市原史跡上総国分尼寺跡展示館 バリアフリー情報

千葉県市原市の「市原史跡上総国分尼寺跡」には、車椅子で見学ができる復元された回廊とガイダンス施設があります。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2018年1月の取材に基づいています。

・復元された中門、金堂、回廊

奈良時代に日本各地に建立された国分寺。上総国国分尼寺の史跡に、往時の様を再現した復元施設とガイダンス施設があり、いずれも入場入館無料です。

スロープがあり車椅子での見学は可能です。

独立棟タイプの公衆トイレがあり、障害者用トイレが用意されています。

史跡上総国分尼寺跡・展示館立派な復元施設で「中門」「金堂」それを結ぶ「回廊」があります。

 

・市原は古代の中心地

大規模な復元施設です。現地の解説版を要約すると「市原が上総国の政治文化の中心であったことを示す」ために復元したと書かれています。

史跡上総国分尼寺跡・展示館1993年に中門と展示館、1997年に金堂と回廊が公開されました。

史跡上総国分尼寺跡・展示館

・ギリギリのバリアフリー

1990年代の施設ですから、今どきのバリアフリー水準ではありません。

展示館脇に無料駐車場があり、障害者用駐車区画が1台分あります。

そこから段差回避のスロープを上り施設へ向かいます。

展示館の出入口は段差はありません。

復元施設へはほぼフラットは舗装歩道を進みます。

回廊にあがる車椅子ルートの案内があるので左折し、スロープで回廊に上ります。このスロープが木製で路面に隙間があります。車椅子での最大の難関はこの復元回廊へのスロープです。隙間に車椅子のタイヤを落とさないように気をつけてください。

史跡上総国分尼寺跡・展示館

・車椅子で復元回廊を巡る

回廊に上れば車椅子にとって大きな障害物はありません。

回廊内のスペースに下りるのは段差路。したがって車椅子では回廊を巡りながら、中門、金堂を中心に見学するコースになります。

資料に基づき、忠実に往時の様を復元しているそうです。

史跡上総国分尼寺跡・展示館

・展示館はビデオ解説が中心

復元施設の見学の前に、展示館で勉強するのが市原市のお薦めコースです。

展示館は小規模な施設。メインはビデオ解説です。展示館に入りスタッフに視聴を希望すると上映していただけます。上映後にジオラマ等を用いたスタッフの解説を聞くこともできます。最長30分コースという案内です。

史跡上総国分尼寺跡・展示館

・未完の復元施設

現地には、復元施設の完成予定図のようなものが掲示されています。「往時をすべて復元するとこういうイメージになる」ということです。用地は十分に確保されています。未完の復元施設なのかもしれません。

史跡上総国分尼寺跡・展示館

「市原史跡上総国分尼寺跡」は、一般的な知名度は高くありませんが、とても立派な復元施設です。展示館でしっかり勉強するなら、見学トータルで1時間は必要です。時間に余裕を持って利用してください。

行田 古代蓮の里 車椅子バリアフリー情報

埼玉県行田市の「古代蓮の里」は、車椅子で花蓮を楽しめる公園です。現地のバリアフリー情報を紹介します。

なお本稿は2014年の取材で初稿を執筆し、2019年8月に加筆修正しました。

古代蓮の里

○公園の全体概要

バリアフリーに整備された公園です。

古代蓮池を中心に舗装された散策路、木製のフラット通路があり、蓮池の周りや、一部池の中を車椅子で移動できます。

50mの有料展望タワーがあり、車椅子で展望台に上がることができます。

梅林、桜のお花見広場、牡丹園、ロウバイ園、水仙園などがあり、蓮の開花時期以外も、車椅子でお花見が楽しめます。

うどん店や売店があり、車椅子で食事をすることが出来ます。

公園の全体概要

○アクセス方法

アクセスは車が便利です。

南北2か所の駐車場があり、通常期は無料、蓮の開花時は有料になります。有料期間でも障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で駐車料金が無料に減免されます。

