大田区立郷土博物館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

大田区立郷土博物館

東京都大田区にある入館無料の博物館です。2021年4月にリニューアルオープンしました。車椅子で利用できるバリアフリー施設です。

アクセスは西馬込駅から徒歩7分の案内。ただし周囲はアップダウンが多い地形です。施設エントランス前が、来館者用の無料駐車スペースです。駐車区画のラインがあるのは3台分ですが、HPでは「6台分くらいの駐車スペース」と案内されています。

大田区立郷土博物館

駐車スペースにもなるエントランス前から、レンガ調の路面を通り建物入口に進みます。

大田区立郷土博物館

館内への出入口は自動ドアで段差はありません。すぐ左側が受付窓口で、パンフレットが置かれています。

大田区立郷土博物館

大田区立郷土博物館は3フロア構造で、展示室は2Fと3Fです。展示室はすべて車椅子で観覧できるバリアフリー仕様です。

大田区立郷土博物館

エレベーターが1基あり、車椅子で上下階移動できます。

大田区立郷土博物館

エレベーターのかごは大型です。どんな車椅子でも入ります。

大田区立郷土博物館

バリアフリートイレは2Fに1つ用意されています。スペースは一般的なサイズで、シンプルな設備のトイレです。

大田区立郷土博物館

2Fの展示は、検索システム「おおた歴史探検ガイド」と「地中に刻まれた歴史」そして「農漁村の風景」です。

「地中に刻まれた歴史」は、旧石器時代からの遺跡や出土品が展示解説されています。

大田区立郷土博物館

大田区で数多くの土器が出土しています。もちろんビッグネーム「大森貝塚」の解説があります。

大田区立郷土博物館

「農漁村の風景」はビジュアルインパクトがあります。

大田区立郷土博物館

昔の大田区は「海と川のある暮らし」でした。

大田区立郷土博物館

3Fの展示は「馬込文士村」。大田区立郷土博物館独自の切り口が面白いコーナーです。かつて馬込・山王・新井宿には、数多くの文士や画家が在住し、交流がありました。どのような人がいつ住んでいたのか、どんなグループがあったのかを展示解説しています。

大田区立郷土博物館

川瀬巴水もその一人。下の写真は展示室内の「フォトスポット」です。

大田区立郷土博物館

3Fのもう一つの展示は「近代化とまち」。「暮らしの移り変わり」では、昔の生活様式を展示。

大田区立郷土博物館

「映画の都蒲田」「戦争と暮らし」などの展示解説があります。

大田区立郷土博物館

大田区立郷土博物館は、建物は新しくありませんが、展示はリニューアルしました。知らない大田区を学べるバリアフリー施設です。

(本稿は2021年10月に執筆しました)