国立科学博物館 「古代アンデス文明展」 バリアフリー情報

国立科学博物館「古代アンデス文明展」東京都台東区、上野の科博で2017年10月21日から2018年2月18日の開催。約1万5千年に及ぶアンデスの歴史と文化を紹介する特別展です。

会場はバリアフリー。入場料は障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免。展示はすべて車椅子からでも見やすい工夫があります。

またスタッフによる車椅子ルートの誘導もとても親切です。

国立科学博物館「古代アンデス文明展」

○古代アンデスの全貌を展示

アンデス文明はインカだけではありません。解っている限りで最も古い文明は「カラル文化」。現ペルーのリマ北部に遺跡があります。紀元前3000年からの文明です。

続いて「チャピン文化」。これはリマ南部の遺跡。紀元前1300年から。

その次が「ナスカ」。ナスカの地上絵で有名。紀元前200年から。

国立科学博物館「古代アンデス文明展」

○距離と高低差も幅が広い

時間的な長さだけではなく、距離と高低差も凄いのが古代アンデス文明。判明している文明だけで、エクアドル、ペルー、ボリビアにまたがり、南北に約4,000kmの距離があります。

また平地と高地の標高差は4,500m。富士山の頂上よりも高い文化遺跡があります。古代アンデスはすべてが高地文明ではありません。

 

○9つの文化を展示

「古代アンデス文明展」では、複雑で奥深い古代アンデスを9つの文化から紹介。歴史の最後はインカ帝国です。

本物のミイラが展示されています。高度な文明と宗教観。文字がない文明なので、まだまだ謎は多い。数では古代エジプトに負けないほどのピラミッドが発見されています。

国立科学博物館「古代アンデス文明展」

○惜しまれる金加工品の喪失

インカ帝国の征服者スペイン人たちが、インカの芸術的な金の加工品をすべて取り上げて、溶かして延べ棒にしてしまいました。

本展で現存する古代アンデスの装飾品をみると、改めてインカの金加工品喪失が惜しまれます。

知られざる巨大文明、古代アンデス。その全貌を知る機会は滅多にありません。 「古代アンデス文明展」の会場はバリアフリー。車椅子で観覧できる特別展です。

国立科学博物館 特別展「ラスコー」バリアフリー情報

東京都台東区上野公園「国立科学博物館」の2万年前のクロマニョン人を知る特別展です。車椅子でラスコー洞窟を歩けます。

2016年11月1日から2月19日までの開催。会場内はバリアフリー。障害者手帳の提示で、本人と介助者1名の入場料が無料に減免されます。

会場は、特別展が開催されるいつもの地階です。受付の横にエレベーターがあり、車椅子で入場すると地階B2へ案内していただけます。

国立科学博物館「ラスコー」

B2は第一会場。ここからお土産コーナーなどもある、B1第二会場へ移動するには再度同じエレベーターを利用して昇ります。

第一会場を見終わったら、会場スタッフに声をかけてください。エレベーターに案内をしていただけます。

エレベーターをB1で降りると、上りの傾斜路を頑張って第二会場へ。会場につくと、会場内は逆に下りの傾斜路があります。

展示コーナーの先、お土産コーナーを抜けると出口へ。この出口には自由利用のエレベーターがあるので、自分で乗って地上階へ移動します。

この間、障害者用トイレは2か所あります。科博の企画展会場は、全般的に車椅子での利用に、大きな問題はありません。

国立科学博物館「ラスコー」

注目の展示は、精密に再現された「ラスコー洞窟」内の壁画。薄暗い照明の中に、「褐色のバイソン・ヤギの列・ウマの列」「黒い牡ウシ・ウマの列・謎の記号」「背中合わせのバイソン」「泳ぐシカ」「井戸の場面」の5つの作品が浮かび上がります。

