車椅子で行く筑波研究学園都市~筑波宇宙センター バリアフリー情報

「筑波宇宙センター」の自由見学施設は、車椅子で利用できます。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○3カ所に障害者用駐車スペース

筑波宇宙センターへのアクセスは車が便利です。「東大通り」から正門を通り、そのまま施設内へ入ります。特別な入場手続きはありません。

無料駐車場があります。「総合案内所」前、「ロケット広場」前、「スペースドーム」前の3カ所に障害者用駐車スペースの用意があります。

 

○広場のロケットは本物

1972年創設。敷地面積53万㎡。日本の宇宙開発の中枢センターです。一部例外はありますが、基本的にはバリアフリー。車椅子で宇宙の魅力を楽しめます。

「ロケット広場」に展示されているのは、全長50mの本物ロケット「H-Ⅱロケット」。燃料を注入すれば、本当に飛ぶそうです。

筑波宇宙センター バリアフリー情報

○「スペースドーム」は2015年リニューアル

屋内展示施設の名称は「スペースドーム」。入場無料の施設です。2015年にリニューアルされ、バリアフリーが進みました。綺麗な障害者用トイレが用意されています。

国際宇宙ステーション「きぼう」の実験棟のモデルがあり、一般の人は階段で船内へ。車椅子利用者向けに昇降機が用意されています。

 

○展示内容の概要

「スペースドーム」内の展示は、車椅子で見学できます。

「ドリームポート」と呼ばれる100万分の1スケールの地球の展示から始まり、ロケットや人工衛星のモデル、エンジンや通信機器のモデルなどの展示が並びます。そして「はやぶさ」の2分の1モデルがあります。

一般向けの音声ガイドの貸し出しがあります。また原則1日5回、JAXAスタッフによる展示間ガイドが行われます。途中参加、途中退出は自由。専門的な詳しい解説です。

筑波宇宙センター バリアフリー情報

○売店には宇宙食

「プラネットキューブ」と呼ばれる別棟があり、奥には障害者用トイレ、そして企画展のスペースと「ミュージアムショップ」と呼ばれる売店があります。売店には宇宙食をはじめ、ここでしか買えないものが並びます。売店はあまりスペースに余裕がありません。混雑していると車椅子では苦戦します。

 

○イベント開催あり

筑波宇宙センターでは、プラネットキューブでの企画展の開催、夏休み特別企画など、車椅子で参加できる様々なイベントが開催されます。

その情報はJAXAの情報発信ページ「ファン ファン JAXA」で確認できます。

 

 

売店は混雑するとスペースがなく苦労しますが、「ロケット広場」と「スペースドーム」は車椅子で利用できます。「筑波宇宙センター」の自由見学施設はバリアフリーです。

車椅子で行く筑波研究学園都市~地図と測量の科学館バリアフリー情報

国土交通省の国土地理院にある一般公開施設「地図と測量の科学館」は、車椅子で利用できます。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○無料駐車場あり

アクセスは車が便利です。広々した無料駐車場があり、障害者駐車スペースの用意があります。駐車場から施設までの通路はフラットな舗装路で、車椅子での通行は可能です。ただしこの間に屋根や庇はありません。

 

○入館無料でバリアフリー

無料で利用出来る施設です。屋外展示場と、2F構造の屋内展示施設があります。障害者用トイレは1F・2Fそれぞれに用意。館内はエレベーターがあり、フロア内は段差の無い構造です。

 

○屋外展示場のバリアフリー状況

屋外展示場の名称は「地球ひろば」。引退した測量用航空機「くにかぜ」を展示。車椅子で「くにかぜ」に近づいて見学することが出来ます。

筑波研究学園都市~地図と測量の科学館バリアフリー情報

「日本列島球体模型」は地球の丸さを体感する展示物。この模型の傾斜はかなり急なので、車椅子での模型登頂は避けた方が無難です。ただ段差はないので、どうしても地球の丸さを車椅子で体感したい人は、チャレンジはできます。

 

○1F常設展のバリアフリー状況

屋内展示棟の1Fが常設展です。ラウンジには「日本列島空中散歩マップ」があり、立体メガネで見学します。

筑波研究学園都市~地図と測量の科学館バリアフリー情報

常設展示は測量の歴史、地図の歴史、測量の道具の歴史、自分のサイズを測量する体験型の展示などがあります。

いずれも車椅子からの見学は可能です。

 

