車椅子で行く奈良~飛鳥歴史公園バリアフリー情報

国営飛鳥歴史公園は5地区60haの広大な公園です。車椅子で行くことが出来る施設を中心に、現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年6月の取材に基づいています。

「キトラ古墳壁画体験館四神の館」

飛鳥歴史公園バリアフリー情報・2016年オープン

キトラ古墳壁画の保存とその紹介を行う施設が「キトラ古墳壁画体験館四神の館」です。文化庁の施設で2016年の開館。利用は無料。全館バリアフリー仕様です。

飛鳥歴史公園バリアフリー情報

・第一駐車場に障害者用駐車スペース有り

アクセスは車が便利。施設に近い第一駐車場はバス6台、普通車20台の収用。ここに障害者用駐車スペースが2台分あります。

駐車場から施設へは、緩やかな下り坂を進みます。傾斜は緩いので、車椅子での移動は問題ありませんが、駐車場から施設までの約70mは屋根無しなので、雨の日は濡れます。

飛鳥歴史公園バリアフリー情報

・入口はB1、展示室はハイテク

施設の周囲は、明日香村の風景にマッチした公園として整備されています。施設の入口手前にはミュージアムショップがあり、車椅子での利用は可能です。

入口は建物のB1になります。B1がキトラ古墳を紹介する「展示室」。1Fが壁画を保存している「保存管理施設」です。

B1の展示室は通年開館で休館日あり。予約不要で無料で利用できます。先端のハイテクを導入した、素晴らしくバリアフリーな展示です。B1には障害者用トイレがあります。

飛鳥歴史公園バリアフリー情報

・壁画特別公開も車椅子可

今回、保存管理されているキトラ古墳壁画の特別公開に参加しました。事前予約が必要です。

B1から1F保存室へは健常者は階段。車椅子利用者はエレベーターに誘導されます。

特別公開の見学制限時間は10分。1回に10名程度が展示室に案内されます。展示室内はバリアフリー。車椅子での壁画見学は可能です。

 

 

 

「国営飛鳥歴史公園館」

飛鳥歴史公園バリアフリー情報

・飛鳥の見どころを学ぶ

飛鳥歴史公園の高松塚周辺地区にある、入館無料の資料館です。1990年代の施設ですが、スロープ対応、障害者用トイレの設置など、最低限のバリアフリー要件は満たしています。無料駐車場があり、障害者用駐車区画が2台分用意されています。

飛鳥の歴史、見どころを紹介する資料館。飛鳥の知識を深めることができます。

飛鳥歴史公園バリアフリー情報

・ジオラマ、写真パネル、タッチパネル

国営飛鳥歴史公園館の展示は、明日香村周辺のジオラマ、有名スポットの写真パネル、知りたい情報を検索できるタッチパパネルなどです。タッチパネルを操作すると、飛鳥の四季の写真を楽しむことも出来ます。オーソドックスな資料館をイメージして間違いありません。奇をてらったところのない、真面目な資料館です。

 

 

 

「高松塚壁画館」

飛鳥歴史公園バリアフリー情報

・飛鳥美人の復元画がある小さな資料館

高松塚壁画館は昭和52年に開館した施設。想像するよりも古くて小さな資料館です。広さは20坪ほど。入口から入ってパッと見渡すと、全てが見えます。

ワンフロアで入口に段差はありません。館内はフラット。まだバリアフリーの概念が無い時代に誕生した施設ですが、車椅子での利用は可能です。

入館料は障害者手帳の提示で、本人と介助者1名が無料に減免されます。

飛鳥歴史公園バリアフリー情報

・車椅子のアクセスは歴史公園館から

アクセスは車が便利。「国営飛鳥歴史公園館」の無料駐車場を利用します。

そこから歴史公園館の横に下り、車道の下を通る地下道で高松塚地区へ進んで下さい。車道の横断は危険とされていますし、バリアフリールートが確保されていません。地下道ルートの利用をお薦めします。

駐車場から高松塚壁画館までは、スロープ迂回路の距離も含めて500mほど。10分弱のイメージです。

飛鳥歴史公園バリアフリー情報

 

 

明日香村周辺の観光スポットを車椅子で巡るのは、簡単ではありません。有名スポットで決定的なバリアがあるのは「石舞台古墳」と「甘樫丘」。段差があるので車椅子では行けません。

