車椅子で行く南紀白浜バリアフリー情報

車椅子で行く南紀白浜バリアフリー情報

温泉と風光明媚な景観、温暖な気候。日本を代表するリゾート地、南紀白浜。人気の「景勝地」や「とれとれ市場」を中心に、車椅子から見た現地現場のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

○観光は車に限る

白くまぶしく輝く白良浜。三段壁に千畳敷。海に浮かぶ名勝円月島。南紀白浜の景勝地を車椅子で巡るなら、移動手段は車に限ります。

三段壁から円月島方面までは、歩けないほどの距離があります。また高低差がかなりあり、車椅子ではアップダウンが苦しい。そして歩道の整備が進んでいないため、車椅子で路側を通ると、場所によっては車の通過に怖い思いをします。車椅子利用者は、車に乗っての移動をお薦めします。

車椅子で行く南紀白浜バリアフリー情報

○白良浜は道から観る

輝くような白い砂浜「白良浜」。といっても砂浜ですから、車椅子で突っ込むとすぐにスタックします。浜のすぐ脇を道が通ります。車に乗りながら白良浜を眺める。これが一番無難な楽しみ方です。

○三段壁洞窟は車椅子可

名勝三段壁。近くに無料駐車場があります。駐車場から三段壁へのアクセスルートは、快適なバリアフリー路ではありません。

有料施設「三段壁洞窟」は車椅子での利用は可。入場料の障害者減免があります。三段壁の上部から三段壁下部の洞窟へ、エレベーターで移動します。もちろん自然の洞窟ですから、それなりのデコボコは有りますが、段差箇所はスロープがあります。

※2018年9月に台風21号の影響で三段壁の一部が崩落しましたが、「三段壁洞窟」は営業しています。

車椅子で行く南紀白浜バリアフリー情報

○千畳敷は駐車場から眺める

千畳敷には隣接した広い無料駐車場があります。ここに車を停めて、そのまま駐車場から見える限りを鑑賞するのがお薦めです。千畳敷に車椅子で降り立つのは、デコボコで難しいと思います。

車椅子で行く南紀白浜バリアフリー情報

○円月島はサンセットに観たい

南紀白浜を代表する景勝「円月島」。中央部が浸食されて円い穴があいている島です。夕陽に浮かぶ円月島は素晴らしい景観です。

夕陽を見るのにちょうど良いポジションに、道路脇に車を停められるスペースがあります。ここに車を停めて車窓から、あるいは車外に出て、夕陽に照らされる円月島を眺めるのがお薦めです。

車椅子で行く南紀白浜バリアフリー情報

○「とれとれ市場南紀白浜」はバリアフリー

漁協が運営する海鮮マーケット「とれとれ市場南紀白浜」は、車椅子でとても利用しやすい施設です。

正面は手動ドアですが、横にまわるとすぐに自動ドアがあります。フロア内は段差がありますが、迂回スロープを施設両端に設置。なにより通路幅が広く、車椅子での店内回遊が快適な施設です。

障害者用トイレはドラッグストアの先。正面入口からもっとも遠い、施設の奥にあります。

車椅子で行く南紀白浜バリアフリー情報

○和歌山の全てがある「とれとれ市場」

マーケットの品揃えは圧巻。鮮魚,海鮮加工食品、お菓子、お酒、梅・・・。和歌山土産になりそうな商品は、全てあります。フラットで広く、車椅子でまわりやすい売り場です。

食事処も広くてスペースに余裕があります。メインダイニングは「とれとれ横丁」。テーブルと椅子が並んでいるだけですが、一般的な車椅子利用者なら問題なく食事ができます。海鮮バーベキューコーナーの席は、背もたれのない長椅子。少し動かして車椅子の場所を確保する必要がありますが、大きな問題はありません。

車椅子で行く南紀白浜バリアフリー情報

歴史あるリゾート地なので、必ずしも全ての景勝地、観光施設がバリアフリーではありません。車椅子での南紀白浜観光は、計画的に行動する必要があります。