○2F特別展示室

エレベーターで2Fへ。特別展示室があり、企画展が開催されます。2Fもすべて段差の無いフラット構造で、車椅子での利用は可能です。

 

○売店あり

1Fに「科学館売店」があり、国土地理院が刊行した地図や書籍が販売されています。一般の書店にはない、とても専門性の高い地図や書籍があります。

 

○6月3日は測量の日

6月3日は国交省が定めた「測量の日」。毎年この日に近い日曜日に「測量の日 特別イベント」が開催されます。国土地理院の職員が休日出勤して、来場客の応対を担当します。

このイベントが年間で最大のビッグイベント。来館者数は2,000人超ということですが、スペースに余裕があるので、車椅子でのイベント参加は十分可能です。

 

 

「地図と測量の科学館」は、筑波研究学園都市らしい知の拠点。屋内外ともバリアフリーで、車椅子で利用出来る施設です。

車椅子で行く筑波研究学園都市~つくばエキスポセンター バリアフリー情報

1985年に開催された「つくば万博」の展示施設が、翌1986年に「つくばエキスポセンター」として開館しました。エキスポセンターは車椅子で利用出来るのか。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○専用駐車場の状況

アクセスは車が便利。エキスポセンターの専用駐車場があります。週末など繁忙期は有料で1回200円。障害者減免はありません。

一般駐車区画とは離れた職員通用口の近くに障害者駐車区画が2台分用意されています。駐車料金の徴収スタッフに、車椅子利用を申告してください。駐車場所と館内へのルートを案内していただけます。

車椅子利用者はスロープを通り、職員通用口から館内へ向かいます。

 

○障害者減免あり

入館手続きは1F総合案内で。入館料は障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

「つくばエキスポセンター」は、屋内展示場、屋外展示場、プラネタリウムで構成される施設です。

館内は2フロア構成。職員通用口の近くの目立たない場所にエレベーターがあります。障害者用トイレは合計3カ所に設置。プラネタリウムには車椅子席の用意があります。

古い施設なのでバリアフリー設計でありませんが、回避できない決定的な段差箇所は無いので、車椅子での施設利用は概ね可能です。

 

○昔の未来、30年前の最新展示をみる

プラネタリウムは2005年に大改修をしていますが、その他の施設ハードは、ほぼ開館当時のままです。

展示内容は、屋内展示場2Fの中央部が「新展示」と称され、開館時から変わっています。

それ以外のほとんどの展示は、ほぼ「つくば万博」当時のものです。1985年に描かれた科学の未来を、そのまま見ることが出来る科学館です。

つくばエキスポセンター バリアフリー情報

○原子力エネルギーにアポロ計画

屋内展示は、1Fが子ども向け体験展示で、2Fが当時の科学の最前線を紹介する展示です。いずれも最近の展示手法とは違う、昭和の展示空間です。原子力エネルギーや、アポロ計画が展示されています。

 

○「つくば85メモリアル」コーナー他

屋内のプラネタリウム館入口に「つくば85メモリアル」コーナーがあり「つくば万博」スタッフの制服や、マスコットなどが展示されています。他には当時の人型ロボットの展示も。30年の歳月を感じる展示です。車椅子で見学できます。

屋内にある「3Dシアター」はハードと映像ソフト両面で昭和感が溢れます。車椅子での鑑賞は可能です。

「第1休憩室」は昭和の空間のまま。車椅子で休憩ができます。

つくばエキスポセンター バリアフリー情報

○屋外展示も30年間ほぼ不変

巨大なロケットがシンボル。屋外展示場も不変です。

ニュートン、ガリレオ、エジソンなどを意味する展示物など、いまでは滅多に見ることが出来ないタイプの造作物が数多くあります。30年という歳月の重みを感じる展示です。

「ゆるぎ石」など、車椅子で立ち寄れない箇所もありますが、屋外展示物の見学は車椅子で可能です。

つくばエキスポセンター バリアフリー情報

○親子連れが中心

休日は多くの来場者で賑わいます。小さな子供連れの家族が多く、「つくばエキスポセンター」は未就学児の遊び場のようになっています。そのご両親が生まれたのが1985年前後。「つくば万博」を知らない世代が訪れる科学館です。

 

 

車椅子では職員通用口から館内へ入ります。1985年の施設ですが「つくばエキスポセンター」は、ほぼ全域を車椅子で利用出来る施設です。