車椅子で行く熊野古道~那智の滝バリアフリー情報

那智の滝バリアフリー情報

名瀑「那智の滝」は、飛瀧神社の階段を通り滝壺拝所へ向かうのが通常の参拝ルートです。このルートは車椅子では通行不能ですが、その横に車椅子用通路が用意されています。「那智の滝」へのバリアフリールートについて、詳しく紹介します。

 

○関係者専用駐車場へ向かう

アクセスは車が便利です。車椅子用通路の起点は、飛瀧神社の関係者専用駐車場です。車椅子利用者は関係者専用駐車場の利用が認められます。

場所は飛瀧神社の鳥居の横。46号線の上り坂、急カーブの箇所です。付近には那智の滝観光用の有料駐車場が幾つか在ります。

関係者専用駐車場の入口にはパイロンが置かれています。スタッフがいない場合は、自分でパイロンを動かす必要があるので、健常な同行者がいると助かります。

 

○インターフォンでスタッフを呼ぶ

関係者専用駐車場に車を停めます。駐車場の奥に柵があり、その先が車椅子用通路です。柵の横にインターフォンがあるので、車椅子利用の旨と人数を申告してください。インターフォンの連絡先は、飛瀧神社の社務所です。そこからスタッフが来ていただけます。したがってスタッフの到着まで数分は待ちます。

那智の滝バリアフリー情報

 

○志納料は300円

滝壺拝所へ行くのに志納料1人300円を納めます。志納料に障害者減免はありません。スタッフが到着すると柵を開けていただけます。そしてここで志納料を支払います。支払いは現金のみなので、小銭を用意しておくと便利です。志納料を支払うとその場で「延命御守」がいただけます。

 

○快適なバリアフリールートではない

スタッフから「車椅子の介助はできないことになっています」という説明がありました。滝壺拝所までそれなりのアップダウンがあるルートで100m強。舗装路ですが路面は荒れています。腕力のある人なら自力でも行けるかもしれませんが、一般的な人なら屈強な介助者が必要です。

 

○那智の滝へはスタッフと同行

帰るときに出入口の柵の開閉を行うので、今回訪問時は、スタッフがずっと同行していただけました。写真を撮りましょう、とカメラマンにもなっていただけました。このあたりの運用はケーズバイケースだと思います。

 

○参拝は上段から

滝壺拝所は2段あり、車椅子用通路からは上段に到着します。下段へは階段なので車椅子では降りることはできません。

那智の滝バリアフリー情報

 

○車椅子で名瀑を拝む

那智の滝は飛瀧神社の御神体です。作法を守り、参拝しましょう。

熊野三社である那智大社は、近くですが別社です。

 

○例祭は大混雑

神社スタッフのお話しでは、7月の例祭「那智の火祭り」は、前日から参拝者の場所取りが始まるということです。この日にお出かけの場合は、状況が全く違うことを想定してください。

 

車椅子で行くことができる滝は希少です。しかもこの名瀑にこれほど車椅子で近付けるとは驚きです。快適なバリアフリールートではありませんが、志納料を納めて車椅子で参拝に挑戦する価値はあります。