東京ミッドタウン「ストリートミュージアム2021」バリアフリー情報

東京ミッドタウン「ストリートミュージアム2021」

「TOKYO MIDTOWN AWARD 2020」 アートコンペ受賞者6名の作品展示です。会場は東京ミッドタウン内のパブリックスペース、プラザ B1 メトロアベニュー。会期は2021年3月19日から5月30日まで。観覧は無料です。

東京ミッドタウン「ストリートミュージアム2021」

東京ミッドタウン「ストリートミュージアム2021」

東京ミッドタウンはバリアフリー施設。問題なく車椅子で作品鑑賞ができます。

東京ミッドタウン「ストリートミュージアム2021」

東京ミッドタウン「ストリートミュージアム2021」

初見で最も難解な作品は、山本千愛氏の「西へ行くこと/戻ること」ではないでしょうか。作家は、12フィートの木材を持って、群馬から山口まで歩いたそうです。展示されているのは「12フィートの木材、ビデオ、メモ、歩くときに使用したもの、ターポリン、単管パイプ」と紹介されています。途中で警察官に職務質問されたようです。

東京ミッドタウン「ストリートミュージアム2021」

和田裕美子氏の作品「seek」の素材は、髪の毛です。光球上に鮮やかなデザインが映し出されます。

東京ミッドタウン「ストリートミュージアム2021」

毎年恒例のアートイベントです。すでに 「TOKYO MIDTOWN AWARD 2021」が始まっています。