皇居に面する 車椅子で利用できるバリアフリー施設ガイド

東京の中心「皇居」に面して、数多くの車椅子で利用できるバリアフリー施設があります。皇居を一周するルートで、障がいのある家族と一緒に利用できる、主な施設や公園などのバリアフリー状況を紹介します。

皇居の北側から時計回りで一周します。

北の丸公園

環境省管轄の国民公園です。園内の舗装散策路はアップダウンが少なく、車椅子で散策できます。園内はクワガタが生息する自然の宝庫です。

近隣の各駅からのアクセス路はすべて上り坂になります。公園内の有料駐車場は、駐車料金の障害者減免制度はありません。

園内の「科学技術館」は、あまりバリアフリーではありません。車椅子での利用は、最新情報を確認して慎重に判断してください。

北の丸公園

国立公文書館

公文書を保管し閲覧できる独立行政法人の施設です。春と秋に観覧無料の特別展が開催されます。

敷地はフラットで、エントランス前に1台分障害者用駐車区画があります。

特別展が開催される1Fはフラット構造で、車椅子で利用できます。

ただし特別展に使用される展示ケースは、真上からのぞき込むタイプが多く、車椅子からの低い目線では、見難い展示がママあります。

国立公文書館

国立近代美術館

身体障害者に限り、前庭に車を駐車することが出来ます。スタッフに車椅子利用を申告して誘導を受けてください。

コレクション展、企画展とも、観覧料の障害者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。

館内はバリアフリーで、車椅子で観覧できます。

国立近代美術館

皇居東御苑

苑内にはアップダウンがあります。本丸周辺が高台で、この方面に向かうと坂道を上がります。最も激しい傾斜路は富士見多聞へ上がる道で、車椅子では通行できません。

二の丸庭園周辺などはフラットな散策路です。

また三ノ丸尚蔵館は、エントランスに段差回避スロープがあり、車椅子で観覧できます。

皇居東御苑

明治生命館

明治生命の旧本社内部を残した施設です。全館車椅子で見学できます。

明治安田生命の現役の事務所でもあるので、公開されるのは土曜日と日曜日です。入場は無料です。

観覧ルートは2Fからで、一般見学者は1Fへ階段で下ります。車椅子利用者はエレベーターを利用します。スタッフの誘導に従ってください。

明治生命館

日比谷公園

園内は徐々に改修されています。それでもまだデコボコや段差がある散策路、未舗装路面のエリア、段差構造の施設があります。

よくイベントが開催される「第二花壇」は出入口に段差がある未舗装広場、「草地広場」も未舗装でデコボコがあります。車椅子ではフラットな舗装路を散策してください。

公園の地下駐車場は、地上へのルートが階段でエレベーターはありません。車椅子では車道の傾斜路を上がることになります。

日比谷公園

国会前庭

衆議院が管理する庭園で、和式の南庭と洋式の北庭があります。

南庭は概ねフラットな地形で、ほとんどの段差箇所にはスロープが設置されています。

北庭には段差箇所はありませんが、地形が傾斜面なので、散策路が坂道です。

国会前庭は南北とも車椅子で散策が可能ですが、周囲はアップダウンがある地形なので、アクセスルートは傾斜路になります。

国会前庭

憲政記念館

段差箇所にはスロープ、館内にはエレベーターがあり、ほぼ全館車椅子で利用できます。

常設展示があり、不定期に企画展や特別展が開催されます。いずれも入場は無料です。

特別展などで使用される展示ケースは、車椅子から見やすい構造のものが多く、車椅子での観覧は可能です。

前庭に駐車場がありますが、関係者専用で身体障害者も利用できません。

憲政記念館

国立国会図書館

来館者用の無料駐車場があり、障害者用駐車区画が用意されています。

図書の閲覧のほかに、不定期開催ですが特別展が開催されることがあります。

特別展の会場は、通例新館の1Fです。段差箇所にはスロープがあり、車椅子で観覧できます。

国立国会図書館

国立劇場

前庭からエントランス周辺はフラットな構造です。

大劇場、小劇場とも、車椅子用観覧席の用意があり、各演目の観覧料金は障害者減免があります。

一般来館者用の有料駐車場とは別に、エントランスの近くに身体障害者用の駐車区画が用意されています。スタッフに車椅子利用を申告して、誘導を受けてください。

国立劇場

国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑

環境省が管轄する施設です。広い無料駐車場があります。苑内の段差箇所にはスロープがあり、車椅子で移動できます。

車椅子で利用できる休憩所、障害者用トイレもあります。

慰霊行事の開催日は、一般の参拝が制限されることもあるので、日程を確認して利用して下さい。

国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑

以上、皇居に面した立地の車椅子で利用できる主なバリアフリー施設です。

(本稿は2020年3月に執筆しました)

神奈川県相模原エリア 車椅子バリアフリードライブコース

相模原には車椅子で利用できるバリアフリー施設が数多くあります。その中から障がいのある家族と一緒に楽しめる、ドライブでの立ち寄り先に適した施設や公園、産直ショップなど観光スポットを紹介します。

 

