道の駅龍神 車椅子で行く和歌山 バリアフリー情報

和歌山県竜神村の「道の駅龍神」は、清流日高川を見下ろすテラス席がある道の駅で、龍神温泉から少し離れた山中、高野龍神スカイラインの起点にある道の駅です。

現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2018年6月の取材に基づいています。

○建物自体が観る価値あり

周囲には商業施設は何もありません。大自然の真ん中に建つ施設。愛称は「ウッディプラザ木族館」。その名の通り地元の木材を使い、龍をイメージしてデザインされた建物です。

圧巻なのは玄関にある樹齢350年の巨木。他にも大径木を柱に多用。建物自体が木の魅力にあふれています。

○障害者用駐車区画は入口前

スカイラインの道脇に建つ施設です。一般駐車場は建物の横のスペース。障害者用駐車スペースは、建物の入口前、道路脇にあります。

車の後部から車椅子で乗降する場合、乗降箇所が車道にはみ出るほどのスペース。空いていれば一般駐車区画で乗降したほうが安全です。

施設入口は段差で迂回スロープあり。やや狭くて傾斜があるスロープですが、一般的な車椅子での入館に大きな問題はありません。

○インドア障害者用トイレ有り

道の駅認定を受けているので独立棟の公衆トイレがあり、障害者用が併設されています。

施設内にもトイレがあり、ここにも障害者用が用意されます。施設自体は経年劣化がありますが、インドアトイレの設備は更新されて綺麗なウォシュレット付きの便器です。

道の駅龍神

○テラス席が絶景

道の駅としては一般的なサービス構成。物販コーナーに観光情報コーナー、そして食事処があります。

ここは清流日高川沿い。食事処にはテラス席があり、川を見下す絶景を楽しめます。

特別なバリアフリー面での配慮があるわけではありませんが、車椅子でも何とか利用できるテラス席です。季節の良い好天の日であれば、テラス席から絶景を楽しめます。

道の駅龍神

○吊橋は段差構造

道の駅龍神のすぐ横に、魅力的な吊橋があります。吊橋の上から眺める清流日高川は格別です。残念ながら道から吊橋に向かう箇所が段差があり、車椅子では吊橋には行けません。

龍と木がテーマの道の駅。秘境感溢れる絶景が魅力です。駐車区画を慎重に選ぶのが、車椅子利用のポイントです。

身体障がい者にやさしい 高野山の駐車場とトイレ事情

世界各国からの観光客が訪れる高野山。信仰の山ですが、観光地としての整備が進んでいます。

車椅子で行く高野山。高野町の取り組みにより、親切なスタッフがいる無料駐車場と綺麗な公衆トイレがある、身体障がいのある人にやさしい観光地です。現地の状況を紹介します。

なお本稿は2018年6月の取材に基づいています。

高野山の駐車場とトイレ事情

○観光ポイントに無料駐車場を整備

高野山へのアクセスは車が便利です。高野町が観光ポイントに無料駐車場を整備。混雑時に開放する臨時駐車場もあります。

そして駐車場に誘導スタッフを配置して、円滑な運用を実現しています。誘導スタッフに車椅子利用の旨を申告相談すると、その時点での最適な方法で誘導していただけます。

高野山の駐車場とトイレ事情

○奥の院へは中の橋駐車場へ

奥の院に近いのは中の橋駐車場。広くて整備された駐車場です。

入口にスタッフがいるので、車椅子利用を申告相談してください。障害者用駐車区画は奥の院参道にもっとも近い場所に確保されています。そこが満車の場合、その時点での最適な場所に誘導していただけます。