また「鬼の雪隠」「鬼の俎板」など石造物へのルートは、特別なバリアフリー面での整備はありません。

車椅子での飛鳥歴史公園観光は、「キトラ古墳壁画体験館四神の館」「国営飛鳥歴史公園館」「高松塚壁画館」、そして別稿で紹介する「県立万葉文化館」などの施設利用を中心に計画することをお薦めします。

車椅子で行く奈良~平城宮跡歴史公園バリアフリー情報

国土交通省主管の「国営平城宮跡歴史公園」。2018年3月に開園した観光情報拠点「朱雀門ひろば」を中心に、現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年6月の取材に基づいています。

○施設はすべて快適なバリアフリー

朱雀門広場は段差の無い完全バリアフリー設計。車椅子で快適に利用できます。「天平みつき館」はお土産ショップ。「天平うまし館」はカフェ&レストラン。「天平みはらし館」「天平つどい館」は観光情報施設。いずれもバリアフリーで、綺麗な障害者用トイレがあります。

 

○遣唐使船に車椅子で乗る

「朱雀門ひろば」のアイコンは「復原遣唐使船」です。全長30mで、まるで水に浮いているように設置されています。乗船は無料。スロープ乗船なので車椅子で船内へ行くことが出来ます。

乗船口にはスタッフが常駐して案内。天平ルックの貸衣装もあります。

船内は精密に再現されているそうですが、甲板を車椅子で巡ることができます。命がけでこの船で唐を目指した人たち。どのような船上生活であったことか。「復原遣唐使船」を見学する限り、快適ではなかったことは間違いありません。

平城宮跡歴史公園バリアフリー情報

○公園全体は広い

「国営平城宮跡歴史公園」はとても広い公園です。車椅子ですべてを気軽に散策できる規模ではありません。第一次大極殿を見たいなら、その近くの駐車場へ停める。そういう行動が必要です。

車でアクセスした場合、平常宮跡には複数箇所無料駐車場がありますが、「朱雀門ひろば」の駐車場は「交通ターミナル」で有料です。この有料駐車場の利用方法が変わっています。詳しく紹介します。

 

○交通ターミナルとは

そもそも「交通ターミナル」という名称があるように、路線バスやタクシーの円形乗降場です。その中央部を駐車場に活用。有料なのにゲートがありません。

車でターミナルに入ると、すぐにスタッフが手をあげて寄ってきて「駐車しますか」と聞かれます。「ハイ」と答えると、その場で駐車券に手書きで時刻を記入して渡してくれます。

車椅子利用の旨を申告すると「障害者用駐車区画はこちらです」と誘導していただけました。一般駐車場とは違うエリアにある屋根付き駐車スペースです。

平城宮跡歴史公園バリアフリー情報

○施設へは屋根付きルート

屋根付きの障害者用駐車区画を利用した場合、「天平みはらし館」以外の3棟へのルートは屋根があるので、普通の雨なら濡れずに行けます。ただし暴風雨の場合は吹き込むことが予測される構造です。

 

○駐車料金の精算方法

料金の精算方法が特殊です。「天平みつき館」と「天平みはらし館」に設置されている販売機で、自分で駐車時間を計算して「時間券」を買います。そして駐車場のスタッフに駐車券と時間券を渡します。

お買い物による駐車料金の減免サービスはありません。そして全く告知されていませんが、時間券販売機には「障害者減免券」がありました。正規料金の半額。駐車スタッフに障害者手帳を提示し、障害者減免券を渡して出庫できました。

まだ開園して日が浅い「朱雀門ひろば」です。駐車場の運用ルールは、今後変わるかもしれません。

平城宮跡歴史公園バリアフリー情報

○段階整備を推進中

「国営平城宮跡歴史公園」は、2010年に第一次大極殿の一部が公開。2018年に朱雀門広場開業。そしてこれからも整備が続きます。

順調に進めば、2019年には第一次大極殿を囲む回廊部の公開が始まる予定。第二次大極殿周辺エリアの整備は、まだまだ先の計画です。

 

「国営平城宮跡歴史公園」に新しく誕生した「朱雀門ひろば」は、素晴らしいバリアフリー施設です。安心して車椅子で利用できます。

車椅子で行く金沢城公園 バリアフリー情報

金沢の新名所「金沢城公園」は、車椅子で利用できるバリアフリー公園です。公園全体のバリアフリー状況と、車椅子での観光ポイントを詳しく紹介します。

なお本稿は2017年5月の取材に基づいています。

○バリアフリー化のコンセプト

金沢城公園は金沢大学の跡地で、21世紀になってから一般開放された新しい公園です。第一期整備の完成が2001年。第二期整備の完成が2014年。そして第三期整備が2017年に完成しています。