南駐車場がメインで、蓮の鑑賞にも便利です。障害者用駐車区画の用意があります。有料期間中は駐車場に誘導スタッフがいるので、車椅子利用を申告してください。

アクセス方法

○最初は世界の蓮園へ

蓮の開花時に南駐車場を利用したとします。

公園の利用は通年無料です。駐車場から公園内に入ると、最初にあるのは2つの「世界の蓮園」です。舗装された敷地内にある池で、車椅子からの蓮鑑賞は問題なく出来ます。

古代蓮池などの散策に向かいます

○蓮池を巡る

次に古代蓮池などの散策に向かいます。多少アップダウンがあるルートもありますが、車椅子での移動は出来ます。広い公園の大きな池です。蓮の開花時期は夏なので、暑さに注意して無理のない範囲を散策して下さい。

園内3カ所に公衆トイレがあり、いずれのトイレにも障害者用トイレがあります。

蓮池を巡る

○古代蓮会館のバリアフリー状況

展望タワーがある有料施設「古代蓮会館」は、車椅子で利用できます。

入館料は障害者手帳の提示で、本人と介助者1名が半額に減免されます。

館内には障害者用トイレが1つ用意されています。

古代蓮会館のバリアフリー状況

1Fには展示室があり、行田の蓮や行田の自然に関する解説展示などがあります。また休憩スペースが用意されています。

展望タワーにはエレベーターで上がります。蓮の花の形状をイメージした展望室で、床上からガラス面なので車椅子からの目線でも眺望を楽しめます。

近年は、夏に田んぼアートを眺めることができます。

夏に田んぼアートを眺めることができます

○釣り堀や大型遊具も

バリアフリー仕様ではありませんが、無料で利用出来る釣り堀があります。

また子供向けの大型遊具がある「冒険遊び場」があります。

古代蓮の里は、車椅子で蓮の花を楽しめ

古代蓮の里は、車椅子で蓮の花を楽しめ、田んぼアートを鑑賞できる公園です。そして他の季節でも、バリアフリーにお花を楽しめる公園です。

深川の無料施設「小津安二郎紹介展示コーナー」バリアフリー情報

東京都江東区深川にある「小津安二郎紹介展示コーナー」は、車椅子で利用できる施設です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2018年1月の取材に基づいています。

古石場文化センター「小津安二郎紹介展示コーナー」

・小さな無料展示コーナー

「東京物語」「麦秋」など多数の名作を撮った映画界の巨匠、小津安二郎監督は1903年深川の生まれ。その縁で江東区の公共施設「古石場文化センター」の1Fに、生誕100年を機に「小津安二郎紹介展示コーナー」が開設されました。入場は無料。施設はバリアフリー。展示コーナー内もフラット構造。車椅子での利用に大きな問題はありません。10坪ほどの小さな展示コーナーです。

古石場文化センター「小津安二郎紹介展示コーナー」

・駐車場は障害者手帳で減免あり

古石場文化センターは、どの駅からも徒歩10分以上の距離があります。センターには駐車場があり11台を収容します。駐車料金は障害者手帳の提示で半額に減免されます。事務所で手続きをおこなってください。最初の30分は無料です。

古石場文化センター「小津安二郎紹介展示コーナー」

・並ぶ食器は映画に出演した逸品

展示コーナーには、小津監督の年表や作品の紹介などの展示があります。今回訪問時は企画展が開催中。ひときわ目を引くのは、数々の食器類の展示。これらは映画に出演した、監督コダワリの小物ということです。

古石場文化センター「小津安二郎紹介展示コーナー」

・芸術のことは自分に従う

小津監督の名言が大きく掲示されています。「なんでもないことは流行に従う。重大なことは道徳に従う。芸術のことは自分に従う。」

古石場文化センター「小津安二郎紹介展示コーナー」「小津安二郎紹介展示コーナー」は、車椅子での見学は可能です。