東京都写真美術館「写真の時間」展 バリアフリー情報

東京都写真美術館「写真の時間」展 バリアフリー情報

東京都目黒区、東京都写真美術館(TOP)の収蔵作品を紹介する「TOPコレクション展」。2019年のテーマは「イメージを読む」。8月からの展示は「写真の時間」です。車椅子で行った現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

「写真の時間」展の会期は2019年8月10日から11月4日まで。会場はTOPの3階展示室です。

TOPへのアクセス状況

○施設のバリアフリー概況

東京都写真美術館は恵比寿ガーデンプレイス内にあります。恵比寿駅からは連絡通路で、恵比寿ガーデンプレイスの有料地下駐車場からもバリアフリーにアクセスできます。

またTOPには予約制の身体障害者用駐車場が屋根無しで1台分用意されています。

TOP館内は各フロアフラット構造で、エレベーターは2基。大型のベッドはありませんが、障害者用トイレは各階に用意されています。

施設のバリアフリー概況

○TOPコレクション展観覧料の障害者減免

コレクション展は障害者手帳の提示で本人と介助者2名まで無料に減免されます。1Fの総合受付に行き、観覧を希望して、障害者手帳を提示してください。無料観覧券を発券していただけます。

 

○展示のバリアフリー状況

3階展示室の入口と出口には小さい段差がありますが、ゆっくり進めば車椅子で問題なく通過できます。

3階展示室の入口と出口には小さい段差

「写真の時間」展は車椅子で見やすいコレクション展です。ほとんどの展示は壁掛け展示で、なかには小サイズの作品もありますが、車椅子からの目線でも鑑賞できる高さに展示されています。

最初の展示コーナーに、明治天皇の写真など、とても小さいサイズの写真がケース内に平面的に展示されています。ケースの側面がガラスなので、ここの展示作品もギリギリですが車椅子から鑑賞できます。

 

○イメージを読む、展示構成

本展は3つのキーワードでコーナーが構成されます。「制作の時間」「イメージの時間」そして「鑑賞の時間」。

TOPの外壁写真にもなっている「ロバート・キャパ」の「ノルマンディー海岸、Dデイに上陸するアメリカ軍」は、「制作の時間」コーナーに展示されます。

ノルマンディー海岸、Dデイに上陸するアメリカ軍

ポスターに採用されているのは「米田知子」の「安部公房の眼鏡」。題材は小説「箱男」の原稿です。この作品は「イメージの時間」コーナーにあります。

「鑑賞の時間」の最初の展示「エドワード・ルシェ」の「サンセット・ストリップのすべての建物」は、数百メートルにおよぶストリートの両脇に建つ建物をすべて車で移動しながら撮影し、それを横につないだ作品。作品は縦178mm×横7182mm。長さが7mを超える作品です。

最後のコーナーにある「川内倫子」氏の作品だけは、写真撮影可になっています。

川内倫子」氏の作品だけは、写真撮影可

川内倫子」氏の作品だけは、写真撮影可

川内倫子」氏の作品だけは、写真撮影可

イメージを読む「写真の時間」展は、車椅子でみやすい展示が多いTOPコレクション展です。