洗足池 大田区立勝海舟記念館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

大田区立勝海舟記念館 車椅子利用ガイド

東京都大田区南千束、洗足池の畔に建つ有形文化財「清明文庫」をリノベーションして、2019年に「勝海舟記念館」が開館しました。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

大田区立勝海舟記念館 車椅子利用ガイド

○勝海舟と洗足池

洗足池は海舟お気に入りの場所。晩年は別荘として「洗足軒」を建て、この地に永眠することを願い、自身がデザインした墓石の下で洗足池の畔に眠っています。

海舟に関する図書の収集、閲覧、講義の開催などを目的に、昭和8年に洗足池の畔に開館したのが「清明文庫」です。この建物を増築、リノベーションして誕生したのが「大田区立勝海舟記念館」です。

大田区立勝海舟記念館 車椅子利用ガイド

○アクセス方法

洗足池駅から徒歩6分の案内です。周囲はアップダウンがある地形なので、坂道に弱い車椅子利用者は注意してください。

一般来館者用の駐車場はありませんが、障害者用駐車スペースが1台分用意されています。記念館裏側の入口にあり、予約制ではなく、空いていれば自由に利用できます。障害者用駐車スペースからは、裏口から2枚の自動ドアを通過して館内にバリアフリーに入ることができます。

大田区立勝海舟記念館 車椅子利用ガイド

○トイレはユニバーサルベッド付き

1F裏口側に障害者用トイレが1つあります。設備はフル装備で、跳ね上げ式のユニバーサルベッドがあります。長さは短いタイプで、150cm程度です。

大田区立勝海舟記念館 車椅子利用ガイド

○障害者減免制度あり

勝海舟記念館の観覧料は障害者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。受付で障害者手帳を提示して、入館手続きを行います。

 

○館内のバリアフリー概要

展示室は1Fと2Fで、一般来館者は階段で移動します。増築部分にエレベーターが設置されているので、車椅子利用者はスタッフの案内に従い、エレベーターを利用して下さい。

大田区立勝海舟記念館 車椅子利用ガイド

階段以外は、車椅子で鑑賞できない決定的な段差がある展示箇所はありません。車椅子目線で見難い展示もほとんどありません。

1Fのミュージアムショップは、とても狭い売り場です。それでも空いてれば車椅子で利用可能です。

 

○1Fの見どころ

中央部にある「海舟ブレイン」は、様々な資料から海舟の残した言葉を、次から次に紹介するハイテク展示です。今回取材時、10分以上見学しましたが、同じ言葉は紹介されませんでした。全体のコンテンツ数は分かりませんが、相当な数の言葉が紹介されています。

「時の部屋」は小さな空間ですが、車椅子で利用できます。「咸臨丸」の航海を紹介するCGが壁面も利用して上映されます。今回取材時のコンテンツは、上映時間9分で見応えがありました。

 

○2Fの見どころ

海舟の胸像がある「旧貴賓室」と、講義などが行われていたホールがあります。

大田区立勝海舟記念館 車椅子利用ガイド

ホールに設置された大型ビジョンで、海舟を紹介するビデオがリピート放映されていました。車椅子で問題なく鑑賞できます。

今回取材時は3本のコンテンツが紹介されていました。海舟の人生、江戸無血開城までのヒストリー、洗足池の四季が学べました。

大田区立勝海舟記念館 車椅子利用ガイド

コンパクトなミュージアムですが「大田区立勝海舟記念館」は、バリアフリー面での配慮がある、車椅子で利用できる施設です。

(本稿は2020年8月に執筆しました)