車椅子で行く高野山~壇上伽藍バリアフリー情報

高野山~壇上伽藍バリアフリー情報

高野山の中心「金堂」や「根本大塔」などある「壇上伽藍」は、車椅子での参拝が大変です。それでも頑張れば何とかなります。車椅子から見た現地の状況を、詳しく紹介します。

 

○壇上伽藍は階段の上

「壇上伽藍」は地形として小高い場所で、複数の階段アクセスルートがあります。大師教会方面からの東側ルートと大塔北側からのルートは、どちらも決定的な段差があり車椅子での通行はできません。

車椅子で目指すのは正面「中門」脇からの南側ルートです。

高野山~壇上伽藍バリアフリー情報

○中門前駐車場は狭い

南側ルートを目指して車でアクセスした場合、「中門前駐車場」が一番近い公営無料駐車場です。しかし、ここはとても狭く収容は10台程度。満車確率が高い駐車場です。

「金剛峰寺駐車場」からの歩道は、一部を除いてバリアフリーに整備されています。金剛峰寺方面から車椅子でアクセスしても、距離はありますが、元気な方ならそれほど苦労はありません。

高野山~壇上伽藍バリアフリー情報

○中門越えが難所

「中門」脇から「金堂」方面を目指します。決定的な段差はありませんが、未舗装の急斜面路、カーペットなしの砂利面など、車椅子ではかなり厳しいバリア箇所があります。帰り道もここです。屈強な介助者とともに、車椅子で「壇上伽藍」を目指すことをお薦めします。

高野山~壇上伽藍バリアフリー情報

○途切れ途切れなバリアフリー通路

「壇上伽藍」は全域が未舗装で、ほとんどが砂利路面。フラットなエリアの中にも、随所に車椅子で苦戦するバリアポイントがあります。

車椅子のために砂利上に堅牢なカーペットが敷かれ、一部には木製歩道が用意されています。このバリアフリー通路の配置は途切れ途切れ。その上だけの通行では「壇上伽藍」を廻れません。ところどころ砂利路面を乗り越えて参拝する必要があります。

高野山~壇上伽藍バリアフリー情報

○金堂、大塔の内部見学は不可

可能な限り砂利面に敷かれたカーペットの上を車椅子で移動して、「金堂」「根本大塔」などを見学してください。

「金堂」「大塔」は有料で内部参拝可能。拝観料の障害者減免はありません。ただしどちらも入口が階段で、車椅子での内部参拝は出来ません。

 

○「登天の松」周辺も砂利路面

大塔の西側に一本の松の木「登天の松」があります。大勢の参拝客が、地面に落ちている松の葉を探しています。この松の木は葉の先が3つに分かれる珍しい木。3つに分かれている松の落葉を皆さん探しています。

「登天の松」の周辺も砂利路面です。車椅子での松の葉探しは、やや苦戦します。

高野山~壇上伽藍バリアフリー情報

「奥の院」「金剛峰寺」は車椅子で行くことができます。高野山3大名所の中で、もっとも車椅子で苦戦するのは「壇上伽藍」です。急坂と砂利路面を覚悟して出向く必要があります。