JAXA宇宙科学探査交流棟

相模原には宇宙研究開発機構(JAXA)のキャンパスがあります。その中にある、無料公開の展示館です。

JAXA宇宙科学探査交流棟

収容台数は少ないですが無料駐車場があります。

屋外展示は、実物または実寸大模型のロケット。屋内では月探査機や大気圏突入技術など、JAXAの活動が紹介されます。

JAXA宇宙科学探査交流棟

施設全般バリアフリー仕様で、車椅子で見学可能です。交流棟内には障害者用トイレがあります。

JAXA宇宙科学探査交流棟

相模原市立博物館

JAXA宇宙科学探査交流棟の隣接地にある博物館です。相模原の歴史民俗を紹介する常設展は無料公開。プラネタリウムは有料ですが、観覧料の障害者減免制度があります。

相模原市立博物館

無料駐車場があり、館内はバリアフリー仕様で、車椅子での見学に大きな問題はありません。

市立の歴史民俗博物館としては、施設の設備、展示内容とも、ハイレベルな博物館です。

相模原市立博物館

相模川ふれあい科学館

相模川の自然を展示する施設です。魚類の展示が多いので、科学館というよりも水族館のような施設です。

相模川ふれあい科学館

無料駐車場があり、入館料の障害者減免制度があります。

ワンフロア構造のコンパクトな施設です。全館車椅子で見学できます。

相模川ふれあい科学館

相模湖記念館

ダム湖である相模湖の建設の歴史や意義を展示する無料施設です。相模湖の近く「相模湖交流センター」の2Fにあります。

相模湖記念館

駐車場は、観光シーズンは有料になりますが、障害者用駐車区画は年中無料で利用できます。

展示物は13種類。すべて車椅子で見学できます。展示は子供向けの内容です。

相模湖記念館

相模の大凧センター

江戸時代から伝わる、相模の大凧揚げ文化を紹介する無料施設です。公民館「れんげの里あらいそ」内にあります。

相模の大凧センター

吹き抜け構造のアトリウム天井に大凧を展示。1Fは大凧の解説展示。2Fは回廊ギャラリーに日本各地、世界各国の凧が展示されます。

1F、2Fとも車椅子で見学できます。

相模の大凧センター

女子美アートミュージアム

相模原には女子美術大学のキャンパスがあります。その中にある美術館で、年間6本程度の無料企画展が開催されます。

女子美アートミュージアム

一般来館者用の駐車場はありませんが、障害者用駐車区画が1台分用意されています。一般的には隣接する「相模原麻溝公園」の無料駐車場を利用します。

館内はバリアフリー仕様で、車椅子での展示室内の鑑賞は可能です。

女子美アートミュージアム

相模原麻溝公園

相模原には大きな公園があります。その一つがここで、障害者用駐車区画がある無料駐車場があります。

相模原麻溝公園

広さは21ha。高さ38mの展望台「グリーンタワー相模原」は、エレベーターがあり車椅子で利用できます。

丘陵の公園なので、散策路はゆっくりした傾斜があります。

散策路の路面など、設備面では老朽化が進んでいます。この点を除けば、車椅子で散策ができる公園です。

相模原麻溝公園

神奈川県立相模湖公園

相模湖畔の公園です。駐車料金は障害者手帳の提示で1時間無料になります。

神奈川県立相模湖公園

園内の段差箇所にはスロープがあり、障害者用トイレがあります。

相模湖を眺めながら、車椅子で散歩を楽しめる公園です。

1964年の前回東京オリンピックでは、カヌー競技の会場になった公園です。

神奈川県立相模湖公園

農産物直売所「ベジたべーな」

相模原には車椅子で買い物ができる産直ショップがあります。JA相模原市の「ベジたべーな」は、2014年に開店した産直ショップで、バリアフリー仕様です。

障害者用駐車区画があり、障害者用トイレがあります。

農産物直売所「ベジたべーな」

農産物直売所「あぐりんずつくい」

津久井湖の近くにあるJA神奈川つくいの「あぐりんずつくい」は、2013年の開店でバリアフリー仕様です。

