車椅子で行く筑波研究学園都市~筑波実験植物園バリアフリー情報

筑波実験植物園バリアフリー情報

国立科学博物館の研究施設「筑波実験植物園」は、車椅子で利用出来ますが注意すべき点もあります。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○老朽化と小さな段差

通称は「つくば植物園」。1976年の開設です。

アクセスは車が便利。立体駐車場棟もある無料駐車場があり、障害者用駐車区画は平置きで2台分用意されています。

そこから受付がある「教育棟」へ向かいます。このアプローチの路面は、老朽化によるデコボコと小さな段差があるので、慎重に車椅子を進める必要があります。

筑波実験植物園バリアフリー情報

○障害者減免あり

入園料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

受付がある「教育棟」には、障害者用トイレがあります。「教育棟」内の床面には小さなデコボコがあるので、注意して園内へ車椅子で進んでください。

筑波実験植物園バリアフリー情報

○温室内は車椅子通行可

園内には4つの温室があります。入口である教育棟から温室エリアまでは、100mほどの距離。温室ですが、車椅子での雨の日の利用は、この移動区間が雨にうたれます。

4つの温室内は、急スロープあり、手動ドアあり、小さな段差ありと、快適なバリアフリー状況ではありませんが、車椅子での移動は可能です。

筑波実験植物園バリアフリー情報

○屋外展示は車椅子通行可能

園内には「世界の生態区」と「生命を支える多様性区」という屋外展示エリアがあります。多様性区は2008年の開設です。

屋外展示エリアは全19ゾーンから構成された展示で、舗装された散策歩道が整備され、脇道にそれなければ全域車椅子での見学は可能です。

ただし、この歩道のバリアフリー水準も最低限です。デコボコや傾斜に気をつけながら、車椅子を進めて下さい。

筑波実験植物園バリアフリー情報

○研修展示館に障害者用トイレ有り

2013年にリニューアルした「研修展示館」は、筑波実験植物園内で最も綺麗な施設です。エレベーターの用意もあります。

1Fに障害者用トイレが用意されています。1Fが誰でもトイレ、2Fが一般女性用、3Fが一般男性用です。1Fの障害者用トイレは広くて綺麗ですが、ウォシュレットは付いていません。

筑波実験植物園バリアフリー情報

○見る価値のある植物園

筑波研究学園都市の開発初期からある施設です。植栽はこの地に根を張り、枝を広げ、園内の空気は100年前からの植物園の様。学術的な価値とともに、植栽に風格があります。

老朽化などにより施設インフラのバリアフリーレベルには問題がありますが、その点を割り引いても見る価値が高い「つくば植物園」です。

 

 

「筑波実験植物園」、通称「つくば植物園」は、注意して通行すべき歩道、設備が老朽化した箇所がありますが、基本的には車椅子で利用出来る施設。研究学園都市らしい、学術的な価値の高い植物園です。