東京都写真美術館「日本の現代写真」展 バリアフリー情報

東京都写真美術館「日本の現代写真」展

日本写真家協会が創立70周年を記念して、「日本の現代写真1985‐2015」を編纂しました。過去に「1840‐1945」「1945‐1970」「1945‐95」の3冊があり、それに続く4冊目の写真史です。

この4冊目の編纂に基づく写真展が「日本の現代写真1985‐2015」です。会場は東京都目黒区、恵比寿ガーデンプレイス内の東京都写真美術館B1展示室。会期は2021年3月20日から4月25日までです。

東京都写真美術館はバリアフリー施設です。また会場内はフラット構造で、観覧スペースは余裕があります。車椅子で問題なく観覧できる企画展です。

「日本の現代写真1985‐2015」の観覧料は障害者減免制度があり、本人と介助者2名まで無料に減免されます。1F総合受付で障害者手帳を提示して、無料鑑賞券を発行していただきます。

この展示会で対象となる30年間は、写真がアナログフィルムからデジタルに移行した期間です。会場では第一期1985年から1994年、第二期1995年から2004年、第三期2005年から2015年と、30年を三期に分類して作品が展示されます。

東京都写真美術館「日本の現代写真」展

第一期はアナログ写真最後の時代。人間の内面を掘り下げる作品が多いように見えます。

第二期はデジタル時代。意外にもストレートな描写作品が目立ちます。

そして第三期になると、デジタルテクノロジーを利用した、新しい表現を発明した作品が並びます。

東京都写真美術館「日本の現代写真」展

作品を通じて改めて30年の時間を確認すると、驚くほどの変化が見えます。どちらかといえば、40代以上の中高年の方にお薦めしたい企画展です。会場はバリアフリー。車椅子での観覧は可能です。