を大切にしている科学館です。

地図と測量の科学館

6月3日は国交省が定めた「測量の日」です。コロナ禍以前は、毎年この日に近い日曜日に「測量の日 特別イベント」が開催されていました。国土地理院の職員が休日出勤して、来場客の応対を担当します。

このイベントが年間で最大のビッグイベント。来館者数は2,000人超ということですが、スペースに余裕があるので、車椅子でのイベント参加は十分可能です。

地図と測量の科学館

「地図と測量の科学館」は、筑波研究学園都市らしい知の拠点。屋内外ともバリアフリーで、車椅子で利用出来る施設です。

筑波研究学園都市の「つくばエキスポセンター」を別稿で紹介しています。ご参照ください。

(本稿は2021年8月に書き直しました)