車椅子で行く熊野古道~中辺路バリアフリー情報

熊野古道~中辺路バリアフリー情報

熊野古道は未舗装の段差路ですから、基本的に車椅子での通行は出来ません。しかしながら中辺路の起点「滝尻王子」の近くには、観光情報施設があります。車椅子で熊野古道、中辺路へ行くとどうなのか。「滝尻王子」周辺のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○無料の観光駐車場へ

熊野古道、中辺路の起点「滝尻王子」の近くには、無料の観光駐車場があります。目立つ駐車場案内がなく、パッと見えないのでご注意ください。

駐車場は舗装されていて、障害者用トイレが併設されている公衆トイレがあります。ウォシュレット付きのトイレで、見た目よりも綺麗で実用に耐えます

 

○入口広場までは舗装路スロープあり

「滝尻王子」への入口には広場があります。道から入口広場までは舗装路スロープがあります。しかし広場に下りると、深い砂利路面で車椅子はスタックして動けません。

広場には、元は売店だった施設が、現在は休憩所となっています。休憩所まで車椅子で数メートル移動するだけでも、かなりの力が必要です。

休憩所内には、皇太子ご夫妻がいらっしゃった際の写真が飾られていました。

 

○中辺路起点へは更に段差

深い砂利路面の入口広場を、何らかの方法でクリアしたとします。その先に段差があり滝尻王子があります。更に滝尻王子の左側先、ゴツゴツのオフロードといくつかの段差を進むと、熊野古道中辺路の起点が見えます。ここまで来ると、観光ガイドなどに載っている、あの熊野古道の光景が見えます。

熊野古道~中辺路バリアフリー情報

○介助歩行が可能なら

中辺路起点へ、車椅子のままでの移動は無理です。もし行くなら数人で車椅子を担ぎ上げるしかありません。

介助歩行が可能な方なら、距離はあまりないので、障がいの状況によっては、中辺路起点が見える地点までたどり着けるかもしれません。いずれにせよ、かなりの無理をするので、現地での冷静な判断が必要です。

 

○「熊野古道館」はバリアフリー

「熊野古道館」は「滝尻王子」の近くにある観光情報施設です。入館無料。熊野古道に関わる歴史資料館兼ウォーキングガイドという施設です。

 

○滝尻王子は道の反対側

「熊野古道館」は中辺路の12の王子社にちなんだ、12角形の屋根をもつ川沿いに建つ施設です。「滝尻王子」への入口の道の反対側にあります。専用駐車場はありません。前出の無料観光駐車場を利用します。

 

○熊野古道館のスタッフは元気

「熊野古道館」へは、道路から歩行者専用路を通り向かいます。通路、そして館内はフラットでバリアフリー。車椅子での利用に大きな問題はありません。

今回訪問時、車椅子で入館すると「こんにちわ」と元気なお出迎え。ここは障がいのある人のための施設です、という主旨の説明を受けました。

熊野古道~中辺路バリアフリー情報

○熊野古道、中辺路を学ぶ

「熊野古道館」は、歴史資料の展示、ビデオ語り部、観光情報、グッズ販売、簡単な喫茶もやっています。観光情報でよく見かける「平安衣装」の貸し出しも行っています。

車椅子でバリアフリーに、熊野古道、中辺路とふれあえる施設です。

熊野古道~中辺路バリアフリー情報

○トイレは独立棟

「熊野古道館」には、隣接地に独立一戸建て公衆トイレがあり、障害者用が併設されています。このトイレもウォシュレット付きです。

 

実際の熊野古道を車椅子で散策することは困難です。車椅子での中辺路観光は、バリアフリーな観光情報施設「熊野古道館」の利用をお薦めします。