駅前美術館 川崎浮世絵ギャラリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

川崎浮世絵ギャラリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

川崎駅前に、2019年に誕生したアートスペースです。約4,000点のコレクションを、会期ごとに入れ替えながら企画展示します。ギャラリーはバリアフリーで、車椅子で鑑賞できます。現地の状況を紹介します。

川崎浮世絵ギャラリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○アクセス方法

「川崎駅前タワーリバーク」ビルの3Fにある、「アートガーデンかわさき」内にあるギャラリーです。

川崎浮世絵ギャラリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

来館者用の駐車場はありません。車の場合は周辺の有料駐車場の利用になります。

駅からの車椅子でのアクセスには大きな問題はありません。看板があるので初めてでも迷うことはないはずです。

川崎浮世絵ギャラリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

ビルのエントランスは開放的な構造で、1F左側にある低層階行きエレベーターで3Fへ上がります。

川崎浮世絵ギャラリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○障害者減免制度あり

川崎浮世絵ギャラリーの観覧料は障害者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。インフォメーションカウンターで障害者手帳を提示して、無料鑑賞券を発行していただきます。

川崎浮世絵ギャラリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○廊下には浮世絵が掲示

エントランスから右方向に廊下を進みます。廊下の壁面には数枚、拡大された浮世絵が飾られています。

川崎浮世絵ギャラリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

廊下の途中に障害者用トイレが1つあります。綺麗なトイレでスペースは一般的なサイズです。ユニバーサルベッドはありません。

川崎浮世絵ギャラリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

廊下に備わる冷水器は、車椅子で利用できるバリアフリー仕様です。

川崎浮世絵ギャラリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○ギャラリーはコンパクトサイズ

「川崎浮世絵ギャラリー ~斎藤文夫コレクション~」は、1室でコンパクトなギャラリーです。壁面展示を中心に、50点から70点ほどの作品が展示されます。今回取材した展示会では、ケース内展示も含めて、すべての作品を車椅子から鑑賞できました。

小型ギャラリーですが、1点1点の作品をしっかり鑑賞すると、それなりの時間が必要です。

川崎浮世絵ギャラリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

駅前立地でバリアフリー仕様、そして障害者減免制度があります。川崎浮世絵ギャラリーは、車椅子で利用できる小さな美術館です。

(本稿は2020年8月に執筆しました)