中目黒でみる現代日本画 郷さくら美術館 バリアフリー情報

中目黒でみる現代日本画 郷さくら美術館 バリアフリー情報

東京都目黒区、中目黒の「郷さくら美術館」は、車椅子で利用出来る施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年8月、「日本画 青・蒼・碧 展」開催中の取材に基づいています。

日本画 青・蒼・碧 展

○アクセス方法

中目黒駅から徒歩5分の案内です。駅から山手通りを渡り、東急ストアの横を通り、目黒川を越えます。この間、決定的に車椅子で通行できない箇所はありません。

来館者用の駐車場は障害者用も含めてありません。車利用の場合は近隣の有料駐車場またはパーキングメーターの利用になります。

アクセス方法

○障害者減免制度あり

観覧料は、障害者手帳の提示で本人が半額に減免されます。受付で手帳を提示して減免措置を受けて下さい。

障害者減免制度あり

○美術館の概要

美術館の展示室は3フロア構造です。エントランスから出入口まではフラット。ドアは自動ドア。館内に入るとすぐに受付があります。

美術館の展示室は3フロア構造

エレベーターは1基。障害者用トイレは1Fに1つ用意されます。トイレには大型のベッドはありません。

エレベーターは1基。障害者用トイレは1Fに1つ用意されます。

エレベーターは1基。障害者用トイレは1Fに1つ用意されます。

○1FのA・B間に段差あり

館内の段差箇所は一ヶ所です。1Fの展示室がAとBに分かれ、この間に階段があります。

車椅子利用者はスタッフに操作していただく昇降機の利用になります。

1FのA・B間に段差あり

1FのA・B間に段差あり

1FのA・B間に段差あり

1FのA・B間に段差あり

○企画展+桜展

展示作品は、原則として「郷さくら美術館」が所蔵する現代日本画です。今回取材時の企画展は、すべての作品が写真撮影可でした。

企画展+桜展企画展+桜展

年4回の企画展が開催されます。そして同時開催として「桜百景」展が開催されます。桜の名所の目黒川のほとりにある美術館です。2F展示室は1年を通じて満開の桜を描いたコレクション展が開催されます。

桜百景展

桜百景展

「郷さくら美術館」は、障害者用トイレがあり、エレベーターと昇降機が備わり、障害者減免制度がある美術館です。