「本物志向で史実性の高い整備」です。そのため、往時の通りに再建される施設はバリア構造。そこに現代のバリアフリー対策を入れる。これが金沢城公園のバリアフリー化のコンセプトです。その結果、面白いバリアフリーになっています。現地の状況を具体的に紹介します。

金沢城公園 バリアフリー情報

○「石川門」から「河北(かほく)門」のバリアフリー状況

「兼六園」と金沢城公園は、道を隔てて隣接しています。兼六園の「桂坂口」と金沢城公園のメインエントランスである「石川門」は、道をまたぐ陸橋で直結、車椅子での通行は可能です。兼六園内のバリアフリー問題はありますが、車椅子での兼六園と金沢城公園の往来は、バリアフリーに快適に移動できます。(兼六園のバリアフリーについては、別稿「車椅子で行く金沢~兼六園バリアフリー情報」をご参照下さい。)

石川門をくぐると見えてくる「河北門」は、金沢城公園らしいバリアフリー施設です。「二の門」の2階層にある屋内スペースに向かって、ロングスロープが設置されています。ただし屋内は土足禁止で、車椅子にカバーをつけて入ります。そこまでしなくても、入口までいけば内部はすべて見える広さです。

金沢城公園 バリアフリー情報

○有料施設の車椅子対応

菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓・橋爪門の有料ゾーンは、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入場料が無料に減免されます。

ここは土足禁止の施設。受付から館内スタッフに連絡がいき、車椅子専用入口でスタッフが応対していただけます。専用スロープを上り土禁ゾーンへ。スタッフに車椅子を雑巾で拭いていただきました。館内の2階層へは昇降機で。ここもスタッフが付きっきりの応対です。3階層にあたる櫓へのルートは階段のみです。

再度1階層へ戻るところには、エレベーターがあります。帰り口も専用口から。車椅子利用者への特別な配慮がある有料エリアです。

金沢城公園 バリアフリー情報

○障害者用トイレの配置

公園内には9カ所に公衆トイレが設置され、そのすべてに障害者用トイレが併設されています。

2017年4月に完成した「鶴の丸休憩館」はとても綺麗な施設。金沢城公園で最新の障害者用インドアトイレはここです。休憩スペースの他に、金沢城に関する情報展示コーナーもあります。菱櫓・五十間長屋などの眺めもよいので、鶴の丸休憩館は車椅子で立ち寄りたい施設です。

金沢城公園 バリアフリー情報

○障害者専用駐車場の用意

障害者専用駐車場が「いもり堀園地」と「玉泉院丸庭園」横の2か所に用意されています。一般利用が出来ないように障害物があるので、事前に公園事務所に利用の連絡を入れることが推奨されています。

金沢城公園 バリアフリー情報

○車椅子では辛い急坂路

金沢城公園内の散策路は、完全なフラット構造ではなく、各所にアップダウンがあります。ただしそれほどキツイ坂はなく、ほとんどの路は一般的な車椅子利用者なら通行可能です。

車椅子で辛いのは、二の丸広場方面と玉泉院丸庭園を繋ぐルート。勾配のキツイ坂道です。ここは迂回することをお薦めします。

金沢城公園 バリアフリー情報

○玉泉院丸庭園内は段差あり

玉泉院丸庭園は、往時のお庭を忠実に復元したバリア構造の日本庭園です。したがって、園内各所に段差があるので、車椅子では休憩所からの見学をお薦めします。小さな庭園なので、それでも十分に全体を観ることができます。

玉泉院丸庭園内は段差あり

○ボランティアガイドに聞く

五十間長屋ほかの有料ゾーンでは、車椅子対応で付きっきりになってくださったスタッフに、詳しい解説をしていただけました。鶴の丸休憩館にはボランティアガイドさんが常駐。質問をすると、とても詳しく解説していただきました。ボランティアガイド皆さんは、金沢城についてよく勉強されています。ボランティアガイドさんのお話を聞くと、金沢城について、より深い理解を得ることが出来ます。そして車椅子でのお薦め見学コースを、アドバイスしていただけます。

 

金沢城公園は車椅子に配慮のある施設です。車椅子で金沢の魅力に触れてください。