車椅子で行くパシフィコ横浜・海の駅ぷかりさん橋バリアフリー情報

パシフィコ横浜・海の駅ぷかりさん橋バリアフリー情報

横浜みなとみらい「パシフィコ横浜」の屋外エリアには「海の駅ぷかりさん橋」があります。車椅子で海の駅は利用出来るのか。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○海の駅とは何か

国土交通省が事務局を務める「東日本海の駅設置認定委員会」が認定する制度で、正式な名称は「よこはま・みなとみらい海の駅」となります。

みなとみらいの海の玄関口として「シーバス」、クルーズ船「マリーンシャトル」「マリーンルージュ」などが発着する桟橋です。

パシフィコ横浜・海の駅ぷかりさん橋バリアフリー情報

○車椅子でのアクセスはパシフィコ横浜経由で

車椅子で段差を回避して「海の駅ぷかりさん橋」へ向かうルートです。

万葉倶楽部側から直線的に向かうと段差があります。展示ホール側からパシフィコ横浜に入り、インターコンチネンタルホテルの正面入口へ。パシフィコ横浜内部を通り屋外エリアに抜けます。

コスモワールドから直進するルートも可能ですが、途中に傾斜が急なスロープがあります。

パシフィコ横浜・海の駅ぷかりさん橋バリアフリー情報

○屋外エリアはスロープ対応

「ぷかりさん橋」はパシフィコ横浜の屋外エリアの先、海の上にあります。

パシフィコ横浜の海側に出るとすぐに見えるので、道を間違うことはありません。パシフィコ横浜から海に向かう下り坂の傾斜路には、一部段差がありますが迂回スロープがあります。

「ぷかりさん橋」へとつながる橋は、傾斜はありますが車椅子で通行可。一般的な車椅子利用者なら「ぷかりさん橋」までたどり着くことが出来ます。

パシフィコ横浜・海の駅ぷかりさん橋バリアフリー情報

○「ぷかりさん橋」のバリアフリー状況

「ぷかりさん橋」への出入口は手動ドアです。1Fは案内所兼待合所。車椅子での利用は可能です。

2Fはレストランですが、階段のみでエレベーターはありません。

1Fには綺麗な障害者用トイレがあります。

パシフィコ横浜・海の駅ぷかりさん橋バリアフリー情報

○オープンデッキは車椅子散策可

「ぷかりさん橋」には乗船場になるオープンデッキがあります。このデッキはバリアフリー。車椅子で散策すると、海に「ぷかり」と浮かぶ感覚になります。

パシフィコ横浜・海の駅ぷかりさん橋バリアフリー情報

○車椅子乗船はできるか

シーバスや港内クルーズ船は、車椅子乗船は原則可能ですが、完全バリアフリー対応ではありません。船によって対応が変わりますが、車椅子乗船が可能な船でも、運行スタッフが人力で対応します。

電動車椅子は乗船できない船もあります。運行会社からは、事前の連絡と確認、乗船の予約が推奨されています。

運賃の障害者減免があります。等級により減免内容が変わるので、詳しくは運行会社に確認してください。

パシフィコ横浜・海の駅ぷかりさん橋バリアフリー情報

 

車椅子で「海の駅ぷかりさん橋」へ行くことは出来ます。障害者用トイレはありますが、2Fレストランへは階段のみです。車椅子乗船には制約があるので、運行会社への事前相談が必要です。