いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

茨城県の汽水湖「涸沼(ひぬま)」の畔に建つ大型宿泊施設で、東京都休養ホーム事業の宿泊先になっているバリアフリー施設です。日帰り温泉やランチ営業があるので、宿泊しなくても利用できます。2016年に「インフォメーションプラザ」が誕生。涸沼の自然を知ることができます。

車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇施設の全体状況

メイン棟は本館と新館があり、レストラン、展望大浴場、そして客室があります。バリアフリールームは1Fに3室あり、和室8畳とツインベッドで最大6名まで宿泊できます。

屋外施設は、多目的グランド、プール、庭園、パターゴルフ場、グランドゴルフ場などがあります。また体育館「スポーツプラザ」があり、バドミントン、卓球、フットサル、スポーツ吹矢が楽しめます。

広い敷地に施設が点在する構造で、駐車場は6カ所用意されています。

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇メイン棟のバリアフリー状況

段差のある個所にスロープを設置して、バリアフリー改修した施設です。エントランスは段差回避スロープがあります。

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

車寄せから階段を上がるルートには屋根がありますが、スロープ上には屋根はありません。

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

出入口は自動ドアです。

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

館内に入るとフロントがあり、その先のロビーへと段差がありますが、スロープが設置されています。

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

レストランはその奥。段差のないフラット構造で、可動式のテーブル席です。

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

眼前に涸沼を眺望しながら、車椅子で食事を楽しめます。

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

1Fのパブリックスペースに障害者用トイレが1つ用意されています。今回取材時の状況は、ウォシュレットやユニバーサルベッドなどはない、シンプルな設備のトイレでした。

展望大浴場は2Fで、エレベーターはあります。浴場内は車椅子のための特別な装置はありませんが、手摺の設置など一般的なバリアフリー設備は用意されています。

 

〇屋外の状況

フラットな地形なので、敷地内の車椅子での移動は可能です。舗装通路が整備されています。

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

涸沼に面して遊歩道が整備されています。「船溜」の横から遊歩道に上がるスロープの手前にはポールがあり、間隔が狭く車椅子では通行できませんでした。

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇インフォメーションプラザのバリアフリー状況

インフォメーションプラザは独立棟の施設です。エントランス正面は階段ですが、段差回避スロープが用意されています。入館無料です。

建物の外向きにトイレがありますが、障害者用はありません。

館内はワンフロアでフラットな構造です。涸沼に生息する鳥類など動植物の写真や、涸沼の歴史や文化を紹介する展示があります。ガイドスタッフが、展示の解説をしていただけます。

涸沼の名産は「ヤマトシジミ」。涸沼全域の沿岸部で採れます。スタッフの解説によると、東日本大震災による津波の影響で、涸沼の水質はむしろ改善され、シジミにとっては良好な状態になったそうです。資源保護のためシジミ漁は平日のみ実施。小舟による漁を見学したい方は、平日の午前中を狙ってください。

インフォメーションプラザの屋根は、ヤマトシジミのイメージということです。

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

いこいの村涸沼は、各所にある段差箇所にスロープが用意されています。車椅子で利用できる大型施設です。

(本稿は2020年7月に執筆しました)

那須塩原・湯西川・鬼怒川 車椅子で行くバリアフリードライブコース情報

栃木県の北部、大田原市から那須塩原市、そして湯西川から鬼怒川方面へのドライブルートには、バリアフリー施設が点在します。車椅子を利用する障がいのある家族と一緒にドライブが楽しめるお薦めのコースです。

東北自動車道の矢板ICを起点に、西那須野塩原IC付近を通過し、最終的には日光宇都宮道路の今市ICまでのルートで、バリアフリードライブコースを紹介します。所要時間は丸一日または一泊二日程度です。

 

(矢板IC⇒24km)

「栃木県なかがわ水族園」

栃木県水産試験場に併設された施設で、大きな公園の中に水族館があります。よく考えられた構造の施設で、車椅子で様々な角度から水と緑と魚の世界を楽しめます。

水族館のエントランスが2Fで、展示はワンフロア下の1Fから始まります。健常者は入口からエスカレーターで1Fへ下ります。車椅子利用者は受付からスタッフに誘導されてエレベーターで1Fへ下ります。

開園は9:30です。

 

(なかがわ水族園⇒3km)

「なす風土記の丘湯津上資料館」

「侍塚古墳」などが点在する古代那須国の中心地に建つ資料館です。展示室はワンフロアに1室。入ると正面に国宝「那須国造碑」のレプリカがあります。

 

(なす風土記の丘⇒8km)

「道の駅那須与一の郷」

休憩スペース付きの情報館、農産物と地元名品のショップ、レストラン、竹のギャラリー、多目的ホール、そして有料施設の「与一伝承館」で構成される道の駅です。

屋島の合戦の様子や那須家の家宝が展示される「与一伝承館」はバリアフリー施設です。

 

(那須与一の郷⇒13km)

「道の駅那須野が原博物館」

ショップやレストランが無い、博物館と24時間トイレがある道の駅です。博物館はバリアフリーで、那須塩原の歴史と文化、そして自然を学ぶ展示があります。

 

(那須野が原博物館⇒10km)

