車椅子で行く高野山~奥之院バリアフリー情報

今なお大師様がいらっしゃる高野山「奥ノ院」は、車椅子でお参りが出来るのか。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○弘法大師御廟は完全バリアフリー

聖地である弘法大師御廟は、バリアフリー改修済みです。御廟橋から先は撮影禁止のため、バリアフリー状況の説明が文章だけになることをご承知おきください。

ただし奥之院すべてがバリアフリーなのではありません。駐車場から御廟までのバリアフリー状況は、以下の通りです。

 

○「中の橋駐車場」のバリアフリー状況

奥ノ院に近い「中の橋駐車場」は、屋外平置きスペースと、2フロア構造の自走駐車場があります。障害者用駐車スペースは最も奥ノ院に近い、屋外平置きスペースに用意されています。

この障害者用駐車スペースが満車の場合は、その時点で車椅子が最も利用しやすい駐車区画へ、駐車場スタッフが誘導していただけます。駐車場に着いたら、車椅子利用の旨を申告してください。

 

○障害者用トイレは4か所あり

「中の橋駐車場」には、独立一戸建て公衆トイレと、駐車場棟1Fの2か所にトイレがあります。奥ノ院周辺で一番お薦めの障害者用トイレは、この駐車場棟1Fのトイレです。とても綺麗でウォシュレット付き。駐車場棟内の奥にあります。

奥ノ院の休憩所付近2か所のトイレにも障害者用があります。こちらも実用に耐えるトイレです。

 

○参道は石畳みでガタゴトします

中の橋駐車場から参道へ進みます。周りにお墓や記念碑が立ち並ぶ参道は、箇所にもよりますが、石畳で多少ゴツゴツやデコボコがあり、車椅子に小さな衝撃が連続します。これが苦手な方にはお薦めできない奥ノ院です。その程度なら我慢ができる車椅子利用者は、参拝に挑戦してください。

奥之院バリアフリー情報

○参道以外は車椅子不可

小さな衝撃に耐えながら、車椅子で参道を通り御廟へ向かいます。ただしメインの参道以外は車椅子では通行できない段差構造です。豊臣家の墓、織田信長の墓などは、参道横の段差の上です。

また一の橋方面への参道は段差だらけです。中の橋から御廟の間だけが、車椅子でも何とかなる参道です。

奥之院バリアフリー情報

○御廟のスロープ対応は凄い

聖域弘法大師御廟へ入ります。車椅子では御廟橋の手前から迂回ルートへ廻ります。車椅子ルートの案内掲示はしっかり出ているので、迷うことはありません。

一部ややキツイ傾斜の箇所もありますが、段差だらけの御廟の全てをバリアフリールートが網羅しています。徹底したスロープ対応。段差で困る箇所は全くありません。

 

○私語禁止、までは厳しくはない

御廟橋から先は私語禁止、といわれることも多い御廟ですが、そこまで厳しい雰囲気ではありません。普通に静かに会話をする程度なら問題ありません。

知的、あるいはコミュニケーション上の障がいのある方でも、大きな奇声や、派手に走り回る行為が無ければ、参拝できます。

 

御廟のバリアフリー改修は感動的です。参道のデコボコが我慢できる方は、車椅子で奥ノ院へご参拝ください。