車椅子で行く南紀串本 橋抗岩バリアフリー情報

南紀串本 橋抗岩バリアフリー情報

約40本の岩柱が850mも続く名勝「橋抗岩」は、ビュースポットに道の駅が整備されて、車椅子で快適に鑑賞することができます。「高池の虫喰岩」も、同様に道の駅が整備されています。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○道の駅くしもと橋抗岩のバリアフリー状況

「道の駅くしもと橋抗岩」は、橋抗岩を眺めるベストポジションにあります。車の収容台数50台超。障害者用駐車区画は2台分。トイレは独立一戸建て方式で障害者用を併設。造りは古いトイレですが、設備は更新されて綺麗で、ウォシュレット付きトイレです。駐車場からでも、施設の海沿いからでも、橋抗岩をバリアフリーに鑑賞することができます。

南紀串本  橋抗岩バリアフリー情報

○充実した物産コーナーあり

商業施設としては小型な道の駅です。トイレ棟の他に、ソフトクリームなどを販売するテイクアウト系飲食店と観光情報コーナー、そしてショップがあります。ショップの規模は中規模クラス。串本の名産名品が並びます。通路幅にはそれほど余裕はありませんが、極端な混雑がなければ、一般的な車椅子での利用は可能です。

南紀串本  橋抗岩バリアフリー情報

○引き潮時は海に行ける

干潮の時間帯は、道の駅の外側、海に出て橋杭岩に近づくことができます。しかし道の駅施設から海に出るルートは階段なので、車椅子では海には行けません。

南紀串本  橋抗岩バリアフリー情報

○弘法大師が建てた橋の杭

橋抗岩は、本州最南端の町串本町の紀伊大島に向かい、橋の杭のような奇岩が並ぶ名勝です。岩の数は約40本。その距離約850m。弘法大師が一夜にして建てた橋の杭、という伝説がある国指定天然記念物です。

南紀串本  橋抗岩バリアフリー情報

○1500万年前のマグマが浸食

現地には橋抗岩の科学的な解説板があります。要約すると、約1500万年前におこった大規模なカルデラ噴火により噴出したマグマが、波の浸食で堅い部分だけが残ったとのこと。見事な自然の造作です。

紀伊半島にはこのほかにも、巨岩奇岩が数多くあります。

南紀串本  橋抗岩バリアフリー情報

○天然記念物の奇岩「高池の虫喰岩」

その中で、橋抗岩と同様に道の駅が整備され、車椅子で快適に観光できる奇岩を紹介します。

国の天然記念物指定、虫に喰われたような巨大な奇岩、古座川町の「高池の虫喰岩」。全高が約60m、幅が100mほど。この巨大な岩も、1500万年ほど前に噴出したマグマ。それが風化により表面に穴があいた自然が生んだ奇岩の奇観です。

南紀串本  橋抗岩バリアフリー情報

○道の駅虫喰岩のバリアフリー状況

道の駅は「高池の虫喰岩」の道を隔てた正面にあります。道の駅の駐車場から虫喰岩をたっぷり観ることができますし、道を渡って虫喰岩に更に近づくこともできます。

南紀串本  橋抗岩バリアフリー情報

道の駅認定を受けているので、24時間利用できるトイレが有り、障害者用が併設されています。物販コーナーは平日休業。原則土日祝だけの営業です。

南紀串本  橋抗岩バリアフリー情報

南紀エリアは、太古の自然活動が生んだ奇岩の景観を車椅子で楽しめます。その中でも「橋杭岩」と「虫喰岩」は、道の駅が整備されて、車椅子で快適に観光できます。