すべて実物大で、1ミリ以下の精度で再現されています。

国立科学博物館「ラスコー」

企画展で学べるもう一つのテーマは、クロマニョン人のこと。専門家による最新の分析によって復元されたクロマニョン人の模型があり、並んで記念撮影もできます。

想像するよりも、我々に似ています。クロマニョン人は、我々と同じホモサピエンス。アフリカで誕生してヨーロッパに渡った移民だと考えられています。

2万年前に活動していた人たちですが、我々と全く同じ新人類。道具を使い、装飾を楽しみ、画をかいていた人たちです。

狩猟具を考案して効率的な狩猟を行い、針と糸を考案し、衣服を仕立てて着用していたと考えられています。

発掘されている道具から、毛皮を加工してしたことも解っています。

検証不能ですが、ひょっとすると文字はなくとても、言語はあったのかもしれません。

彼らは我々の直系の祖先です。

ところでなぜクロマニョンと呼ばれるのか。1868年にこの時代の人類の男性の頭蓋骨が発見されました。その場所がラスコー洞窟から20kmほどの「クロマニョン岩陰」。最初に骨が発見された場所の地名がクロマニョンの由来です。

お土産コーナーで見かけた逸品は、「クロマニョン人のフィギア」「ラスコー絵画ジグソーパズル」などです。

上野の科博には専用駐車場がありません。お天気の安定した日に、車椅子でお出かけ下さい。

国立科学博物館 「特別展昆虫」 バリアフリー情報

○2018年夏は昆虫

上野の国立科学博物館「特別展昆虫」は、2018年7月13日から10月8日の開催。観覧料は障害者手帳の提示で、本人と介助者1名が無料に減免されます。

夏休みの科博は家族連れで大賑わい。自由研究のテーマにも最適です。金曜土曜は夜間延長開館。今回は土曜日の17時過ぎに行きましたが、まだまだ会場内は子供でいっぱいでした。混雑嫌いの車椅子利用者は、9月10月のほうが、混雑が緩和されるかもしれません。

国立科学博物館「特別展昆虫」

○特別展会場のバリアフリー概況

科博の特別展は専用入場口があります。入場待ちの列が出来ている場合は、スタッフに相談して指示を受けてください。入場については、車椅子利用者も一緒に並ぶのが原則です。

会場は第一会場がB1。第二会場が半地下にあたるBMになります。受付は1F。そこからエレベーターでB1へ。第一会場を鑑賞後、同じエレベーターに戻りBMへ。ここはスタッフの指示に基づいて行動してください。そこからスロープルートで第二会場へ。第二会場から1Fへは、別のエレベーターを利用します。ここはスタッフの誘導はありません。

国立科学博物館「特別展昆虫」

○車椅子の鬼門はお土産コーナー

混雑しているときは、車椅子での会場内移動は大変です。「特別展昆虫」は、展示の通路が広く設定されているので、過去の人気特別展に比べて、車椅子での移動が楽にできました。

第二会場の最後はお土産コーナーです。ここは車椅子が苦戦する狭い通路の難所。移動が困難な場合は、スタッフに相談してください。出口へ誘導していただけます。

国立科学博物館「特別展昆虫」

○巨大模型はインスタ映え

最初のコーナーは「①昆虫とは」。巨大昆虫の展示が並びます。ここは写真撮影ポイント。今回訪問時、このコーナーがもっとも混雑していました。良く出来た巨大昆虫です。

国立科学博物館「特別展昆虫」

○「Gの部屋」は内緒企画

続いて「②昆虫の多様性」そして「③昆虫の生態」とコーナーが続きます。ここにある「Gの部屋」は内容がどっきり企画。嫌われ者の昆虫の生態を紹介するコーナーです。

国立科学博物館「特別展昆虫」

○標本回廊の迫力はすごい

昆虫好きの大人にお薦めなのは、第一会場後半のコーナーにある標本回廊。もの凄い数の標本が、展示されています。一つひとつを丁寧に観察すると、どれだけ時間がかかるのか。第一会場の最後には、新種の展示があります。

国立科学博物館「特別展昆虫」

展示室内の通路が余裕のある設定なので、多少の混雑でも車椅子で鑑賞しやすい特別展です。とはいっても夏休みの週末、日中時間帯は大混雑が予想されるので、車椅子での利用は避けることをお薦めします。