「道の駅湯の香しおばら」

食事処、カフェ、産直ショップ(アグリパル塩原)で構成される道の駅です。車椅子で食事、休憩、買い物ができます。

 

(湯の香しおばら⇒3km)

「森林の駅・もみじ谷大吊橋」

車椅子で利用できる観光吊橋とショップ&レストランがある施設です。吊橋へは緩いスロープで上ります。吊橋上はフラットで車椅子での利用は可能です。

 

(もみじ谷大吊橋⇒6km)

「塩原温泉ビジターセンター」

駐車場、本館、レクチャーセンター、独立トイレ棟で構成される施設です。本館は「展示館」で、那須塩原の自然を紹介する無料展示コーナーがあり、車椅子で見学できます。

「小鳥の森ゾーン」「森林浴ゾーン」「野鳥観察デッキ」などの屋外施設が広がりますが、屋外はバリアフリーではありません。

 

(塩原温泉ビジターセンター⇒27km)

「道の駅湯西川」

日帰り温泉、食事処、物産館がある湯西川温泉の交通ターミナルです。段差構造をスロープで回避する設計の施設です。

湯西川温泉は、ここから更に12kmほど先です。温泉の入口にあるバリアフリー施設が「湯西川水の郷」です。往復で20km超の距離になりますが、時間があればお立ち寄りください。

 

(道の駅湯西川⇒片道11km 往復で22km)

「湯西川水の郷」

観光センターと吊橋、そして「湯西川くらし館」がある車椅子で利用できる施設です。

観光センターは平屋構造で、「日帰り温泉」「物産館」「食事処」があります。

湯西川を渡る「水の郷大つり橋」は、段差迂回スロープがあり、橋上はフラット構造なので、車椅子での渡橋は可能です。

 

(道の駅湯西川⇒18km)

「鬼怒川温泉 東武ワールドスクウェアなど」

湯西川から鬼怒川沿いに日光方面へ南下します。ルート上には「川治温泉」「龍王峡」「鬼怒川温泉」と続きます。

鬼怒川温泉まで来ると、車椅子で利用できる観光施設が現れます。代表的な施設が「東武ワールドスクウェア」です。ほかにはトリックアート館、恐竜館、日光江戸村などがあります。興味がある観光施設があればご利用ください。

また鬼怒川温泉周辺には「つけもの」や「お菓子」「おかき」など、車椅子で買い物ができるお土産屋が点在します。

 

(鬼怒川温泉⇒12km)

「道の駅日光」

旧今市市の中心部にある道の駅です。産直ショップに、煎餅、スイーツ、パンなどのグルメショップ。それらをいただけるイートインスペース。食事処は2軒。日光伝統の「彫刻屋台・花屋台」の展示コーナー。「市民ギャラリー」に「観光情報館」。コンビニと24時間利用できる別棟トイレ。「日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館」。350席の「多目的ホール」があります。

ここから日光宇都宮道路の今市ICまでは5分弱です。

(道の駅日光⇒1km今市IC)

 

以上の全ての施設に立ち寄ると、約150kmを走行します。那須塩原・湯西川・鬼怒川方面のドライブが、家族の楽しい思い出になることをお祈りします。

(本稿は2020年7月に執筆しました)

旧新橋停車場 鉄道歴史展示室 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

汐留シティセンターに隣接して建つ、1872年に開業した駅舎の外観を、当時と同じ位置に忠実に再現した施設です。展示室は入場無料。展示のすべてを見ることは出来ませんが、車椅子で入場可能です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

旧新橋停車場 鉄道歴史展示室

〇旧新橋停車場とは

「旧新橋停車場」は、汐留地区の再開発によって2003年に誕生しました。プラットフォームや軌道も部分的ですが再現されています。鮮明な写真、信頼性の高い資料が残っていたおかげで、間違いのない再現ができたそうです。

1914年に東京駅が新設されて、現在の新橋駅も誕生。「旧新橋停車場」は汐留駅に改称されて貨物専用駅に転換。関東大震災で旧駅舎が焼失。最終的には、1986年に汐留駅は完全に廃止されました。

建物内にある「鉄道歴史展示室」は、公益財団法人東日本鉄道文化財団が運営している小さな展示室です。また1Fは銀座ライオンが入店しています。

旧新橋停車場 鉄道歴史展示室

〇車椅子での入館方法

展示室への入館入口は階段です。建物横にスロープがあります。このスロープを上がり、いったん銀座ライオンに入店して展示室へまわります。

展示室は2フロア構造です。

旧新橋停車場 鉄道歴史展示室

〇エレベーターで2Fへ

見学順は2Fからです。エレベーターで上がります。

2Fはほとんどが企画展の展示スペースです。他に常設展示品は、往時の写真、汐留の出土品、旧新橋停車場の再現ジオラマなどがあります。

通常の見学ルートは、階段で1Fへ下りながらその横にある展示物を見学します。車椅子ではここは見学できません。

1Fにはほとんど展示スペースはありません。「駅舎基礎石積み見学窓」から「旧新橋停車場」の遺構をみることができます。

旧新橋停車場 鉄道歴史展示室

旧新橋停車場の鉄道歴史展示室は、外観から想像するよりも小さな展示室です。スロープとエレベーターを利用して、車椅子で2F展示室の見学ができます。

(本稿は2020年5月に執筆しました)