障害者用駐車区画あり、障害者用トイレありで、店内の通路幅は余裕があります。

農産物直売所「あぐりんずつくい」

以上相模原エリアで、障がいのある家族とのドライブ立ち寄り先に、お薦めできる主な施設です。

(本稿は2020年3月に執筆しました)

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

酒どころ京都伏見の「黄桜カッパカントリー」は、食事処、ショップ、資料館などがある、車椅子で利用できる施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇駐車場は20台収容

近隣の駅からは徒歩7~8分の案内です。

無料駐車場があります。収容台数は20台程度と小規模な駐車場で、障害者用駐車区画の設定はありません。近隣には民間有料駐車場が複数あります。

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇ショップ&食事処のバリアフリー状況

フリーテーブルが置かれる「黄桜広場」を中心に、商業施設棟と資料館棟があります。

商業施設棟に入ると「黄桜商店」があります。ここでしか買えない黄桜商品などが販売されるショップです。スペースは広くはありませんが、混雑していなければ車椅子で買い物ができます。

ショップの奥に食事処「黄桜酒場」の受付があります。そこで利用人数を申告すると店内に案内されます。受付から店内までが、玉石敷き風の少しデコボコがある緩い上り坂の通路を通ります。ゆっくり進めば、車椅子への衝撃は薄らぎます。この通路の途中に障害者用トイレがあります。

「黄桜酒場」の席は、一般的なテーブル席と、掘り炬燵式のお座敷席があります。テーブル席は可動式で、車椅子での利用は可能です。

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇黄桜記念館のバリアフリー状況

資料館棟は「黄桜記念館」です。メインの入口から館内に入ると、昭和40年代からの黄桜TVCMが鑑賞できるビジョンがあります。

館内には段差がありビジョンは低地部です。各種資料が展示される高地部に段差回避して移動するには、いったん外に出て「黄桜広場」に面した別の手動ドアの出入口から入り直します。

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

「黄桜記念館」は道を渡った側にも続きがあります。

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇酒造工房内も見学コース

南側の道を渡った先も黄桜の施設です。「黄桜記念館」の続きがある酒造工房で、展示物を見学しながら移動し、濠川が流れる南側の道へ車椅子で通り抜けできます。

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇周辺の観光情報

酒造工房から濠川方面へ出た場所を起点に、車椅子で散策できる周辺の観光スポットを紹介します。

右手に進むと「寺田屋」があります。

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

その手前の商店街は「龍馬通り」です。

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

寺田屋とは反対側の左手に進むと「鳥せい本店」ほか、古い酒蔵をリノベーションした名店が並ぶエリアに出ます。

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

京都伏見 黄桜カッパカントリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

「黄桜カッパカントリー」は、車椅子で利用できる施設です。障害者用トイレは「黄桜酒場」への通路にあります。

(本稿は2020年3月の取材に基づいています)