中の橋駐車場のトイレは綺麗です。特に2フロア構造の立体自走駐車場1Fの障害者用トイレは綺麗なトイレです。

高野山の駐車場とトイレ事情

○金剛峰寺や壇上伽藍へは金剛峰寺前駐車場へ

スタッフが常駐する高野山第二のパーキングは金剛峰寺前駐車場です。金剛峰寺や壇上伽藍方面へは、この駐車場を利用します。

ここでも車椅子利用を相談してください。満車の場合でも、その時点での最適な手段を教えていただけます。

金剛峰寺第二駐車場には、障害者用トイレしかない公衆トイレがあります。このトイレも綺麗な公衆トイレです。

高野山の駐車場とトイレ事情○中央案内所横のトイレは綺麗

もう一つのお薦めトイレは、宿坊協会中央案内所横の公衆トイレ。このトイレも設備がよくとても綺麗です。

お土産店や飲食店が多いエリアなので、ショップ散策の際のトイレ利用にお薦めします。

○トイレには故障や汚れの連絡先が掲示

高野町が管理している公衆トイレには「故障や汚れがあればここに連絡してください」と、町役場の電話番号が掲示されています。

もちろん完璧なバリアフリー環境ではありませんが、高野山は基本的な観光インフラが整備され、親切な観光案内スタッフがいます。困ったらなんでも相談する気持ちで、車椅子で高野山へお出かけください。

和歌山県車椅子観光情報 棚田あらぎ島 バリアフリーガイド

車椅子での和歌山観光でお薦めしたい観光スポット、和歌山県有田川町の「棚田あらぎ島」のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年6月の取材に基づいています。

「棚田あらぎ島」は、国の重要文化的景観指定日本の棚田百選。そして展望台に障害者用駐車スペースがあります。

○車椅子で展望台から棚田をみる

独特の景観が美しい棚田、あらぎ島。展望台からその全景を楽しみます。

小さな展望台ですが、車椅子で利用できるフラット設計。ベンチがあるので健常の人も、しばし座って棚田の風景を鑑賞できます。

展望台にはトイレや売店などはなにもありません。ただ展望スペースがあるだけです。

棚田あらぎ島

○3通りのアクセスルート

アクセスは車が便利。展望台の横に、無料の障害者用駐車スペースが1台分だけ用意されています。車椅子利用者は、ここを目指すことお薦めします。

障害者用駐車スペースに先客がいた場合、展望台から50mほどの場所に、無料駐車場があります。路面は未舗装ですが、スペースは10台以上収容できるので、イルミネーションなどイベント開催時以外は、ここが満車になることはおそらくないはず。駐車場から展望台までは、それほどきつい傾斜路ではありません。

展望台は小高い丘の上。丘の下の道路沿いに「道の駅あらぎの里」があります。トイレや飲食はこの道の駅を利用してください。

道の駅に車を停めた場合、展望台までは700mほど。だらだらとした上り坂を進みます。元気な人なら車椅子で行くことも十分可能です。

展望台に直行するなら1台分の障害者用駐車スペース狙い。もし先客がいたら丘の上の未舗装駐車場利用。周辺散策を楽しみたい元気な人は、道の駅から。このようなアクセスルートがあります。

棚田あらぎ島

○江戸初期に誕生した棚田

あらぎ島には現在大小54枚の水田があり、総面積は2.4ha。6軒の農家が耕作しているということです。

開墾されたのは江戸初期の明暦元年、という記録が残っています。およそ360年の歴史がある棚田です。

 

○有田川の河岸段丘

まるで島のように突き出した独特の景観。舌状あるいは扇状とよばれる地形は、有田川の蛇行により形成された河岸段丘です。見えているカーブに沿って、川が流れています。

棚田あらぎ島

○国道の整備はまだまだ

「あらぎ島」に行くには、国道480号線を利用します。徐々に整備が進んでいますが、まだまだ狭くて苦労する箇所がある国道です。特に東側からアクセスすると、その傾向が強い。運転に慣れていない人は覚悟をしてください。

独特の景観です。写真よりも現地は美しい。国の重要文化的景観指定、日本の棚田百選の「あらぎ島」は車椅子で楽しめます。